「にげろー」,教職員らは叫んだ. 凄まじい音とともに大津波が押し寄せてくるのが見えていた. 2011年3月11日(金) 14:46 に太平洋三陸沖を震源として発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の大津波だった. 大津波北上川を遡上(そじょう)し,2階建ての大川小学校校舎の屋根を越え,子どもたちに襲いかかり,あっという間にのみ込んでしまった. 15:37 ごろだった.
20140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_00820140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_012
宮城県石巻市釜谷地区の北上川河口から約 4km もある川沿いの石巻市立大川小学校も大きな被害が出た. 児童108人のうち74人,教職員13人のうち10人が死亡した. 学校の災害としては,東日本大震災の最多の大惨事となってしまった.
20140201_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_02020110404_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_472
地震直後の14:46 ,教職員らの誘導で校舎から校庭へ移動し,クラスごとに整列して点呼を取っていた. 近所の人たちも,学校(釜谷交流会館)なら安全と避難してきた. 14:52 高さ 6m の大津波警報が発令.
20110312_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_45220110312_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_460
学校前にはスクールバスが待機していたが,これを使って逃げようという判断はなかった. また,学校裏には山があったが,「滑りやすい」などとして動かなかった. 何人かの保護者が子どもを引き取りに大川小学校にきていた. 「子どもを引き取る前に名前を書いてから」という教職員の指示に,「そんな時間はない」と無理やり子どもを連れさる保護者もいた. 校庭へ出てから「10m の大津波が来る」というラジオ(15:31;NHK-AM放送)を,助かった小学6年女子児童が聞いている. この時に急いで避難しても,まだ6分の時間があった.
20110311_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_40620110311_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_410
石巻市の防災マニュアルでは,津波対策として「高台に上る」とだけ記載され,具体的な高さは記載されておらず,避難場所は各学校に任されていた. 大川小学校も,事前に避難場所を決めていなかった. 学校裏から徒歩1分の場所に,避難できそうな山がある. 学校の行事として椎茸栽培の実習で登ったこともあり,学校側も知らない山ではなかった. 子どもたちも,昔から登って遊んでいた山だった.
20110331_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_204972120101220_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_730
裏山に登る方法は,子どもたちがよく知っていた. 本能的に危険を感じた6年男子は「山に逃げだ方がいい」と訴えたが,教頭らは動かなかった. 結局,津波に襲われる1分前の 15:36 までの50分間避難行動をせず,世界でも例を見ない大惨事になってしまった. そのころ,ラジオでは「大川小学校に200人が避難している」と報じていた.
20110329_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_61220110324_宮城県石巻市釜谷_石巻市立大川小学校_572
その後,大川小学校裏山への避難は,緩い斜面をたどれば低学年でも5分で安全な高さへ行くことができることが検証されている. 「校庭での50分間,何をしていたのか」,「避難前に津波に流されたのか」,「津波は予見できたのか」などが確認点となっている...続きを読む