習志野市の京成津田沼駅を出て南側へ3分くらい歩いたところから,海岸線方向の国道14号までの約500m の商店街がある. 愛称は「ワイがや通り」と呼ぶ. 正式名は,千葉県道204号津田沼停車場線となる.
20100102_習志野市津田沼4_広瀬酒店_ヒロセ_11020100102_習志野市津田沼4_広瀬酒店_ヒロセ_1150_DSC05148
ここは,江戸時代後期から発展した古い通りだ. だが,1977年ごろから津田沼駅北口側にイトーヨーカドー,長崎屋,パルコ,西友が出店. 駅南口側にダイエー(高島屋)が出店し,津田沼駅をはさんだ津田沼流通戦争(津田沼戦争)が勃発する. それに「ワイがや通り商店街」が巻き込まれるように衰退し,シャッター通りと化している.
20100102_習志野市津田沼4_広瀬酒店_ヒロセ_12020100102_習志野市津田沼4_広瀬酒店_ヒロセ_1150_DSC05147
その数少ない商店のひとつに,酒と食品をあつかう広瀬酒店(習志野市津田沼4丁目)がある.
20100102_習志野市津田沼4_広瀬酒店_ヒロセ_1149_DSC0513520100102_習志野市津田沼4_広瀬酒店_ヒロセ_1150_DSC05141
ここに設置されている自動販売機が面白い...続きを読む