東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

解体

夢がかなう場所@東京ディズニーリゾートの東京ベイNKホールは解体(27)

千葉県浦安市舞浜の東京ディスニーリゾートの,オフィシャルホテル郡の中にある東京ベイNKホール(通称,NKホール)は,2005年7月10日におこなわれた,大手芸能事務所ライジングプロダクションのw-inds(現在は活動休止状態)の公演を最後に,約17年間の業務を終えた.
20151114_東京ディズニーリゾート_TDR_32020151114_東京ディズニーリゾート_TDR_290
施設名の東京ベイNKホールの「NK」は,この施設を建てた日本火災海上保険(Nihon Kasai)の名前を取って命名された. 客席数は固定席の場合で 6269席. 三菱重工製の昇降式のスタンド席の設備もあった. 立ったままの場合,最大収容人数は 8000人にもなる大きなホールだった.
20160408_東京ディズニー_東京ベイNKホール_解体_0748_DSC0049020050608_東京ディズニーランドホテル_建設_0926_DSC00228
関東圏の 5000人以上のホール(劇場)は,東京の日本武道館が通常席 1万1525席(スタンド時 1万4471人). 東京の有明コロシアムが通常席 1万0000席(スタンド時 1万0000人). 東京の代々木第一体育館が通常席 9061席(スタンド時 1万3243人). 東京の東京体育館が通常席 6000席(スタンド時 1万0000人). 神奈川の横浜アリーナが通常席 6000席(スタンド時 1万7000人). 東京国際フォーラムホールAが通常席 5012席,幕張メッセイベントホールが通常席 約3000席(スタンド時 9000人)となっている.
20080602_浦安市舞浜_東京ディズニーランドホテル_0913_DSC0530620050405_浦安市舞浜_東京ディズニーリゾート_駐車場_0916_DSC07990
東京ベイNKホールは,1988年6月に完成し,開館記念公園としてユーミンこと松任谷由実が1988年11月30日に公演をおこなわれている. だが,交通の便が悪いことから,コンサート会場として敬遠されるようになる. 2001年(平成13年)4月,日本火災海上保険興亜火災海上保険が合併して日本興亜損害保険(現,損保ジャパン日本興亜《8630.T1》)になったことから,第一生命(株)《8750.T1》に売却される.
20140104_東京ディズニーリゾート_NKホール跡地_15020140104_東京ディズニーリゾート_NKホール跡地_120
2001年7月27日には舞浜ディズニーリゾートラインが開業して,JR京葉線舞浜駅からのアクセスが便利にはなったが,それでもプロレス公演やワタミなどの株主総会に利用される程度の稼働率しかなかった. また,収容人員数の割にはトイレの数が少なく,客にも評判がよくなかった. 第一生命が所有する施設となった東京ベイNKホールは,完成後16年が経過していて,音響設備や冷暖房設備などの更新などの追加投資が必要となっていが,これ以上投資をしても,今後の収益は難しいと判断,経営合理化の一環で2005年に完全閉鎖されていた...続きを読む

昭和産業船橋工場に新施設を建設@船橋市日の出2丁目(1)

天ぷらは,魚介類や野菜,山菜などに,小麦粉で作った衣をつけて油で揚げた,日本で独自に発達した料理だ. サクサクとした天ぷらを揚げるためには,天ぷら専用の粉が不可欠となる. 「天ぷら粉の昭和です」または「粉と油の昭和産業」のキャッチフレーズで有名なのがSHOWA(昭和産業)だ. その昭和産業の船橋工場が臨海地区の千葉県船橋市日の出2丁目にある.
▼1951年(昭和26年)ごろの船橋駅周辺(左). ▼1965年(昭和40年)ごろの船橋駅周辺(右).
1965年_昭和40年_船橋市本町1_昭和産業_船橋工場_0101965年_昭和40年_船橋市本町1_昭和産業_船橋工場_020
昭和産業(株)は,1936年(昭和11年)に創業した. 現在は,,臨海地区に船橋工場があるが,以前は船橋駅南口前にあった. 鉄道を使って,原材料や完成品を運ぶため,現在の船橋西武の場所にあった. 6階建ての大きな製粉工場だった. 昭和産業は,原料から加工食品までを一貫製造する食品ために,埋め立て地の千葉県船橋市日の出2丁目に移転した.
▼1966年(昭和41年)ごろの船橋駅周辺(左). ▼1984年(昭和59年)ごろの船橋駅周辺(右).
1966年_昭和41年_船橋市本町1_昭和産業_船橋工場_0301984年_昭和59年_船橋市本町1_昭和産業_船橋工場_040
船橋駅前の旧船橋工場跡地の約2000坪は,を11億円で湯浅商店(現ユアサフナショク)に売却され,その売却益を新工場建設にあてた. 1964年(昭和39年)7月には,臨海地区に製粉工場の移転が完了した. また,1966年(昭和41年)12月には船橋工場内に総合研究所が開設される.
20150814_船橋市日の出2_昭和産業船橋工場_SHOWA_1453_DSC0428320150814_船橋市日の出2_昭和産業船橋工場_SHOWA_1453_DSC04272
昭和産業船橋工場に新施設が建設される...続きを読む

