東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

小型自動車競走運営協議会

ギャンブルは今@船橋オートレース場閉場式に森田健作千葉県知事に帰れ帰れの大怒号(47)

船橋市の松戸徹市長と千葉県の平井俊行総務部長が厳しい顔つきで席についた. そして,平井俊行総務部長は重い口を開いた「2015年度末で船橋オートレース場を廃止する」と. 2014年8月12日(火)におこなわれた船橋市千葉県の突然の合同会見だった. 入場者数減少や車券売上額減少が今後も続くこと,今後約14億円の設備投資が必要となることを廃止理由とした. 森田健作千葉県知事も,「税金を投入してまで存続するのは,いかがなものか」と廃止容認の方向を表明した.
20150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1455_5620150426_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1455_42T
そして2016年3月21日(月/秋分の日振替休日),船橋オートレース場にておこなわれた,「特別G1共同通信社杯プレミアムカップ優勝戦(12レース)」をラストレースに,船橋オートレース場は完全に閉場された. では,船橋オートレース場はどのような経緯で船橋に設置されたのだろうか.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1125_DSC00596T20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1127_DSC00622
1938年(昭和13年)の国家総動員法と1939年(昭和14年)の軍馬資源保護法の公布により多くの地方競馬場は廃止され,少なくなった地方競馬は軍馬に適したアングロアラブ種(通称,アラブ)に変更される. 競馬も障害競走や繋駕速歩競走(けいがそくほきょうそう=1人乗りの二輪馬車)になっていく. 戦争が長引くにつれ,日本の馬の半分以上が軍馬として戦地へ送られた.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1506_DSC0420020160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1506_DSC04204
悪路に向かないサラブレッド種は,千葉県市川国府台にあった千葉県血清研究所などが中心となって,天然痘ワクチンなどの製造に使われた. 1945年8月6日のヒロシマへのウラン型原子爆弾の投下. 8月9日のナガサキへのプルトニウム型原子爆弾の投下. そして,8月15日正午の玉音放送をもって終戦となる.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1508_DSC0421220160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1505_DSC04199
戦後すぐの1946年11月に,復興財源確保のために地方競馬法(現,農林水産省管轄)が施行される. 全国で61カ所に地方競馬場が設置されたが,戦争のために競走馬が足りず,開催することすらできない競馬場も多かった. そこで,馬を必要としない公営競技として,1948年に自転車競技法(現,通商産業省管轄)が施行されて競輪が開始される. さらに1950年に,小型自動車競走法(現,通商産業省管轄)が施行されオートレースが開始. 1951年にモーターボート競走法(現,運輸科学省管轄)によって競艇と,つぎつぎに競馬以外の公営競技が立ち上がる.
ラスト開催となった船橋オートレース場には,1万2739人ものオートファンが押し寄せた.
20160321_船橋オートレース場_最終レース_1628_29120160321_船橋オートレース場_最終レース_1627_502
日本で初めてオートレースが開催されたのは,1950年(昭和25年)10月29日からだ. 船橋競馬場を使って千葉県が主催したものだった. 当時はまだ,専用のオートレース場はなく,船橋競馬場のダートコースを使っての開催で舗装もされていない. これが,「オートレース発祥の地」とされる由縁である.
20160321_船橋オートレース場_最終レース_1634_C0004220160321_船橋オートレース場_最終レース_1652_462
当初の基準では,船橋は開催者になれなかった. その後1954年(昭和29年)6月に小型自動車競走法が改正され,大都市以外でもオートレース場が設置された市町村が主催できるようになる. 船橋が主催に加わったのは,1955年3月18日からとなる. 当時の船橋市の人口は10万人(現,約62万人)程度しかなく,地方の小さな都市に過ぎなかった.
20160321_船橋オートレース場_最終レース_1637_33220160321_船橋オートレース場_最終レース_1637_333
しかし,オートバイやレーシングカーの凄まじい爆音に競走馬がおびえ,競馬レースに影響が出る. 競馬ファンからのクレームもあり,競馬場を使ったオートレースの開催はできなくなってしまう.
20160321_船橋オートレース場_最終レース_1637_33720160321_船橋オートレース場_最終レース_1637_338
当時,船橋ヘルスセンター(ららぽーとTOKYO-BAYの前身)の開発と運営をおこなっていたのが朝日土地興業(現,三井不動産に吸収)だが,自動車レースの船橋サーキット場も運営していた.
船橋市浜町2_あのとき_船橋サーキット_014船橋市浜町2_あのとき_船橋サーキット_022
しかし,船橋サーキット場の経営が思わしくなかったことから,オートレース場に転用する. そして,現在の船橋オートレース場が1968年にスタートする. その後,オートレースの収益は,船橋市の一般会計に大きく貢献し,公園や学校の整備に広く役立てられることになる.
20160321_船橋オートレース場_最終レース_1637_33920160321_船橋オートレース場_最終レース_1637_3310
だが,オートレースは新たな客を開拓できず,しだいに衰退していく. 船橋開催のオートレースは,2016年3月21日(月)を最後に65年の幕をおろした.
20160321_船橋オートレース場_最終レース_1724_07220160321_船橋オートレース場_最終レース_1724_073
12レースの優勝戦では,地元船橋所属の永井大介が優勝,2着に青山周平,3着に中村雅人が入り,全員地元選手で上位を独占した. 「戦う支部長」こと永井大介は,通算17回目のG1制覇となった.
オートレースファンの近くで最後の挨拶をしたいと,森田健作千葉県知事と並ぶことを拒否した地元船橋所属の永井大介選手.
20160321_船橋オートレース場_最終レース_1724_07820160321_船橋オートレース場_最終レース_1724_077
しかし,表彰式で森田健作千葉県知事が登壇すると,船橋オートレース場は一変する...続きを読む

