千葉県船橋市宮本5丁目船橋大神宮(意富比神社/おふいじんじゃ)には,元日だけで 6万人,総数18万人が初詣にくる. 三が日が過ぎた2015年1月11日(日)にも,多くの市民が訪れている.
2015年1月11日(日)の船橋大神宮(意富比神社).
20150111_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1114_DSC0500720150111_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1115_DSC05008
船橋大神宮では,正月の元旦から3日までの期間に限って灯明台(とうみょうだい)が一般公開される. 灯明台とは,東京湾最古の木造灯台で,千葉県の指定有形民族文化財にもなっている.
20150111_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1120_DSC0503620150111_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1118_DSC05030
灯明台は,木造3階建てで,1階と2階が和風,3階が洋風の造り,高さは 12m ある.1880年(明治13年)に建てられ,船橋の海を守る私設灯台として15年間活躍した.灯台の光は,遠く浦安まで届いたという.
20150111_船橋市宮本5_船橋大神宮_灯明台祭_1124_DSC0503820150111_船橋市宮本5_船橋大神宮_灯明台祭_1125_DSC02897
この灯台の明かりが年に一度だけ灯される. それが,新成人の門出を祝う催しの灯明台祭の日だ. 力強くも暖かな光が,地元新成人の未来を照らす灯台として,灯明台が点灯される. 2015年1月12日(祝)は船橋市の成人式だが,その前夜祭にもなっている.
20150111_船橋市宮本5_船橋大神宮_灯明台祭_1118_DSC0502520150111_船橋市宮本5_船橋大神宮_灯明台祭_1118_DSC05026続きを読む