船橋市などで,2016年6月23日早朝ごろから「トンボが大量に発生している」と,電子掲示板やツイッターなどで書き込みが急増した. 同じような報告は,市川市や柏市,佐倉市,成田市などでも報告が出ている.
20160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_26220160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_214
トンボの大量発生事態は珍しいことではない. かつて,秋になるとトンボの大群は毎年のように起きていた. そのほとんどが,群で活動することが多いアキアカネだ. 通称赤トンボといわれるトンボだ.
20160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_22420160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_282
今回のトンボの姿を見ると,オレンジ色(橙色)がほとんど. 赤トンボ特有の赤色ではない. トンボは,流れが緩やかな川や沼,学校のプールなどで幼虫であるヤゴ(水蠆)が育つ. 6月から7月にかけて羽化しトンボの成虫になる. 羽化したばかりの未成熟のころは,オレンジ色(橙色)で,交尾や産卵の生殖時期になるころに真っ赤なトンボになる.
20160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_23420160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_238
20160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_44820160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_452
一般的に,赤トンボと呼ばれているトンボで,成虫になった時期や大きさ,ハネの模様などからアキアカネまたはナツアカネではないかと思われる. 昆虫図鑑を片手に観察しても,アキアカネナツアカネの判別は素人には難しい.
20160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_45820160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_492
多くの赤トンボ(アカネ属)は,秋に産卵して卵で冬を越し,春にふ化(孵化)して初夏にう化(羽化)する. 1年で1世代となる. アキアカネナツアカネの生息の仕方は異なる. アキアカネは,6月ごろ平地でう化(幼虫から成虫)し,すぐに山地などの涼しいところに移動する. 30km から 50km も移動することもある. そして涼しくなる秋に,元の平地に戻ってくる. ナツアカネも6月ごろう化するが,夏でも涼しいところには移動しない習性がある.
20160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_42220160625_トンボ_ナツアカネ_ヤゴ_412
また,アキアカネは,水がないと産卵できないが,ナツアカネは乾いた田んぼなどに空中から産卵するといわれている. では今回のトンボは,どこからやってきたのだろうか. また,なぜ大量発生したのだろうか...続きを読む