千葉県富津市田倉の鹿野山(かのうざん)の鬼泪山(きなだやま)頂上付近に,マザー牧場がある.
20151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1036_2820151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1036_DSC01219
マザー牧場は,関東圏最大級の観光牧場で,250ha(東京ドームの約60個分)の広大な敷地に,四季の花や動物たちとふれあえるテーマパーク(観光牧場)となっている.
20151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1036_DSC0122020151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1136_DSC01240
参加型のアトラクションとして人気があるのが,1970年(昭和45年)4月からおこなわれている子ブタのレースだ.
20151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1053_DSC0122220151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1100_DSC01227
1コマあたり4レース,1レース6人で競争する. ブタの背中や尻を叩きながら先にゴールする. 競馬に似たルールで,競豚と言えばよいのだろうか. 子ブタのレースへの参加は,原則3歳から小学生までの子どもとなる.
20151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1111_C002501020151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1113_C0027010
1コマあたり24人が参加できるが,毎回100人-150人の申し込みがあり,ここからの抽選となる. 抽選券は,15分前から配布される.
20151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1115_C002801020151003_千葉県富津市田倉_マザー牧場_子ブタのレース_1115_C0028020
また,1口500円で1着豚を当てる単勝形式投票もできる. 豚券ではなく,ゼッケンをつけたブタのぬいぐるみを500円でレース会場で購入するしくみとなっている. 予想したぬいぐるみが優勝すると,親豚のクッションがもらえる...続きを読む