東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

船橋ファミリータウン

船橋パールプラザは幕をおろす@千葉県船橋市夏見1丁目

戦後,ようやく生活が安定してきたころ,日本全国にヘルスセンターが作られていく. ヘルスセンター(health center)を直訳すれば保健所といった意味だが,「health(健康)+center(中心)」をつなげた日本独自の和製英語では,「健康保養施設」といった意味になるだろう. 今なら,「健康ランド」といったところだろうか.
20080428_船橋市浜町2_船橋ファミリータウン_0159_DSC000927M20090725_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1227_DSC00032U
その先陣を切ったのが,千葉県船橋市の埋め立て地に作られた船橋ヘルスセンターだった. 現在のららぽーとTokyo-Bayの場所となる. 船橋市がガス田のボーリングをおこない,天然ガスとともに温泉も湧き出たことから,大規模な温泉施設を作ることになる. 「12万坪の海辺に1万坪の白亜の温泉デパート」をキャッチフレーズに,1955年(昭和30年)11月3日(木)にオープンした. 今から60年以上も前のことだった.
1973年_昭和48年_ヘルスセンター_全景_022船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_遊園地_014
船橋ヘルスセンターには,大ローマ風呂などの温泉施設以外にも,遊園地,10万人が一度に遊べるゴールデンビーチ(夏季のみ),100mのスロープを時速60kmですべりおりる大滝すべり(夏季のみ),グラススキー場(夏季以外),ローラースケート場,アイススケート場(冬季のみ),ダンスホール,セスナ機の遊覧飛行,観光海賊船ガリバー号,ゴルフ場,ホテル,劇場,結婚式場,そして52レーンもあるボウリング場などがあり,「娯楽の殿堂」とも言われた.
船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_遊園地_0221965年_昭和40年_船橋ヘルスセンター_平和の門_DSC07622T
当時は子どもも多く,勤務先の親睦を図るための家族同伴の慰安旅行,労働組合や子ども会などによる団体旅行などが頻繁におこなわれていた. まだ,クルマが普及していなかったことと,家族旅行ができるほどの余裕がなかったころだ. 手軽に行ける船橋ヘルスセンターは,日帰りができる人気の観光地だった. 関東圏だけでなく,遠くは静岡や福島からも訪れていた. ピーク時には,全国から年間450万人(月平均37万人)も来場し,東洋一(日本一)のレジャースポットとなっていた.
20050329_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1645_DSC07590T20090725_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1230_DSC00026T
船橋ヘルスセンターの施設多くは,東洋初や日本初,関東圏初のものも多かった. ボウリング場も,関東圏初ではなかったものの,千葉県下初だった. 日本中にボウリングブームがくる前の1962年に作られた. 現在の船橋ファミリータウンのあたりになる. ただし,まだボウリングは一般的なものではなかったことから,客の利用は多くなかった. なお,民間ボウリング場第1号は1952年にできた東京ボウリングセンターとなる.
1965年_昭和40年_船橋ヘルスセンター_観光バス_DSC07601T
そこで,船橋ヘルスセンターのボウリング運営のアドバイザーとして,船橋の大実業家滝口長太郎に依頼をし,少しづつ客を開拓していく. 滝口長太郎は,東京中のボウリング場のほとんどに足を運ぶほどのボウリング愛好家でもあった. のちに,ボウリングブームが始まった1968年(昭和43年)には,自らも西船長太郎ボウル(現,ストライカーズ西船ボウル)を開業することになる. 息子もプロライセンスを持っている.
1965年_昭和40年_船橋ヘルスセンター_ゴールデンビーチ_DSC07586R1965年_昭和40年_船橋ヘルスセンター_ゴールデンビーチ_DSC07585R
1970年前後になると,須田開代子や中山律子らの女子プロボウラーが活躍し始め,ボウリングブームの呼び水となる. 1971年にはテレビドラマ「美しきチャレンジャー」(TBS系列)が放送され,日本中が空前のボウリングブームとなる. 手ぶらで手軽に楽しめるスポーツ(余暇)として受け入れられた.
船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_214船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_DSC06542U
日本国内のボウリング場は,住宅開発会社などの異業種からの参入もあり凄まじい勢いで増え続け乱立する. 1972年には 3697カ所にもなり,日本の2倍以上の人口となる米国をしのぐボウリング場数となる. ボウリング場前には,朝から長い列ができ4時間待ちも普通だった. 当時は,日本銀行の行き過ぎた金融緩和と列島改造ブームにより地価急騰となっていた.
船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_ボーリング場_花火_11620110416_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1333_DSC07816M
だが,1973年(昭和48年)10月6日に勃発した第4次中東戦争によって原油公示価格が70%も引き上げられ,第1次オイルショック(石油危機)が日本を襲う...
続きを読む

