船橋市の西船橋駅から八千代市の東葉勝田台駅までの東葉高速鉄道東葉高速線は,1996年(平成8年)4月27日(土)に開業し,2016年(平成28年)4月27日で開業20周年を迎えた. この間,船橋市や八千代市,その周辺都市の通勤,通学,買い物の足として,運転無事故の記録を継続している.
20160820_東葉高速鉄道_東葉高速線_路線地図_22220160820_東葉高速鉄道_東葉高速線_路線地図_212
開業20周年記念を迎えるにあたり,「地域とともに20年,未来につなぐ感謝の心」をキャッチフレーズに,各種イベントや20周年記念きっぷの販売,20周年記念ヘッドマークとラッピング車の運行(2016年4月16日-5月15日)などを企画し実施している.
20160828_東葉高速鉄道_東葉高速線_12020160828_東葉高速鉄道_東葉高速線_130
東葉高速線は,西船橋駅≪駅ナンバリング:TR01≫から八千代市の東葉勝田台駅≪TR09≫までの 16.2km の路線で,途中8つの駅がある. 北習志野駅≪TR04≫では,新京成線北習志野駅≪SL19≫と接続している.
20160429_東葉高速鉄道_東葉高速線_0942_DSC0382320160828_東葉高速鉄道_東葉高速線_112
東葉高速線の駅平均間隔は 2km だが,船橋市の東海神駅≪TR02≫と飯山満駅≪TR03≫間だけは 4.0km あり,ほぼ中間点になる場所(千葉県船橋市米ケ崎町あたり)に新駅(東葉船橋中央駅か?)の設置計画がある. 新駅近くは,33年前(1983年)に開設された船橋市立医療センターの建てかえ先候補地にもなっている.
20111009_東葉高速鉄道_東葉高速線_船橋中央駅_0935_DSC0805520111009_東葉高速鉄道_東葉高速線_船橋中央駅_0935_DSC08061
東葉高速線は,東京メトロ(旧,帝都高速度交通営団)東西線(東京地下鉄5号線)と直通運転(相互乗り入れ)をおこなっている. 当初は,東西線の延伸路線として計画され,営団勝田台線とも言われていた.
20160429_東葉高速鉄道_東葉高速線_0941_DSC0381220160429_東葉高速鉄道_東葉高速線_0941_DSC03813
もともとは,都営地下鉄新宿線(東京地下鉄10号線)の路線(1973年免許取得,1989年開業)の市川市の本八幡駅≪S21≫の延伸路線として,船橋市の行田団地を経由し,新京成線習志野駅≪SL20≫を経由して,八千代市の萱田(かやだ)方面へ向かうの路線だっだ.
20081018_都営10号線延伸新線_都営新宿線_01220081018_都営10号線延伸新線_都営新宿線_022
東京都心の西に多摩ニュータウン計画(計画人口 34万人)が1964年に立ち上がり,さらに東に千葉ニュータウン計画(当初の計画人口 34万人)が1966年に立ち上がる. 同じころ,新国際空港(現,成田国際空港)計画が1962年に閣議決定していた.
20081018_都営10号線延伸新線_都営新宿線_052
東京都心から新国際空港まではまでは約 60km にもなることから,東京駅(現在の京葉線ホーム)から東西線と並行しながら千葉県浦安市,市川市行徳地区を通過(この区間は高架橋)し,船橋市の行田団地(この区間は地下だったものと思われる)をかすめながら新鎌ヶ谷駅西側付近を通過,千葉ニュータウンを経由して新国際空港まで接続する空港連絡新線が計画される. これが,幻の成田新幹線だった...
続きを読む