オートレース発祥の地,船橋オートレース場の廃止が決まった.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1514_DSC0176720150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1514_DSC01766
2014年8月12日(火),千葉県と船橋市(松戸徹船橋市長)は,「公営競技の船橋オートレース事業を2015年度末(2016年3月末)で(完全)廃止する」と正式に発表した. 入場者数減少や車券売上額減少が今後も続くことと,今後約14億円の設備投資が必要となることを廃止の理由とした.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1515_DSC0177120150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1514_DSC01765
1950年(昭和25年)10月29日,全国で初めて千葉県の主催で第1回オートレース(千葉県が運営)が船橋競馬場を使って開催された(船橋市は1955年3月18日から). 当時の船橋市は,まだ10万程度の人口しかなかったころだ.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1513_DSC0176320150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1513_DSC01764
船橋市は,今年(2015年)で 62万5000人の人口になったが,船橋オートレースは新たな客を開拓できず,65年で幕を閉じることになる. 船橋開催のオートレースも,あと10回ほど(8月時点)で終える.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1508_DSC0174820150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1509_DSC01750
船橋オートレース場廃止に対して,地域住民からの擁護の声はほとんど聞かれない. オートレース騒音および排気ガスなどの陳情」が出されても,船橋市は「前例がないとできない」ことを理由に「今後研究する」にとどまっていた.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1510_DSC0175620150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1512_DSC01759
騒音規制法では,騒音を規制基準内にしなければない. 規制基準は,場所や時間によって異なり,商業地域や準工業地域(第3種区域)では 65デシベル(日中)以下にしなければならない.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1500_DSC0170120150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1506_DSC01727
だが,レース車両(バイク)の騒音レベルは100デシベル以上で,8台同時に走行するオートレースでは 120デシベルを超える騒音が発生している. 120デシベルは,ジェットエンジンの騒音に相当する. バイクの騒音は,遠く船橋市役所まで届く. とても,騒音規制基準を遵守している状況ではなかった.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1505_DSC0172320150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1506_DSC01726
F1 を頂点とするフォーミュラレース(自動車競技)も,騒音問題の解決方法として,電気自動車を使ったフォーミュラEを2014年から開催している. レースが,大都市や有名リゾート地の市街地コースを使って行うため,騒音対策として生まれた新しいレースだ. オートレースも,オートレースEとし,60デシベル以下におさえれば,ナイターレース(夜間営業)もできたのかもしれない. だが,オートレースファンの間では,「消音機(マフラー)無しの爆音がオートの魅力」という声も根強い.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1501_DSC0170420150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1501_DSC01703
2015 年度末(2016年3月末)で公営オートレース事業が正式に廃止することが決定したわけだが,廃止にあたってどのような影響があるのだろうか. 公営オートレース事業の主催は千葉県と船橋市だが,土地は三井不動産(株)(前,朝日土地興業),建物などの施設はよみうりランド(株)の所有になっている.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1501_DSC0170520150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1506_DSC01725
売り上げの4.8%(以前は6%)が,土地所有会社や施設所有会社などに支払う. 内訳は,賃貸料として三井不動産に 1.175%(年間約2億円),施設利用料や常駐社員の給料,総務,人事,経理,財務管理費用としてよみうりランドに 3.625%(年間約7億円)となっている. いずれも固定額ではなく,売上に連動する. 売上が減れば,賃貸料や施設利用料は減額になる.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1511_DSC0175720150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1509_DSC01753
船橋オートレース場が廃止された場合,船橋市の負担はどうなるのだろうか. 施設会社の常駐社員についても,船橋市との直接雇用ではないため,退職金などの費用負担を求められることはない. 施設の解体費用もよみうりランドの負担になる. 一部,船橋市の予算で設置された機材があり,その撤去費用のみ船橋市の費用で実施されるが,高額ではない.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1503_DSC0171320150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1503_DSC01712
ただし,電話投票などの基幹システム(日本トータの資産)の償却費は,船橋市も一部負担しなければならない. 2015年度で終了すると,2016年度の歳入での補てんができなくなるため,小型自動車競走事業特別会計に約1億円の繰出しを行わなければならない. おそらく,船橋市の税金が使われるだろう.
20130407_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1046_DSC0016820130407_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1046_DSC00169
それだけではない. 競輪の場外車券売場のサテライト船橋をどうするかだ. 当面,今の施設を使い続けるという案もありだが,耐震化の問題から1年程度の延長しかできないだろう. 三井不動産も,それを望まないだろう.
20120814_船橋市浜町2_サテライト船橋_場外車券売場_1535_DSC0757820120814_船橋市浜町2_船橋オート_バイク_1552_DSC07619
船橋オートレース場内に,競輪の場外車券売り場であるサテライト船橋がオープンしたのは,2008年12月23日(火)だった. 既存の船橋オートレース場の山側観客席を改修した施設のため,新たな建物は建設しなかった. 改修も必要最低限とした.
20120814_船橋市浜町2_サテライト船橋_場外車券売場_1609_DSC0765920120814_船橋市浜町2_サテライト船橋_場外車券売場_1609_DSC07661
かつて,オートレースは特殊法人日本小型自動車振興会,競輪は特殊法人日本自転車振興会が統括していた. 2005年の閣議決定で,自転車競技法および小型自動車競走法の一部が改正され,2008年4月1日をもってこれらの振興会は解散された. そして,オートレース競輪に関する業務は財団法人小型自動車競走運営協議会(JKA)へ承継された. つまり,オートレース競輪は仲がよい.
20120814_船橋市浜町2_サテライト船橋_場外車券売場_1612_DSC0766920120814_船橋市浜町2_サテライト船橋_場外車券売場_1612_DSC07670
オートレースがなくなれば,無料送迎バスもなくなるため,わざわざサテライト船橋まで来てくれるだろうか. 京成船橋駅からの距離は 1.3km,徒歩で 17分もかかる. それでなくても,客の高齢化は著しい. そのようなことからサテライト船橋は新たな場所に移転することになった. では,その場所はどこなのか...続きを読む