2014年4月1日から消費税率が 5% から 8% に引き上げられることにともない,JR東日本や京成電鉄などの鉄道や路線バスなどが運賃改定を行った.
20140331_消費税増税_旅客運賃_料金改定_2345_DSC0168720140331_消費税増税_旅客運賃_料金改定_2345_DSC01688
消費税引き上げ相当分を運賃に転嫁させる. しかし,前回の 5% への増税のときと対応と異なる. ICカード利用時は1円単位,現金利用時は10円単位となる. つまり,同じ区間でも料金が異なる二重運賃となるのだ.
20140331_消費税増税_旅客運賃_料金改定_2345_DSC0169020140331_消費税増税_旅客運賃_料金改定_2345_DSC01689
たとえば,南船橋駅-(京葉線)-東京駅のICカード運賃は 464円,現金運賃が470円, 西船橋駅-(東京メトロ東西線)-中野駅のICカード運賃は 308円,現金運賃が310円となる. JR東日本の首都圏では,Suica(スイカ)などのICカードの利用比率が8割以上になっていることが背景にある. ICカードの普及率がまだ低いJR西日本や関西などの私鉄では,利用者の反発を招く恐れがあると二重運賃を採用せず10円単位の値上げに統一した.
20140327_消費税増税_旅客運賃_料金改定_1813_DSC0087520140327_消費税増税_旅客運賃_料金改定_1813_DSC00874
消費税は,「公平に転嫁する」が基本だ, だが,今回の鉄道運賃改定は本当に公平なのかという声もある...続きを読む