誕生会やクリスマスなどのデコレーションケーキの定番といえばイチゴがのったケーキだろうか. イチゴは,クリスマス時期にあわせてハウス栽培(温室栽培)されているが,それでも間に合わないので海外からも輸入されている. 日本の生食用(加工用を除く)イチゴは消費量世界一となっている.
20160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_23020160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_340
世界のイチゴの収穫量(生食用&加工用)を見ると,1位が中国(299万7504t),2位がUSA(136万869t),3位がメキシコ(37万9464t),7位が韓国(21万6803t),10位が日本(16万237t)となっている. 近年,中国の生産量が急激に増えている.
20160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_27220160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_212
都道府県別のイチゴの収穫量(2014年産)でみると,1位が栃木(26000t),2位が福岡(17500t),3位が熊本(11900t),8位が茨城(8880t),9位が千葉(6710t),10位が埼玉県(3760t)となっている. 栃木県は,1世帯当たりの消費量日本一でイチゴ消費王国となっている.
2013年10月-2014年09月都道府県別イチゴの収穫量一覧_010
千葉県南房総や静岡県の伊豆半島は,温暖な気候だ. 本州で一番早く春が訪れるとされる. 千葉県は,首都東京から1-3時間程度で行けることから,全国でも有数のイチゴ狩り王国となっていている. イチゴ狩りと花摘みと海の幸をセットにした日帰り観光バスツアーは,1月くらいから1万円以下で行っている.
20160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_22020160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_260
イチゴ狩りの値段は,時間無制限食べ放題から 1000円(大人)くらいから30分 2000円くらいまである. 1月の時期がもっとも高く,月ごとに安くなり,5月が最も安い. また,練乳込みかオプションかによっても値段が違う. 農園によっては練乳持ち込み可能のところもあるが,その場合は容器を持参しないといけない. 最近は,練乳だけでなく,チコレートも選べるところもある.
20160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_36020160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_282
高齢者の中には,「イチゴは酸っぱくて苦手」と言う人がいるほど,かつてのイチゴの酸味が強かった. 近年,品種改良が進み,あまおう,とちひめ,紅ほっぺなどと糖度も高くなっている. まだイチゴ狩りには出てはいないようだが,オランダで開発された雪うさぎや天使の実などの白イチゴが注目されている.
20160530_苺_イチゴ_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_11220160530_苺_イチゴ_いちご_観光_いちご狩り_大名食い_先端食い_162
そのようなイチゴ狩りだが,そのイチゴの食べ方でネットで話題になっている...続きを読む