ギャンブルは今@船橋オートレース場の廃止問題(46)

船橋市の松戸徹市長と千葉県の平井俊行総務部長が厳しい顔つきで席についた. そして,平井俊行総務部長は重い口を開いた「2015年度末で船橋オートレース場を廃止する」と. 2014年8月12日(火)におこなわれた船橋市千葉県の突然の合同会見だった. 「事業継続の場合,建物のスタンド耐震化や走路改修など大規模な設備投資が必要なこと」などを廃止(撤退)理由としている.
20160331_船橋市浜町2_船橋オートレース場_11020160331_船橋市浜町2_船橋オートレース場_150
実は,これよりも8日前の8月4日(月),オートレースの最高意思決定機関「小型自動車競走運営協議会(JKA)が東京都内で開催されて,船橋オートレース場の廃止が討議される」との情報がオートレース関係者からリークがあったことから,オートレースファンからは「やはり,ダメだったのか」との落胆の声が出ていた.
20160331_船橋市浜町2_船橋オートレース場_12020160331_船橋市浜町2_船橋オートレース場_130
さらに2004年9月11日にも,「船橋市がオートレース事業から撤退する方針を固めた」とするとの報道がサンケイ新聞からスクープされている. この報道に対して当時の旧藤代孝七船橋市長は,「現在船橋市ではオートレース事業の収支改善のために計画に基づいて鋭意努力をつづけているところであり,撤退する方針を固めたという事実は一切ない」と,抗議文を出している. 閉鎖した場合の従業員の退職金算定など,具体的な費用の算定作業を「極秘」でおこなっていたが,その情報が漏れてしまったようだ.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1119_DSC0380820160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1137_DSC03860
それまでも,船橋オートレース場の廃止問題は何度となく噂にはなっていた. 2004年の廃止に関する記事も,2003年度(平成15年度)に千葉県の包括外部監査人が出した「船橋オートレース事業の財務事務執行」のレポートが発端となっていると思われる. 包括外部監査人の代表は,公認会計士の藤代政夫(現,千葉県議会議員ふじしろ政夫)だが,実際にレポートをまとめたのはトーマスコンサルティングとなる.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1458_DSC0416820160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1125_DSC00595
このレポートでは,いくつかの問題点を指摘している. そのひとつが,同じ千葉県開催(松戸市主催)の松戸競輪事業船橋オートレース事業の会計がダンゴ状態の会計になっていることだった. それぞれの事業が,千葉県の一般会計に繰り入れられていれば明朗な会計ではあるが,実態は松戸競輪事業の黒字が船橋オートレース事業の赤字に充てられている状態(実質上税金で補てんしている状態)になっていて,船橋オートレース事業の赤字が千葉県民に見えにくい状態になっていた.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1125_DSC0059820160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1126_DSC00617
またレポートでは,「千葉県の一般会計への繰り出しが長期的にできなければ,(共同開催者である)船橋市などと協議を行い,船橋オートレース事業からの撤退をすべし」と提言している. この時の調査内容をサンケイ新聞記者が記事にしたものと思われる.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1126_DSC0062120160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1126_DSC00614
だが,廃止決定寸前の船橋オートレース場に助け舟を出したのが,競艇(ボート)の生みの親笹川良一の息子笹川尭が設立した日本トーター(現在は,孫にあたる笹川博義)だった. 日本トーターは,包括的民営委託方式を提案し,たとえ船橋オートレース事業が赤字が続いたとしても,運営母体となる船橋市や千葉県は必ず黒字になるという「夢」のような提案(契約)であった.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1501_DSC0417320160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1501_DSC04174
また,日本トーターは,ボートピア習志野の運営も包括民間委託していて,競馬競技を除く公営競技の実質上の独占を狙っている. ボートピア習志野は,東洋エンジニアリングの不動産子会社であるテックエステートが運営母体にはなってはいる. 不動産会社に運営ができるはずもなく,日本トーターが事実上の経営者となる.
20160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1518_DSC0423720160131_船橋市浜町2_船橋オートレース場_1518_DSC04239
そのような「夢」のような経営が長続きするはずもない. 日本トーターは事業の赤字を吸収するばかりか,主催者を黒字にするために年間4000万円をも船橋市などに納金しなければならない. 結局,日本トーターは2013年度末での契約更新をせず,船橋オートレース事業にかかわらないことを決断した. 船橋オートレースだけでなく,オートレースそのものを見捨てたのかもしれない.続きを読む

