2011年(平成23年)3月11日 金曜日 14:46,あの東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生した. 三陸沖南部,深さ 24km の海溝で最初の地震が起き,ドミノ倒しのようにほぼ同時に連鎖して地震が起きる海溝型連動地震だった. 3連動であったと考えられている.
20110311_1446_東日本大震災_震度 _255931289T20110311_1446_東日本大震災_地震速報_震度_255924386T
動いたのは,三陸沖から茨城沖までの長さ500km,幅250km にもなる. 地震の規模を示すマグニチュードは M9.0 と,近代観測史上日本最大の超巨大地震だった.
宮城県仙台平野を襲う東北地方太平洋沖地震の大津波.
20110311_東日本大震災_津波_被害_21420110311_東日本大震災_津波_被害_224
この東北地方太平洋沖地震による死者数は 1万5893人,行方不明者数はいまだに 2554人もいる. 地震発生時の 14:46 ごろは,公立小学校の3年生以上は6校時の授業中で,1-2年生は「帰りの会(終わりの会)」などを行い,児童の下校準備を始めていた時間であった. この微妙な時間帯が生死を分けることとなる.
宮城県の名取市と岩沼市にまたがって位置する仙台空港.
20110311_東日本大震災_津波_被害_24420110311_東日本大震災_津波_被害_254
1995年(平成7年)1月17日 朝5:46に発生した直下型地震の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)では,木造住宅の倒壊による圧死と火災による焼死がほとんどだったが,東北地方太平洋沖地震では住宅などの倒壊は少なかった. 犠牲者は,岩手県から宮城県,福島県の3県の湾岸に集中し,そのほとんどが津波による犠牲者だ. その犠牲者の内,小中学校の児童生徒だけでも 342人にもなった.
宮城県石巻市釜谷字山根の石巻市立大川小学校.
2011年_宮城県石巻市釜谷字山根_石巻市立大川小学校_1022011年_宮城県石巻市釜谷字山根_石巻市立大川小学校_108
宮城県の石巻市立大川小学校(石巻市釜谷字山根)でも,児童74人,教員10人が,10mを越す津波の濁流にのみ込まれ,全校児童108人の7割もが犠牲者となっていた. 大川小学校近隣の相川小学校(あいかわしょうがっこう,石巻市北上町十三浜相川),雄勝小学校(おがつしょうがっこう,石巻市雄勝町雄勝小淵)の2校も,同じように津波に飲み込まれて水没した. にもかかわらず,この2校は地域住民や教職員の適切な判断により,小学校の裏の高台に避難して犠牲者はゼロだった.
1974年_宮城県石巻市釜谷字山根_石巻市立大川小学校_1102015年_宮城県石巻市釜谷字山根_石巻市立大川小学校_116
相川小学校雄勝小学校の2つの小学校と,大川小学校の生死を分けた理由は何だったのか. これらの違いが詳しく分析されれば,今後の対策に生かされるに違いない. しかし,教員10名が亡くなっていることもあり,詳細は謎のままだ. 石巻市教育委員会の非協力的な対応のため,いまだに謎のままとなっている.
20140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_84220140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_862
石巻市教育委員会は,すぐに助かった大川小学校教職員に聞き取り調査をしているが,そのメモをすぐに破棄してしまい,事実隠ぺいとも受け取られることをしていたことが判明する. 児童23人の19遺族と石巻市との信頼関係は崩れ,「原因究明がされていない」として石巻市と宮城県を相手取って損害賠償訴訟をすることになる.
20140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_83220140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_852
2016年10月26日,仙台地裁(裁判長高宮健二)は「津波襲来を予見できた」として大川小学校側の過失を認め,石巻市と宮城県に総額約14億3千万円を支払うよう命じた. 石巻市は仙台地裁判決を不服として仙台高裁に控訴の考えを表明する. (その後,遺族側も,控訴する考えを示す)
20140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_83820140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_940
同じように津波が押し寄せたにもかかわらず,小中学生約3000人の生存率が 99.8%(学校での犠牲者はゼロ)だった場所がある. これを「釜石の奇跡」と呼ぶ. 岩手県釜石市の湾岸の小学校のことだが,決して「偶然の奇跡」だったわけではない. 津波防災教育のモデル校として,群馬大学災害社会工学の片田敏孝教授の監修により「津波からの避難訓練」を8年間続けてきた結果の成果なのだ.
岩手県釜石市鵜住居町の釜石市立鵜住居小学校釜石市立釜石東中学校.
2011年_岩手県釜石市鵜住居町_0122011年_岩手県釜石市鵜住居町_022
津波の可能性がある地震が発生すると,とにかく避難所へ全速力で走る. このように集団で行動する場合,学校側は整列させて点呼をおこなうが,それすらおこなわない. 自分の命は自分で考えて守る」が基本にある. 釜石市立鵜住居小学校(うのすまいしょうがっこう)と釜石市立釜石東中学校は,海岸線から約800m,海抜1.5m ほどの川沿いの低地に並んで建っていた.
2011年_岩手県釜石市鵜住居町_釜石市立釜石東中学校_1002011年_岩手県釜石市鵜住居町_釜石市立鵜住居小学校_100
それぞれの学校の一次避難所は,約700m離れたございしょの里の広場(海抜6,1m)だったが,当時雪が降っていたこともあり,鵜住居小学校は校舎の3階へ避難する. だが,近くの釜石東中学校の生徒が全速力で学校外部へ避難しているのを見て,鵜住居小学校も学校外の避難に切り替える.
2011年_岩手県釜石市鵜住居町_釜石市立鵜住居小学校_1202011年_岩手県釜石市鵜住居町_釜石市立釜石東中学校_120
だが,ございしょの里の海抜は 6.1m しかなく,しかも裏側は急な崖になっていた. 中学生から,二次避難場所の老人福祉施やまざきデイケアサービス(海抜13m)へ逃げる提案があり,小学生の手を引きながらさらに高台に避難する. 結局,この地区の津波遡上高(そじょうこう)は20mにまで達し,ございしょの里はあっという間に水没した. 20mは,最近のマンションなら6階建てに相当する.
20110311_東日本大震災_津波_被害_33420110311_東日本大震災_津波_被害_344
津波遡上は,やまざきデイケアサービスの手前でようやく止まった. さらに高い仲野石材店(海抜約44m)や三陸道路まで上がった中学生もいた. 防災教育の中で,自分でハザードマップを作るなどをしていたことから,どこへい逃げればいいのかは把握していた. まさに,「自分の命は自分で考えて守る」の考えが,訓練によって「想定にとらわれない判断力」が育った結果だった.
20110311_東日本巨大地震_津波_被害_03220110311_東日本巨大地震_津波_被害_052
三陸地方沿岸部各地には,「津波てんでんこ」という言葉が言い伝えられている...続きを読む