2011年3月11日(金)14:46 に発生した東北地方太平洋沖地震により,福島第1原発は大きなダメージを受けた. 「ただちに影響がない」と原子力安全保安院(保安院)が説明する会場のテレビには,福島第1原発の大爆発映像が生中継されていた. 原子炉を維持するための全ての電源を失い暴走し,つぎつぎに大爆発をおこしたのだった.
千葉県千葉市美浜区から習志野市にかけて設置されているJR東日本京葉車両センター.
20131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_04020131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_052
その東北地方太平洋沖地震から2014年3月11日で3年となる. 史上最悪の原子力発電所の事故を教訓に,再生可能エネルギーが増えている.
20131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1240_DSC0223020131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1240_DSC02232
再生可能エネルギーとは,石炭や石油などの化石燃料や原子力などいずれ資源が枯渇するエネルギー以外の,太陽光や太陽熱,水力,風力,バイオマス,地熱など,自然からたえず得られるクリーンなエネルギーをいう.
20131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1240_DSC0223320131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1240_DSC02234
当初,各電力会社は,原子力発電所が稼働しなければ,電力を大量に消費する真夏や真冬に大停電がおきると説明していたが,54基の原子力発電所が停止していても,一度も大停電はおきていない.
20131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1241_DSC0223620131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1241_DSC02237T
2012年7月から始めた固定価格買い取り制度の後押しもあり,2013年11月までに新たに稼働した太陽光や風力などの発電設備容量は645万3000kwになった.
20131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1241_DSC02238T20131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1241_DSC02239T
国内の大型原発の 6基分にもなる. その内訳は,太陽光が625万8000kw,風力が7万2000km,バイオマス発電が11万8000kwと,ほとんどが太陽光発電となっている.
20131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1241_DSC0224120131208_JR東日本_京葉車両センター_太陽電池_1241_DSC02243
国が認定した設備容量は 2796万9000kw に達し,認定設備全てが稼働できれば大型原発 26基分にもなる. JR東日本も,大規模太陽光発電設備を積極的に導入し初めている...続きを読む