東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

船橋健康センター

船橋健康センターゆとろぎの湯は完全閉店@船橋市夏見(2)

船橋駅北口から無料送迎バスで8分程度の船橋健康センターゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見3丁目)があった. だが,2016年3月31日(木)をもって完全閉館した. 1991年(平成3年)3月に開業して,25年の営業だった.
20121104_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1220_DSC0023620121104_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1220_DSC00237
船橋健康センターは,浴槽などは補修はされていたものの,タイルのひび割れや補修跡が目立つような状態になっていた. ボイラーなどの大型施設日も更新の時期になっていて,店側も閉店理由を施設の老朽化と説明している.
20140113_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1124_DSC0108420151230_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_112
すでに近郊には,東武アーバンパークライン(東武野田線)新船橋駅近くの天然温泉施設船橋温泉湯楽の里(千葉県船橋市山手3丁目,土休日大人料金 820円)や,JR武蔵野線船橋法典駅近くの楽天地天然温泉法典の湯(千葉県市川市柏井町1丁目,土休祝日大人料金 800円)など,「温泉」の名が付く温浴施設が開業し,客の取り合いとなっていた.
20151230_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_18220151230_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_212
最寄り駅から遠い船橋健康センターは,船橋駅北口のロータリーと新京成線高根公団駅から無料シャトル送迎バスを出していたが,周辺の温浴施設はスーパー銭湯なみ価格であるのに対して,約2倍の価格(土日祝大人料金 1780円)設定となっていた. この価格帯であれば,もっと施設が充実している浦安市の大江戸温泉物語浦安万華郷(土日祝大人料金 2072円(タオル,館内着付)と競合する.
解体作業中の船橋健康センター(2016年8月21日時点).
20160821_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1050_DSC0183620160821_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1050_DSC01839
岩風呂の草津温泉(疑似温泉)や漢方薬湯といった多くの種類の風呂をそろえているものの,くみ上げ温泉ではなくスーパー銭湯の分類となる. 数年前には,新たにヒーリングサウナ健蒸洞(千葉県最大級の岩盤浴)を導入するものの,「岩盤浴はいつも満杯で使えない」といった不満の声もきかれた.
20160821_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1051_DSC01365T20160821_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1051_DSC01364T
利用客のほとんどは地域住民の高齢者層はであったが,定期的に演歌歌手による歌謡ショー(ステージ)が行われ,高齢者には人気ではあったものの,若いファミリー客層からは「イベントステージ,タオル,館内着はいらない,もっと価格を下げてほしい」といった声も出ていた.
20160821_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1055_09T20160821_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1055_19T
どこの健康センター(健康ランド)も,1955年(昭和30年)に開業した日本初の船橋ヘルスセンターを成功モデルとして運営されている. 大広間での歌謡ショーのそのひとつだろう.船橋ヘルスセンターの大コマ館や大劇場では,美空ひばり,三波春夫,村田英雄,前川清氏,小柳ルミ子などの有名歌手がステージで歌を披露した. 舞台が空いているときには,のど自慢大会(今のカラオケ大会)なども開催された.
20160821_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1052_DSC0184320160821_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1052_DSC01844
船橋健康センターでも,立花英樹(鹿児島県出身),香川みどり(美土里りんご,三重県出身),みたかずよ(鹿児島県出身),小山健(福岡県出身),立花英樹(鹿児島県出身)などの演歌歌唱ショーがおこなわれ,それぞれの歌手目当ての追っかけ隊の客もそれなりにいた. では,船橋健康センターができる前は何だったのだろうか...続きを読む

船橋健康センターゆとろぎの湯は完全閉店@船橋市夏見(1)

京成本線船橋大神宮下駅から徒歩10分ほどのららぽーとTOKYO-BAYがある場所に,東洋一と豪語した複合娯楽場があった. それが,「汐干狩に海水浴,一日楽しく遊べる海の温泉娯楽場」,「レジャーの王様」を宣伝文句に1955年(昭和30年)11月に開業した船橋ヘルスセンターだ. ヘルス(health)とは「健康」のこと,日本語で言い換えれば船橋健康センターだろうか.
船橋駅前の船橋健康センターゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見)の無料送迎バス(2014年ごろ).
20140113_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1030_DSC0097020140113_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1030_DSC00974
船橋ヘルスセンターは,1952年(昭和27年)の試掘によって水溶性天然ガス(メタンガス)とともに褐色を帯びた温泉が出た. これがきっかけとなって,ここに温泉娯楽施設ができた. 少なくても,5本以上の温泉井(おんせんせい)が掘られ,4号井が 40.5℃(ナトリウム塩化物強塩温泉,pH7.),3号井が 35.5℃(ナトリウム塩化物強塩温泉, pH7.4)だった.
20140614_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1530_DSC0667320140614_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1530_DSC06676
船橋ヘルスセンターの広大な敷地には,温泉施設だけでなく,遊園地や海水浴場,プール,ゴルフ場,結婚式場なども併設していた. 温泉施設も充実していて,正面玄関側の浴場に「大ローマ風呂」,その奧に「岩風呂」,大コマ館玄関側に「大滝大風呂」などがあった. 日帰りできる手軽なレジャー(行楽地)として大人気となり,千葉県はもとより県外からも観光バスや鉄道で多くの人びとが来場し,最盛期には年間400万人にもなった.
船橋駅前の船橋健康センターゆとろぎの湯の無料送迎バス(2004年ごろ).
20040905_船橋市_船橋駅北口_ゆとろぎの湯_送迎バス_DSC0480120151229_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1130_DSC01562T
この船橋ヘルスセンターの大成功により,同じような「健康」をテーマとした健康センター健康ランドが全国に作られた. 1966年(昭和41年)にオープンした福島県の常磐ハワイアンセンター (スパリゾートハワイアンズ)も,大きな影響を受けた. 現在も,松戸健康センターゆとろぎの湯(千葉県松戸市新松戸4丁目),みのりの湯柏健康センター(千葉県柏市十余二),市原市の内房薬湯健康センター(千葉県市原市八幡)などが,まだ「健康」の名を付けて営業をしている.
20060326_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1149_DSC0398220131207_船橋市夏見_船橋健康センター_ゆとろぎの湯_1116_DSC01731
だが,船橋駅北口から無料送迎バスで8分程度の船橋健康センターゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見3丁目)は,2016年3月31日(木)をもって完全閉館した. 25年の営業だった. では,どうして閉店してしまったのだろうか...続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit_funabashi

タグクラウド
ギャラリー
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)