徳川家康(松平家康)は,100年以上続いた戦乱の時代に終止符を打ち,江戸幕府を中心とする264年間続く長期安定政権(幕藩体制)の基盤を確立し,実質的に日本を支配した. 徳川家康は1616年,享年75で死去する. そのなきがらは栃木県日光市の日光東照宮にまつられ,信仰の対象となる. 歴代将軍が参拝(日光社参)している. 特に第3代家光は10回,第4代家綱は16回も参拝している.
習志野市津田沼3丁目の,せんべい専門の新井製菓おせんべいやさん本舗煎遊(せんゆう).
20131214_習志野市津田沼3_おせんべいやさん本舗煎遊_1131_DSC0321020131214_習志野市津田沼3_おせんべいやさん本舗煎遊_1131_DSC03211
東京日本橋を起点として栃木県日光市までの日光街道は,江戸時代に設けられた五街道のひとつだ. 江戸より一里(360歩)ごとに一里塚を設け,半日ぐらい要するところに昼食のための中宿が置かれ,1日のところに宿泊のための大宿(宿駅)が設置された. 原則,30里ごとに設けられた. 草加宿は江戸から4時間くらいの場所で,ちょうどよい休憩場所だった.
20131214_習志野市津田沼3_おせんべいやさん本舗煎遊_1131_DSC0321320131214_習志野市津田沼3_おせんべいやさん本舗煎遊_1131_DSC03212T
休憩といえば,茶屋で旅人に売っていたのがだんごだ. その日売れ残っただんごを,翌日までそのまま残すと雑菌が繁殖して食中毒をおこす. そこで,売れ残っただんごを平たくのばして焼き,それを翌日せんべいとして売った. それが,草加せんべいの始まりだ. 草加せんべいは,いまでも埼玉県草加市の名産品となっている.
20131214_習志野市津田沼3_おせんべいやさん本舗煎遊_04020131214_習志野市津田沼3_おせんべいやさん本舗煎遊_052
かた焼きの草加せんべいの伝統を引き継ぎ,新井製菓(本社・埼玉県深谷市)が2000年に発売したのが黒胡椒せんだ. ゴマでなく,胡椒(こしょう)を使った元祖といわれている.
20131214_習志野市津田沼3_おせんべいやさん本舗煎遊_02020131214_習志野市津田沼3_おせんべいやさん本舗煎遊_032
スナック菓子におされていたせんべいを,マレーシア産を中心としたブラックペッパーを使ってインパクトのあるスナック感覚の菓子とした.
人気ブログランキングへ