千葉県船橋市宮本5丁目船橋大神宮(意富比神社)には,大晦日から正月にかけて多くの市民が初詣に出かける神社だ. また,秋には奉納相撲大会が開かれるなど,市民に親しまれている神社となっている.
船橋大神宮.
20150814_船橋大神宮_歯固めの石_赤ちゃん_歯茎_1351_DSC0103420150814_船橋大神宮_歯固めの石_赤ちゃん_歯茎_1351_DSC01035
子どものすこやかな成長を願って祝うのが,七五三だ. 今年の船橋大神宮七五三の場合,2015年10月1日(木)から祈祷(きとう)が始まる. 11月の土日祝日などの繁忙時には,祈祷(きとう)の回数を増やすほど市民が訪れる.
20150814_船橋大神宮_歯固めの石_赤ちゃん_歯茎_1348_DSC0103320150814_船橋大神宮_歯固めの石_赤ちゃん_歯茎_1347_DSC01030
七五三の初穂料(祈願料/玉串料)を決めていない(明らかにしない)神社も多いが,船橋大神宮では受付で 3000円,5000円,1万円を選択するシステムとなっている. 他の神社では,初穂料の金額によって,記念品(お土産)に差をつけているところもあるが,祈禱(きとう)そのものに違いはない. 金額の差は,気持ちの差となる.
20150814_船橋大神宮_歯固めの石_赤ちゃん_歯茎_1345_DSC0393520150814_船橋大神宮_歯固めの石_赤ちゃん_歯茎_1345_DSC03940
船橋大神宮(意富比神社)内には,八劔神社,八雲神社,八坂神社,大鳥神社などの複数の境内社(摂末社)がある. その,八雲神社の前に,小石が置いてある. この小石は何なのだろうか...続きを読む