船橋駅南口再開発事業の優先街区(第1期整備街区)として,B街区(第1地区)に,地下3階地上14階建ての再開発ビル船橋FACE(船橋フェイス)が2003年3月末に完成した.
20160409_船橋市本町1_一餃入魂東京餃子軒_1615_DSC0119020160409_船橋市本町1_一餃入魂東京餃子軒_1616_DSC01197
その後,京成本線船橋市内連続立体交差事業(海神駅-船橋競馬場駅間2470m)は完了し,京成船橋駅と船橋FACEを接続する連絡デッキが完成した. だが,それ以外の,第2期整備街区および第3期整備街区は10年以上進展がない.
20160319_船橋市本町1_一餃入魂東京餃子軒_1602_DSC0984520160319_船橋市本町1_一餃入魂東京餃子軒_1602_DSC09844
第2期整備街区となるA1街区(パチンコのパラッツォパート3があった場所など)は,準備組合が組織されたものの2013年度に解散してしまい,当初の計画とはまったく関連のないビルを建ててしまった. 船橋市は,2016年度に約700万円をかけて新しいコンセプトで再計画をしなおす.
20160319_船橋市本町1_一餃入魂東京餃子軒_1602_DSC0984220160319_船橋市本町1_一餃入魂東京餃子軒_1602_DSC09843
第3期整備街区となるA2街区とC2街区は,その後の着手となるため,今のスピード感であればあと20-30年以上はかかるものと思われる. そのA2街区に新しいTKビルが建った. このビルも,当初の計画とはまったく関連のないビルだ. この場所にあった老舗純喫茶セピアは,2014年8月31日に完全閉店していた.
20151229_船橋市本町1_一餃入魂東京餃子軒_1123_DSC0151820151229_船橋市本町1_一餃入魂東京餃子軒_1123_DSC01516
そのTKビルの1F に入居したテナントが,東京餃子軒となる...続きを読む