教育新時代@船橋市市場の船橋小学校仮校舎は解体(43)

1995年(平成7年)1月の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震M7.3)では 6434人が亡くなった. 死者の 80% は木造家屋が倒壊して下敷きになった圧死だった. 朝 5:46 に発生した地震だったため,まだ就寝中の人が多かった.
2007年1月時点の旧船橋市立船橋小学校.
20070114_船橋市本町_船橋小学校_もちつき大会_1214_DSC0440620070114_船橋市本町4_船橋小学校_1201_DSC04402
1978年の宮城県沖地震(M7.4)の被害を踏まえて,1981年(昭和56年)に改正された建築基準法以前の古い基準のビルにおいては,中層階部分のみつぶれるパンケーキクラッシュが多数起こった. 三菱銀行兵庫支店(1968年建設), 兵庫県薬剤師会館(1967年建設), 第一勧業銀行神戸支店(1926年建設)などが崩壊した.
20070114_船橋市本町4_船橋小学校_1217_DSC0442020070114_船橋市本町4_船橋小学校_1217_DSC04421
この教訓から,国は建築物の耐震改修の促進に関する法律(通称,耐震改修促進法)が2005年に制定された. その後も,2004年(平成16年)10月に新潟県中越地震(M6.8直下型),2005年(平成17年)3月に福岡県西方沖地震(M7.0)などが起き,2005年(平成17年)10月に改正耐震改修促進法が成立した.
2010年10月時点の旧船橋市立船橋小学校.
20101031_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_1258_DSC0889520101031_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_1258_DSC08896
今後くるでろう大規模地震に備えて,学校や病院などの建築物や住宅の耐震診断をし,改修を早急に進めるため,数値目標を盛り込んだ計画の作成が都道府県にに義務付けられ,市町村は策定することが望ましいとされた. 2015年度(平成27年度)末までに,少なくても90% を達成する数値目標(達成期間)が設定された.
2012年8月時点の旧船橋市立船橋小学校.
20120825_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1112_DSC0933720120825_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1112_DSC09341
さらに,2008年(平成20年)6月に岩手宮城内陸地震(M7.2 )などが頻発,特に2011年(平成23年)3月31日に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震Mw9.0)では,これまでの想定をはるかに超える巨大な地震津波により,戦後最大の人命が失われた.
20120922_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1254_DSC0376020120922_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1254_DSC03770
にさらに耐震改修促進法が改正(2013年11月施行)され,不特定多数の者が利用する大規模な建築物は,2015年(平成27年)12月末日までに,耐震診断の結果を所管行政庁に報告しなければならなくなった.
2012年11月時点の船橋市立船橋小学校.
20121124_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1355_DSC0298720121124_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1356_DSC02991
船橋市管理の建築物も,耐震化対応をおこなうために船橋小学校(通称,フナショウ)と前原中学校(2003年から「まえばら」に読み方変更),湊中学校の建て替え(改築)を進めている.
船橋市立船橋小学校.
20110213_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_01020110213_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_020
あわせて,船橋市立中央保育園ほか市立保育所4園の建て替えも進めている. 船橋市立中央保育園(千葉県船橋市本町4丁目)については,都市計画道路となるため,船橋小学校隣りに移転している.
2013年2月時点の船橋市立船橋小学校.
20130217_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1321_DSC0090120130217_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1321_DSC00903
