駅ホームに設置された自動販売機の脇には,空き缶やペットボトル,ビン(ボトル)などの回収ボックスが設置されている. だが,空き缶やペットボトルを回収するためのボックスを設置しなければならないといった法律があるわけではない.
20080225_JR東日本_ゴミ箱分別回収_0904_DSC0004020080415_JR東日本_ゴミ箱分別回収_0708_DSC07653
1995年6月に成立(2000年4月完全施行)した容器包装リサイクル法によって分別収集をして資源としなければならないことになっている. だが,アルミ缶やスチール缶,紙パック容器については,市町村の分別収集の対象(有価物)にはなるため,国のリサイクルの義務にはなっていない.
20070823_JR東日本_ゴミ箱分別回収_2159_P823009520070813_JR東日本_ゴミ箱分別回収_2052_DSC00489
船橋市においては,1998年に「ポイ捨て防止条例」によって,「自動販売機の設置または管理を行う事業者は,空き缶などの回収容器を設置して適正に管理(回収)しなければならない」. 木更津市においても1996年に「まちをきれいにする条例」によって,「自動販売機を設置して飲料などを販売する業者は,適切な場所に空き缶などの回収設備を設けて適正に管理(回収)しなければならない」としている.
20150225_JR東日本_ゴミ箱_分別回収_1847_DSC0267320150225_JR東日本_ゴミ箱_分別回収_1847_DSC02671
駅ホームに設置された回収ボックスには,客に分別を促すために複数の回収口を設けたものが多くなっている. だが,ここの回収ボックスは何をしたいのかわからない...続きを読む