新型コロナウィルス感染症(COVID-19)」のため,飲食店の休業や営業時間の短縮が相つぎ,どこの飲み屋街(夜の街)も閑散としている。
20200724_1048_日本酒_檸檬ロック_サムライロック_DSC0049511W
テレワーク(在宅勤務)や自主的な外出自粛もあり,自宅が「おうち居酒屋(巣ごもり居酒屋)」となっている。特に,高齢者ほど重症化しやすいということから,高齢者の自粛が多いようだ。
20200724_1047_日本酒_檸檬ロック_サムライロック_DSC004921W
おうち居酒屋」では,アルコール類の種類や飲み方,飲酒量も変わっている。飲食店から自宅に移ったとはいえないようだ。コロナ禍(カ)の中,「日本酒」の出荷量を見てみると,2020年2月が前年同月比9%減,3月が12%減,4月が21%減,5月が21%減と激減している。
20200725_1200_日本酒_檸檬ロック_サムライロック_172W
そもそも,「日本酒離れ」は今始まった問題ではない。昭和初期に日本全国で 7,000以上もあった「酒蔵」はつぎつぎに廃業し,現在は,1,400程度となってしまった。
20200726_1200_日本酒_清酒酒造者数の推移_114
日本酒の消費数量も,1975年をピークに減少を続け,最盛期の1/3まで減少している。
20200725_1200_日本酒_檸檬ロック_サムライロック_232W
近年においては,アルコール全消費量も減少している。アルコールの種類が多様化し,安い発泡酒(第三のビール)やリキュール(チューハイ)などが増えているものの,ビールと日本酒は減る一方だ。
▼酒類の消費数量推移。
20200726_1200_酒類の消費数量推移_114W
特に,「若者のアルコール離れ」が言われる昨今だが,勤め先での「昔ながらの飲みニュケーション」も敬遠され,高齢者の消費量も徐じょに減ってきている。高年齢になるほど,アルコール分解機能も低下する。
20200725_1200_日本酒_檸檬ロック_サムライロック_152W
日本酒」の減少は,消費者側の変化だけではない。
続きを読む