船橋市本町4丁目の船橋市立船橋小学校の校舎は,耐震強度不足の問題から新規に校舎を改築する工事をおこなっている.
2013年7月時点の船橋市立船橋小学校.
20130707_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1629_DSC0680620130707_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1629_DSC06810
2011年5月1日時点で,船橋小学校には 504名の児童が通学していたが,校舎建てなおしのため,隣りの船橋市立市場小学校内に仮校舎を建設し一時移転した.
20110213_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_01220110213_船橋市本町4_船橋市立市場小学校_010
新しい船橋市立船橋小学校の校舎は5階建て(一部6階)で 24m, 敷地面積 7906.97m2, 建築面積 2335m2, 延床面積 7749m2 となる.
2013年10月時点の船橋市立市場小学校.
20131013_船橋市市場4_船橋小学校_バザー_1210_DSC03525T20131013_船橋市市場4_船橋小学校_バザー_1210_DSC03526
船橋小学校の改築事業に,3カ年で総額27億7830万円が投入された.
2013年10月時点の船橋市立市場小学校内に建設された船橋市立船橋小学校仮校舎(船橋市立市場小学校内の空教室も利用).
20131013_船橋市市場4_船橋小学校_バザー_1216_DSC0356120131013_船橋市市場4_船橋小学校_バザー_1216_DSC03562T
20131013_船橋市市場4_船橋小学校_バザー_1216_DSC0355720131013_船橋市市場4_船橋小学校_バザー_1216_DSC03559
20131013_船橋市市場4_船橋小学校_バザー_1214_DSC0355620131013_船橋市市場4_船橋小学校_バザー_1210_DSC03522
2013年12月時点の船橋市立船橋小学校.
20131207_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1137_DSC0182720131207_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1137_DSC01829
20140426_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_0856_DSC0602720140426_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_0856_DSC06032
2014年5月時点の船橋市立船橋小学校. 建設用の足場が取り外され,その建物の全貌が見えてきた.
20140531_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_1237_DSC0327020140531_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_1237_DSC03277
20140813_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1217_DSC0073220140813_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1217_DSC00737
新しい船橋市立船橋小学校は,2014年後期(10月20日)かの利用開始された.
20140813_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1354_DSC0109920140813_船橋市本町4_船橋市立船橋小学校_改築_1354_DSC01104
その後,船橋市立市場小学校内に建設された船橋市立船橋小学校仮校舎跡地はどうなったのだろうか.
20140712_船橋市市場1_船橋小学校_仮校舎_1112_DSC0008020140712_船橋市市場1_船橋小学校_仮校舎_1112_DSC00082
20141214_船橋市市場1_船橋小学校_仮校舎_0935_DSC0181620141214_船橋市市場1_船橋小学校_仮校舎_0935_DSC01814
20141214_船橋市市場1_船橋小学校_仮校舎_0934_DSC0180820141214_船橋市市場1_船橋小学校_仮校舎_0934_DSC01810
仮校舎の跡地は,その後どうなったのだろうか...続きを読む

ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@ケンズテニスクラブららぽーとの解体編(39)

