お盆は,先祖の霊をまつる行事だ. 全国的に,8月13日から8月16日までの4日間をお盆とするのが主流となっている. だが,東京や横浜など,一部地域では7月13日から4日間に行われる.
20150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1343_DSC0392020150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1343_DSC03922
明治時代に暦を国際標準化するために新暦(太陽暦/陽暦/グレゴリオ暦)に変更した.
 7月13日から4日間の7月盆(新暦重視).
 8月13日から4日間の月遅れの8月盆(お盆の時期重視).
 旧暦(太陰太陽暦)の7月15日ごろを中心におこなわれるが日程は年によって異なる旧暦のお盆(新暦無視).
---の3つのお盆が地域ごとにできてしまった.
20150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1351_DSC0103620150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1352_DSC01037
改暦は,西暦1872年12月9日(明治5年11月9日)に明治政府から一般民衆に告げられ,翌1月から実施された. だが,文化はすぐには変われない.
20150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1344_DSC0392320150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1344_DSC03925
新暦に変更し,いったんは新暦の7月15日に前倒しをしたものの,雨季には天気が安定しない,農作業が忙しいなどの理由で,従来のお盆の時期だった 8月15日(中元節の日)に戻した地域も多い. これを,カレンダーから1ヶ月遅らせることから月遅れのお盆という.
20150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1913_C000201020150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1920_C0003020
しかし,明治政府のおひざ元になる東京や横浜などは,政府が決めた新暦にしたがおうという意識が高く(しかたがなく),カレンダーの日付通り1カ月前倒しすることになる. 都市部は,農業との関係が薄かったという地域性もあったのだろう.
20150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1931_C000606020150814_船橋大神宮_宮本時自治会_盆踊り_1931_C0006010
この盆踊りが.船橋大神宮境内で,盆踊り大会が2013年8月14日(水)-8月16日(金)の日程でおこなわれた. 毎年,宮本時自治会が主催している. 初日の8月14日(金)にも盆踊り大会がおこなわれたが,大変な状況となってしまう...続きを読む