2011年3月11日(金) 14:46 太平洋三陸沖を震源として発生したのが,東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)だった. 岩手県沖から茨城県沖にかけての長さ約 500km にもおよぶ広範囲の海溝型地震で,地震の規模を示すマグニチュードは Mw9.0, 日本の近代観測史上最大の超巨大地震となった.
20140916_船橋市西船1_船橋市西図書館_新施設_21220140916_船橋市西船1_船橋市西図書館_新施設_220
震源域から数百キロも離れた関東圏でも大きく揺れ,千葉県浦安市船橋市,習志野市,千葉市幕張新都心でも震度5強を記録し,国道14号(千葉街道)より南(海側)の東京湾埋め立て地域で大規模な液状化の被害がでた.
20140928_船橋市西船1_船橋市西図書館_新施設_0911_DSC0949420140916_船橋市西船1_船橋市西図書館_新施設_114
船橋市の京成西船駅から徒歩4分ほどの場所にあった,船橋市西図書館(千葉県船橋市西船4丁目)でも大きな被害が出る. 西図書館の柱や天井にひび割れが起き,安全確保のために休館せざるをえなくなってしまう.
2014年9月17日時点の新船橋市西図書館の工事.
20140917_船橋市西船1_船橋市西図書館_新施設_1223_DSC07184T20140917_船橋市西船1_船橋市西図書館_新施設_1223_DSC07191
旧西図書館は立ち入り禁止となり,300m ほど離れた一般国道14号ぞいの民間テナントビル(千葉県船橋市西船5丁目)に,仮西図書館を設置して業務を再開することになる.
20140917_船橋市西船1_船橋市西図書館_新施設_1223_DSC0718620140917_船橋市西船1_船橋市西図書館_新施設_1223_DSC07188T
旧西図書館の耐震補強工事ではなく,JR西船橋駅北口から東側へ総武線沿いに約 330m ほどの場所に,移転建替えすることとなった. 新西図書館のオープンは2016年10月ごろになる予定だ. では,この新西図書館が建設されている場所はどのようなところだったのだろうか...続きを読む