船橋ファミリータウン夏祭り2015@船橋浜北公園

千葉県船橋市浜町1丁目に分譲マンションの船橋ファミリータウンがある. 1号棟から10号棟で構成される.
▼道路を中心に西側が3号棟と4号棟,西側が5号棟. ▼1階部分は貸店舗となり,浜町商店街となっている.
20150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0858_DSC0224520150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0858_DSC02249
その構成は,
 1号棟(12階建て/261戸/1979年3月築),
 2号棟(12階建て/236戸/1979年5月築),
 3号棟(4階建て/69戸/1979年10月築)+4号棟,
 5号棟(2階建て/34戸/1979年11月築),
20131216_船橋市浜町2_船橋ファミリータウン_1号棟_SHN000393020131219_船橋市浜町2_船橋ファミリータウン_2号棟_SHN0003947
 6号棟(5階建て/60戸/1980年2月築),
 7号棟(5階建て/40戸/1980年2月築),
 8号棟(5階建て/20戸/1980年2月築),
 9号棟(5階建て/140戸/1980年2月築),
 10号棟(8階建て/48戸/1981年3月築).
---となっている.
20070630_船橋市_船橋漁港_船橋ヘルスセンター_1114_DSC01303T1962年_昭和37年_船橋ヘルスセンター_全景_15384
これらのマンションの建設と,ららぽーと船橋ショッピングセンター(現,ららぽーとTOKYO-BAY)と,その前身である総合健康ランドの船橋ヘルスセンターには深い関係がある.
▼1962年(昭和37年)当時の船橋ヘルスセンター.
1962年_昭和37年_船橋ヘルスセンター_空から見た全景_152441962年_昭和37年_船橋ヘルスセンター_パンフレット_13264
船橋ヘルスセンターのあった場所は,もともとは個人が所有の塩田となっていた場所だった. 山梨県出身の実業家2代目丹沢善利(たんざわよしとし)は,砂糖などの南洋貿易で成功した資金を元手に,船橋市の塩田跡池地を取得しようと動いていた.
船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_21420090725_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1227_DSC00032U
すぐ隣り(現,船橋市役所あたり)には、同じよう塩田跡地を開発した三田浜楽園があった. 当時の三田浜楽園には1800坪の海水第1プールと4万坪の海水第2プールがあった. 地下 300m から湧き出るラジウム温泉があり,温泉の他,釣りやビリヤード(玉突き),児童園などの遊戯場,野球場,ボート,網船などが完備した割烹旅館があった. 戦前には,文豪川端康成や太宰治なども滞在して,小説の舞台となった日本文学ゆかりの地でもある.
1974_昭和49_年船橋市浜町_船橋ヘルスセンター北通り商店街_0121974年_昭和49年_船橋市浜町_船橋ヘルスセンター_014
また,習志野側には湾岸部の塩田地を埋め立ててできた京成電鉄直営の谷津遊園があり,子ども向けの遊具や野球場,海水浴場,潮干狩りができる施設があり首都圏の観光地として人気があった. 花輪駅(現,船橋競馬場駅)から谷津支線が引かれ,行楽客を輸送していた.
船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_2141963年_昭和38年_04月_船橋漁港_012
船橋市浜町の場所は,木村栄吉が地主だったが,この土地を取得するためだけに船橋土地興業を設立して土地を取得する. 当時の船橋市は,漁業と農業を中心とした財政力のない市だった. 埋め立てをしたくても,資金がなくてできなかった. 船橋市は民間の資金力を借り,工業用途として埋め立て免許を申請をして造成(8417坪)をする.
20090725_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1230_DSC00026T20090725_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1230_DSC00027
1951年(昭和26年)5月,東京都江東区の猿江公園近くで,深さ600m の井戸から天然ガスが出たのをきかけに,船橋市も調査採掘を始め,1951年(昭和27年)に地下 1700m から水溶性天然ガスと 29度の温泉を掘り当てていた. 企業誘致がつまずいたために,用途を温泉施設用途に変更されたが,埋め立て申請を通しやすくするため最初から温泉施設用途ではなかったのではないかと思われる.
