マリアナ諸島付近で発生した台風26号(ウィパー)は,2013年10月15日(火)夜から10月16日(水)にかけて日本列島を襲った. 東日本の各地で浸水や強風,土砂災害などの被害が発生した.
20131117_船橋市海老川_堤防_崩れ_台風第26号_1057_DSC0958120131117_船橋市海老川_堤防_崩れ_台風第26号_1058_DSC09588
千葉県茂原市では一宮川が氾濫し,床上浸水が542棟,床下浸水が620棟にもなった. その後,茂原市には災害救助法が適用された. 千葉県内で,台風のために災害救助法が適用されたのは17年ぶりだった.
20131117_船橋市海老川_堤防_崩れ_台風第26号_1057_DSC0958220131117_船橋市海老川_堤防_崩れ_台風第26号_1058_DSC09590
千葉県の最大瞬間風速は銚子市で,10月16日(水) 08:19 に毎秒 46.1m を記録した.
20131103_船橋市海老川_堤防_崩れ_台風第26号_1501_DSC0753420131103_船橋市海老川_堤防_崩れ_台風第26号_1501_DSC07536
船橋市の1時間あたりの最大値降雨量は,2013年10月16日(水) 05:54 に 58.5mm を記録した. 船橋市も,この台風第26号により,道路冠水が166件,崖崩れが3件,床上床下浸水が約 250棟にもなった. 主な被害地域としては,湊町,日の出,本中山,芝山,習志野台,西習志野,坪井,二和,金杉,上山町,藤原など,広範囲で床上床下浸水などの被害が出た.
20131103_船橋市海老川_堤防_崩れ_台風第26号_1503_DSC0755620131103_船橋市海老川_堤防_崩れ_台風第26号_1503_DSC07554
船橋市の海老川の堤防は,2年に1度程度の毎時 30mm の雨に対応できるよう設計されていたが,58.5mm の豪雨に耐え切れず,西側の岸(右岸)の平張りコンクリートブロックが,約 40m に渡り崩れてしまった. 海老川の激流により,川底がすくわれたためではないかと思われる...続きを読む