2011年(平成23年)3月11日(金曜日) 14:46 に,東北三陸沖を震源とする海溝型地震が発生した. それが,東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)だ.
20110507_岩手県釜石市唐丹町_小白浜海岸_11220110507_岩手県釜石市唐丹町_小白浜海岸_122
この地震により巨大な津波が発生し,死者数 1万5893人,行方不明者数 2554人の人的被害と,全壊約13万棟,半壊約24万棟という住家屋被害をもたらした. 近代観測が始まっていらい最大規模の被害となった.
20110507_岩手県釜石市唐丹町_小白浜海岸_21020110507_岩手県釜石市唐丹町_小白浜海岸_222
今後同規模の地震として,関東直下型地震などが予想されている. 各都市別の発生確率は,神奈川県横浜市で 78%(2013年66%),千葉県千葉市 73%(2013年67%),埼玉県さいたま市 51%(2013年30%),東京都新宿区 46%(2013年26%)と,東北地方太平洋沖地震後,発生確率が急上昇している.
20161030_関東地方_東京湾北部地震_11220161030_関東地方_東京湾北部地震_122
関東地方を含む東北日本が乗っている北米プレート(オホーツクプレート)の地下 20km-30kmには,フィリピン海プレート太平洋プレートが複雑に重なり合っている.
20161030_巨大地震_プレート地震_海溝型地震_44220161030_巨大地震_プレート地震_海溝型地震_452
そのプレート(地殻)間の力関係から,その重なり合う面または,それと連動する割れ目(断層)などで定期的に地震が発生している. その真上にあるメガシティが,約 3650万人が暮らす世界最大の都市東京圏となる.
20161030_巨大地震_プレート地震_海溝型地震_50220161030_巨大地震_プレート地震_海溝型地震_134
東京湾北部地震(M7.3)の最悪のシナリオの場合(内閣府想定),死者数 1万3000人,負傷者 21万人,建物全壊約 85万棟,帰宅困難者約 650万人,避難者約 700万人と予想されている. 死者数のほとんどが,火災(6200人)と建物倒壊(3100人)となっている.
20161030_巨大地震_プレート地震_海溝型地震_17220161030_巨大地震_プレート地震_海溝型地震_532
経済的被害額は約 112兆円と,天文学的な金額となる. この中には,長周期地震動による超高層ビルの被災,大量の降雨による二次災害,株価などの変動による経済活動への影響などのシナリオは含まれていない.
2016年10月29日に船橋競馬場内でおこなわれた船橋消防まつり2016.
20161029_船橋市消防_緊急消防車両_援助車両_1226_DSC09210T20161029_船橋市消防_緊急消防車両_援助車両_1358_DSC00713T
想定される大規模地震はそれだけではない,東海地震,東南海地震,南海地震が連動して発生する3連動地震の発生確率も急上昇している. 遠く離れた東京湾内部の最奥部(約100分後)では,満潮時で 2.5m級の津波が予測される. さらに九州宮崎沖の日向灘地震(ひゅうがなだじしん)が加わり4連動地震にもなれば,さらに津波は高くなる. 伊勢湾の入り口部では20mを終える津波が予想され,東京湾最奥部で 3m級の津波となることが予想されている.
20161029_船橋市消防_緊急消防車両_援助車両_1227_DSC09217T20161029_船橋市消防_緊急消防車両_援助車両_1226_DSC09213T
これらの大規模地震への備えが求められているが,市民の生命や被害を軽減することを任務としている唯一の機関が消防(救急)だ...続きを読む