ギャンブルは今@船橋オートレース場の廃止問題(41)

そりゃないでしょう!2014年4月から船橋オート選手会船橋支部長になったばかりのオートレース賞金王永井(37歳)が激怒した. 2014年8月5日(火)夜,船橋オート場で行われた緊急記者会見のことだった.
20140615_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1301_DSC0689920140615_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1302_DSC06900
船橋オートが,2015年度末(2016年3月末)で完全廃止される方向であることが,2014年8月4日(月)に明らかになったからだ. 8月7日(金)に行われる(公)JKA日本自転車振興会+日本小型自動車振興会)の結果を,千葉県船橋市が共同で会見をおこなう矢先のことだった.
20140622_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1540_DSC0813620140622_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1541_DSC08138
(公)JKAと,千葉県,船橋市との間ではすでに水面下で調整をしていたと考えられ,その情報を何者かがリーク(漏えい)し,それをスポーツ報知がスッパ抜いたものだった.
20140615_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1247_DSC0685820140615_船橋市浜町2_船橋オートレース場_廃止_1247_DSC06859
記者会見で永井は,「何とか存続させたいと,賞金減額による補てん金捻出など,あれこれ知恵を絞っているときに,選手会には何の相談もなく,一方的に廃止決定報道が出てしまった. そりゃないでしょう!.」と訴えたのだ. だが,8月12日(火)千葉県と船橋市(松戸徹船橋市長)は,「公営競技の船橋オートレース事業を2015年度末(2016年3月末)で廃止する」と正式に発表した.
20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1037_DSC00154E20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1035_DSC00134E
オートレースの始まりは,1950年(昭和25年)5月27日に小型自動車競走法(通産省管轄,現経済産業省)が公布施行されて公営オートレースは始まった.
20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1037_DSC00156E20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1036_DSC00147E
当初の施行者は,都道府県内1カ所と京都市,大阪市,横浜市,神戸市,名古屋市の大都市に限られたため,船橋市は施行者になれなかった.
▼船橋ヘルスセンター専属女子音楽隊がイベントに参加. ▼1950年10月29日の第1回オートレースと思われる.
20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1035_DSC00131E20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1036_DSC00145E
1950年(昭和25年)10月29日,全国で初めて千葉県の主催で第1回オートレースが開催された. 当時はまだ,専用の船橋オートレース場はなく,船橋競馬場のダートコースを使っての開催で,コースも舗装化されていなかった.
20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1035_DSC00132E20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1037_DSC00158E
その後,1954年(昭和29年)6月に小型自動車競走法が改正され,新たにオートレース場が設置された市町村も施行できるようになった. これにより,船橋オートレース発祥の地とよばれるようになる.
20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1036_DSC00140E20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1035_DSC00137E
だが,凄まじい爆音により競走馬への影響が大きく,競馬場を使っての施行はできなくなってしまう. 新しいオートレース場設置に対して,船橋市と市川市が手をあげ,激しい誘致合戦を繰り広げた. 結果,すでに実績のあった船橋市千葉県の共同施行となる.
20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1037_DSC00158E20130407_船橋市浜町2_あのとき_船橋オートレース場_1035_DSC00138E
船橋市には,まだ移転先のめどはなかった. 船橋ヘルスセンター(ららぽーとTOKYO-BAYの前身)を運営していた朝日土地興業は,自動車レースの船橋サーキット場も運営していた.
▼わずか2年で閉鎖に追い込まれた船橋サーキット場.
船橋市浜町2_あのとき_船橋サーキット_012船橋市浜町2_あのとき_船橋サーキット_022
経営が思わしくなかったサーキット場はすでに閉鎖になっていたが,その施設の一部使って,オートレース場を移転する...続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit_funabashi

タグクラウド
ギャラリー
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)