ビビット2020-2014

Vivit 2020-2019-2018-2017-2015-2014

MFLP船橋

■南船橋地区にスケートリンク復活

かつて,南船橋地区に温泉を主とした総合レジャー施設があった。それが,船橋ヘルスセンターだ。首都圏には,箱根や熱海,草津などの有名温泉地が多数あるが,日帰りできる手軽な温泉地として,戦後間もない1955年(昭和30年)11月3日に誕生した。
▼1965年(昭和40年)ごろの船橋ヘルスセンター
1965年_昭和40年ころ_船橋市_船橋ヘルスセンター_遊園地_DSC08512W

船橋ヘルスセンターは,天然ガス(炭化水素ガス)の掘削時に,ガスとともに出てきた温泉を活用した。約1000mからくみ上げた温泉は,29℃だった(現在の温泉の定義では,温度が25度以上ないといけない)。「日本一大きい,日本一面白い,日本一安い,温泉と海と娯楽の大デパート」をテーマに,温泉施設のみならず遊園地も併設されていた。
▼1973年(昭和48年)ごろの船橋ヘルスセンター
1973年_昭和48年_ヘルスセンター_全景_020W
現在の健康ランドやスーパー銭湯に近いが,それをはるかに超える規模の施設だった。1966年開業の常磐ハワイアンセンター(現,スパリゾートハワイアンズ)は,この船橋ヘルスセンターを参考にしたといわれる。
▼1974年(昭和44年)ごろの船橋ヘルスセンター
1974年_昭和44年_船橋市_船橋ヘルスセンター_112W
船橋ヘルスセンターは,朝日土地興業の丹沢善利が開発運営した。丹沢は山梨県(甲州)出身実業家で,日蘭貿易会社を設立し,鉄くずの南洋貿易で成功した。千葉日報社長も務めたことがあるが,のちに朝日土地興業三井不動産に吸収合併される。
船橋ヘルスセンター内の遊覧飛行用のセスナ機。
20050329_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1702_DSC07614W
船橋ヘルスセンター内には,遊覧飛行用の滑走路(船橋飛行場)もあった。滑走路は,現在の「イケア船橋」とマンションの「ワンダーベイシティサザン」,「グランドホライゾン・トーキョーベイ」の場所となる。
20070218_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1716_DSC09305W
その後滑走路は,1965年7月1日に開設された船橋サーキット場となる。多摩川スピードウェイ,鈴鹿サーキットにつぐ3番目のサーキット場だったが,わずか2年で閉鎖に追い込まれる。その跡地の一部に船橋競馬場から船橋オートレースが移転し,専用のオートレース場となる。
▼1974年(昭和44年)ごろの船橋ヘルスセンター
1974年_昭和44年_船橋市_船橋ヘルスセンター_122W
船橋ヘルスセンターには,温泉施設以外にも,劇場やボウリング場,人工ビーチ,ローラースケート場,そしてアイススケート場もあった。
▼船橋ヘルスセンターアイススケート場
20070218_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1716_DSC09308W
船橋オートレースの北側には,人工ビーチのゴールデン・ビーチがあった。当初は東京湾に接続する海水浴場だったが,王子製紙(現,王子マテリア)江戸川工場などからの排水によって水質が悪化し,海水浴場から閉鎖型プールに変更せざるを得ないことになる。千葉県の許可なく工事をしたことから問題となり,土地交換という方法で正式に朝日土地興業の土地にした経緯がある。
▼1965年(昭和40年)ごろの船橋サーキットゴールデン・ビーチ
1965年_昭和40年7月~昭和42年7月船橋サーキット_DSC07582W
だが,1960年後半になると,地盤沈下が深刻化する。場所によっては120cm も沈下していた。そして,1971年(昭和46年)9月29日船橋市から「地盤沈下非常事態宣言」が発令されて地下水のくみ上げができなくなってしまう。船橋ヘルスセンターは,天然温泉の名が使えなくなってしまった。また,クルマの普及によりレジャーが多様化し,来場者数が減少。ついに,1977年5月5日で21年半の歴史に幕を閉じた。
▼船橋ショッピングセンター(現,ららぽーとTOKYO-BAY)の全景。
1986年_ららぽーと3南_船橋そごう_DSC08611W
その船橋ヘルスセンター跡地にできたのが,日本初のショッピングモールの船橋ショッピングセンター(現,ららぽーとTOKYO-BAY)だ。船橋ショッピングセンターは,ハワイのショッピングセンター「‎アラモアナセンター」をモデルとした。
続きを読む

ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@ケンズテニスクラブららぽーとの解体編(39)

船橋市浜町2丁目の,三井ショッピングパークららぽーとTOKYO-BAYは,年間約 2500万人も来客がある巨大ショッピングセンターだ.
20050224_船橋市浜町2_ららぽーとテニス_0859_DSC0529620040804_船橋市浜町_ららぽーとテニスコート_DSC06696T
そのららぽーと南側には,第10駐車場(P10)とケンズテニスクラブららぽーとがあった. (第10駐車場は縮小して利用中)
20120525_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_0804_DSC0512620120525_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_0804_DSC05128
かつてこの場所には,総合レジャー施設船橋ヘルスセンターの巨大ゴールデンビーチ(1965年7月オープン)があった.
20140605_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0748_DSC0374420140606_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0736_DSC03788
船橋ヘルスセンター閉鎖後,ゴールデンビーチは埋め立てられ,千葉県最大級のテニスコート駐車場になる.
20140605_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0748_DSC0374620140605_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0749_DSC03750
だが,有料テニスコートのケンズテニスクラブららぽーとは,2013年3月31日で完全閉鎖していた. その業務を引き継ぐ形で,幕張国際研修センター内に,ケンズテニスパーク海浜幕張を,2013年6月1日にオープンさせている.
20140606_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0736_DSC0379020140608_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_1637_DSC04641
そして,ケンズテニスクラブららぽーと跡地には,三井不動産ロジスティクスパーク船橋(略称,MFLP船橋)ができる.
20140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC0481820140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0906_DSC04828
2013 年9月20日(金)には,東関東自動車道谷津船橋インターチェンジ(IC)も開通し,首都東京や神奈川県と接続する国道357 号にも近く流通地としては最適な場所となっている.
20140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC0482020140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC04821
ロジスティクスパーク船橋の敷地面積は 約6万m2 にもなる. 総床面積は発表されていないが,地上4階か5階建てになるものと思われる.
20140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC0482320140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC04824
ケンズテニスクラブららぽーとの解体が始まった...続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit

タグクラウド
ギャラリー
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」
  • ■「ふなばしアンデルセン公園」の大きな「平和を呼ぶ像」