2011年3月11日(金) 14:46,三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きた. 地震の規模を示すモーメントマグニチュードは 9.0. 日本国内観測史上最大,1900年からの観測で世界第4位の地震だった.
20110313_東北地方太平洋沖地震_地震発生_津波_04020110313_東北地方太平洋沖地震_地震発生_津波_030
三陸沖から遠く離れた関東地方でも大きく揺れ,千葉県震度 6弱, 東京都心で震度 5強を観測. 東京湾岸の,浦安市習志野市,船橋市の埋め立て地などで大きな被害が出た. この地震による死者行方不明者数 1万8517人(2014年3月10日時点),建築物の全壊半壊 40万0151戸にもなった.
20120106_宮城県仙台市_東北地方太平洋沖地震_津波_被害_01220120313_宮城県気仙沼市_陸に打ち上げられた大型船舶_DSC08089E
被害は,宮城県,岩手県,福島県に集中し,ほとんどが大津波によるものだ. 場所によっては波高 10m 以上,最大遡上(そじょう)高は 40.1m 以上にもなっている.
船橋三番瀬海浜公園の流れるプールも液状化のために浮き上がってしまった(その後撤去).
20120526_船橋市潮見町_液状化_道路_0153_047T20120526_船橋三番瀬海浜公園_流れるプール_0151_027T
当初の気象庁の速報では,地震検知約 9秒後に最初の警報(津波警報の発表はなし)を M7.9 で発表. 約 105秒後に地震の規模を M8.1 と推定. さらに,3分を経過した時点で震源を三陸沖 M7.9 と推定した. だが,その後 M9.0 と訂正された. 当初の M7.9 と訂正後の M9.0 とでは,推定される津波の高さがかなり違ってくる. 米国地質調査所(USGS)の情報は,最初から M8.9 を出していたことなどから日本の推定方法に問題があったのはあきらかだ. 大津波警報や津波警報,津波注意報,津波情報をもっと早くだせなかったのか. 実況に応じて,大津波警報への切替えをもっと早くできなかったのか. 反省点は少なくない...続きを読む