1974年_昭和49年_船橋市浜町_船橋ヘルスセンター_01420090725_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1228_DSC00008C
この時の埋め立て地の総面積は約36万m2(11万坪)にもなるが,船橋ヘルスセンター用地として利用したのは約30万m2(9万坪),残りは漁業補償として約3万3000m2(1万坪)を無償で提供し,約3万3000m2(1万坪/180m×180m相当)を原価で船橋漁協の正組合員(当時1021人) に分けられる約束だった(浜町1丁目あたりと思われる).
船橋ヘルスセンター_ボーリング場_012船橋ヘルスセンター_ボーリング場_016
この時の実際の造成原価は坪2300円であったが,坪3200円で漁民に販売され,この差益(900万円程度か?)で船橋ヘルスセンターの建設資金に充てる.
20110416_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1333_DSC07816M20110416_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1333_DSC07815M
土地とは別に,総額 1億2500万円(朝日土地興業が 5000万円,船橋市が 7500万円)の現金補償もあった. 無償の土地を現金化したい漁民も多かったため,かなりの土地が朝日土地興業(株)が買い戻しをしている(19.5坪×3200円=6万2400円程度). 買い戻どされた土地の面積は,現船橋ファミリータウンの土地面積程度になったものと思われる.
20110416_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1334_DSC07823M20110416_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1334_DSC07819M
採掘した温泉と天然ガスを利用し「汐干狩に海水浴一日楽しく遊べる海の温泉娯楽場」として船橋ヘルスセンターは1955(昭和30)年11月3日にオープンした. 施設は年ねん拡張され,ピーク時には全国から年間450万人が訪れるようになる. 東洋一の施設とも言われた.
20150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0858_DSC02251T20150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0859_DSC02252
船橋ヘルスセンターの成功は,全国にヘルスセンターブームを巻き起こし,特に1966年に開業した常磐ハワイアンセンター(現,スパリゾートハワイアンズ/福島県いわき市常磐)も船橋ヘルスセンターをモデルに成功した.
20150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0859_DSC0225320150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0859_DSC02255
だが,温泉と天然ガスを組み上げ過ぎて地盤沈下が深刻になり,海老川周辺はゼロメートル地帯となってしまった. そして,1971年(昭和46年)には地盤沈下防止のため温泉,天然ガスの採掘が禁止となってしまい,船橋ヘルスセンターの魅力が薄れて客離れとなり,1977年(昭和52年)5月5日をもって完全閉鎖となる. 船橋ヘルスセンターが掘った天然ガスの鉱業権はを千葉県が47年1月1日に買い取られていた.
20150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0859_DSC0225720150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0859_DSC02259
約4年間の準備期間を経て,船橋ヘルスセンターの跡地にららぽーと船橋ショッピングセンター(現,ららぽーとTOKYO-BAY)が1981年(昭和56年)4月2日に開業する. ハワイの大型ショッピングセンターのアラモアナセンターをモデルにした. 朝日土地興業(株)は,三井不動産販売(株)に1970年4月に合併していた.
20150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0939_DSC0232920150801_船橋ファミリータウン夏祭り_船橋浜北公園_0939_DSC02332
船橋ヘルスセンターの閉鎖と,ららぽーと船橋ショッピングセンター開業は,船橋ファミリータウンの建設と重なる...続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit_funabashi

タグクラウド
ギャラリー
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)