船橋市浜町2丁目の,三井ショッピングパークららぽーとTOKYO-BAYは,年間約 2500万人も来客がある巨大ショッピングセンターだ.
20050224_船橋市浜町2_ららぽーとテニス_0859_DSC0529620040804_船橋市浜町_ららぽーとテニスコート_DSC06696T
そのららぽーと南側には,第10駐車場(P10)とケンズテニスクラブららぽーとがあった. (第10駐車場は縮小して利用中)
20120525_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_0804_DSC0512620120525_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_0804_DSC05128
かつてこの場所には,総合レジャー施設船橋ヘルスセンターの巨大ゴールデンビーチ(1965年7月オープン)があった.
20140605_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0748_DSC0374420140606_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0736_DSC03788
船橋ヘルスセンター閉鎖後,ゴールデンビーチは埋め立てられ,千葉県最大級のテニスコート駐車場になる.
20140605_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0748_DSC0374620140605_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0749_DSC03750
だが,有料テニスコートのケンズテニスクラブららぽーとは,2013年3月31日で完全閉鎖していた. その業務を引き継ぐ形で,幕張国際研修センター内に,ケンズテニスパーク海浜幕張を,2013年6月1日にオープンさせている.
20140606_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0736_DSC0379020140608_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_1637_DSC04641
そして,ケンズテニスクラブららぽーと跡地には,三井不動産ロジスティクスパーク船橋(略称,MFLP船橋)ができる.
20140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC0481820140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0906_DSC04828
2013 年9月20日(金)には,東関東自動車道谷津船橋インターチェンジ(IC)も開通し,首都東京や神奈川県と接続する国道357 号にも近く流通地としては最適な場所となっている.
20140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC0482020140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC04821
ロジスティクスパーク船橋の敷地面積は 約6万m2 にもなる. 総床面積は発表されていないが,地上4階か5階建てになるものと思われる.
20140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC0482320140613_船橋市浜町2_ららぽーとテニスコート_解体_0905_DSC04824
ケンズテニスクラブららぽーとの解体が始まった...続きを読む

牛すじラーメンしんざんは閉店@船橋駅北口(1)

JR船橋駅北口の牛すじラーメンしんざん(船橋市本町)は,2013年11月2日で閉店した. 20年間の営業だった.
20140426_JR船橋駅前北口_牛すじラーメンしんざん_0929_DSC06113T20140503_JR船橋駅前北口_牛すじラーメンしんざん_1033_DSC07208T
閉店した理由は,船橋市の道路整備事業に協力するためで,新たに建て替える.
20140426_JR船橋駅前北口_牛すじラーメンしんざん_0930_DSC0611420140426_JR船橋駅前北口_牛すじラーメンしんざん_0929_DSC06109
建て替え後の営業は,現在1階と2階にある不動産部門のみとなる.
20140427_JR船橋駅前北口_牛すじラーメンしんざん_0911_DSC0669120140427_JR船橋駅前北口_牛すじラーメンしんざん_0911_DSC06692
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年04月10日)フードコートに3店舗がオープン@ビビット南船橋(29)
(2014年03月15日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@博多一風堂オープン編(31)
(2014年01月17日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@松戸富田製麺編(29)

ユアサ・フナショク旧本社解体@船橋市宮本(4)

ユアサフナショクは,食文化を中心としたサービスを展開する. 1937年(昭和12年)1月18日に設立された,船橋を代表する老舗企業だ. 千葉県船橋市に本社を置き,千葉県を中心に関東圏の地域スーパーマーケットなどに食品卸しをおこなっている主力の食品商事部門,ビジネスホテル運営などのホテル部門,賃貸などの不動産部門から構成される.
20131231_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1423_DSC0765620131231_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1424_DSC07657T
だが,長引く不況や雇用形態の変化などから,消費者の生活は益ます苦しくなるばかりだ. 消費者の節約志向や低価格志向も進み個人消費は縮小するばかりとなっている. また,イオンなどの大型商業施がつぎつぎにできているが,大手スーパーはプライベートブランド(PB)商品を食品工場と一緒に開発し,その比率が年ねん高まり,卸しを通さず直接工場から調達するケースも多くなってきている. 食品流通業界は,一段と厳しさを増してきている.
20131201_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1618_DSC0145220131231_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1424_DSC07660
しかしながら,2013年は新政権の一時的なアベノミクス効果により,個人消費も持ち直し傾向が見られ,緩やかな回復となっている. ユアサフナショクは,首都圏を基盤に地域に密着した営業展開し,連結累計業績は当初計画を超え,営業利益,経常利益とも前年同期比2桁増となっている. 特に,株価の回復により投資有価証券評価は前年同期比200%を超える.
20131231_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1424_DSC0765920130203_船橋市宮本4_ユアサフナショク新本社_1653_DSC00537
そのユアサフナショクは,京成本線大神宮下駅から徒歩5分とほどの千葉県船橋市宮本4丁目の社宅跡地に新本社を完成させた. 2013年3月21日には,得意先や仕入先など約260人を招いて内覧会を開いた. 4月1日から新本社を本稼働させている...
続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit_funabashi

タグクラウド
ギャラリー
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)