日本への訪日外客総数(インバンウンド総数)は,2015年(1月-12月)で 1974万人と年ねん増え続け,格安航空会社(LCC)の普及効果もあり,2016年の訪日外客総数は 2400万人(約21%増)を超える見込みだ. 政府は,東京オリンピックを開催する 2020年には 4000万人にまで増やす計画だ.
20160527_1200_大韓航空機_総2階建てエアバスA380_101220160527_1200_大韓航空機_総2階建てエアバスA380_1034
その訪日外人(2015年)の内訳を見ると,中国が 499万人, 韓国 400万人, 台湾 367人,香港 152万人, 欧州計 124万人, 北米計 131万人と,高い経済成長に支えられたアジア圏(約79%)からの訪日が,ほとんどとなっている. 「隣国韓国と日本との最近の関係は戦後最悪」と言われながらも,韓国からの訪日数は減っていない.
20160527_1200_大韓航空機_ボーイング747-400_13020160527_1200_大韓航空機_ボーイング747-400_0170
その訪日観光客のほとんどが,首都東京を訪れる. かつて,国際線は成田国際空港(千葉県成田市),国内線は羽田空港(東京都大田区)という棲み分けがなされてきたが,羽田空港の国際線化によって,羽田空港が東京の玄関口となっている.
20160527_1200_大韓航空機_B777_115220160527_1200_大韓航空機_B777_1160
全世界の空港ランキング(国際空港評議会調べ)では,1位は米国アトランタ国際空港≪ATL≫で単年度で1億人(1億0149万)を超える. 2位は中国の北京首都国際空港≪PEK≫で 8993万人. 3位はアラブ首長国連邦のドバイ国際空港≪ATL≫ 7801万人. 4位は米国のシカゴオヘア国際空港≪ORD≫ 7694万人. 5位は日本の羽田空港≪HND≫の 7531万人で,成田国際空港≪NRT≫は,旅客数ベスト20にも入っていない.
20160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_002020160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_0012
そのような羽田空港≪HND≫だが,2016年5月27日(金)に旅客機のエンジン部から出火する重大事故が発生した. 2016年5月26日(木)-27日(金)の日程で伊勢志摩サミット(G7主要国首脳会議)が三重県で開催されていたこともあり,「もしやテロなのか」といった憶測も流れた.
20160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_213220160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_3182
エンジン部から出火したのは,羽田空港≪HND≫発ソウル金浦国際空港(キンポ)≪GMP≫行きの大韓航空2708便で,第2ターミナルC滑走路(全長は3360m)から飛び立とうとして滑走していたボーイング777-300型機(HL7534)の左側第1エンジンから火と煙が出た. 飛行機は緊急停止をし.乗客301人,乗員17人の合計318人がシューター(滑り台)を使って緊急脱出をしたものだ.
20160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_315220160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_3144
この事故の影響で,羽田空港C滑走路を含め4本全ての滑走路の離着陸が一時的に封鎖され,多くの便に影響が出た. 羽田空港へ着陸予定だった飛行機は,上空で旋回して時間調整をした後,成田空港などへ行き先を変更することになる. 消防が消火にあたり,13:10 に消火活動を終えた.
20160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_344220160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_3382
乗客の話によると,離陸のために飛行機が滑走を始め,600mほど進んだところで「ボン」という破裂音とともにエンジンから火柱が噴き出した. 離陸中断(Reject Take-Off)し,さらにそこから 700mほど進んで停止をする. 滑走 600m 付近には,エンジン部品が散乱していた. あと10秒ほど遅ければ,離陸を停止することはできず(海に落ちてしまうため),飛び上がってから緊急着陸となるところだった. ボーイング777のエンジンは双発(2つ)だが,1基あたりの出力が大きいため,片側だけのエンジンだけでも離着陸は技術的には可能となっている. だが,高度が取れていない状態で,安全に着陸できたのかは未知数だ. ベテランのパイロットであっても難しい.
20160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_334220160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_3300
ジェットエンジンのエアインテーク(空気吸入口)に鳥が吸い込まれるバードストライク事故はよく発生する. しかし,その程度でエンジンの停止や爆発をすることはない. 今回の場合,エンジンの1段目の耐熱合金の「タービンブレード」というプロペラ状の部品には傷がなく,エンジン内部からも鳥などの死骸の痕跡は見つかっていない. 状況から推測して,高速で回転するターボ・ファン・エンジンの2段目か3段目のタービンブレードの一部が折れて飛び散り,エンジンを突き破って燃料パイプなどを損傷させて燃料モレをおこしたものと思われる.
20160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_333020160527_1240_羽田空港_C滑走路_大韓航空機_B777_出火_3422
実は,このボーイング777でタービンブレードが折れるという事故が過去に何度も起きていた...続きを読む