日本のコンビニエンス(コンビニ)は 5万5699店(2015年)を超え,人口10万人あたり店舗数は43.82店. 人口10万人あたりの店舗数が最も多いのは北海道で 53.46店(総数 2878店). ついで,東京都の 53.15店(総数 7182店). そして,千葉県は21位で 42.61店(総数 2652店)となっている. 最下位は,奈良県の 32.23店(総数 440店)となっている.
20160717_1403_習志野市津田沼6_セブンイレブン津田沼店_12020160717_1403_習志野市津田沼6_セブンイレブン津田沼店_110
各コンビニチェーン出店には地域差があるものの,全国で最もシェアが高いのはセブンイレブンで 1万8650店(前年比 6.6%増),ついで2位のローソン 1万2397店(6.8%増), 3位 ファミリーマート 1万2002店(6.5%増), 4位サークルKサンクス 6269店(0.93%減)などとなっている. そのようなコンビニ業界だが,習志野市のあるコンビニが「神だ」,「凄い」とネットで話題となっている.
20160717_1403_習志野市津田沼6_セブンイレブン津田沼店_13220160717_1410_習志野市津田沼6_セブンイレブン津田沼店_DSC09886
では,何が「」だというのだろうか...続きを読む