乱世,戦国時代から天下太平(天下泰平)の平和な時代を作り上げたのが,江戸幕府の初代将軍徳川家康だ. ヨーロッパ諸国のほとんどが王や貴族階級による強力な絶対王政(絶対君主制)や封建制を敷き,富と権力を独占していたのに対して,江戸幕府の武士が握っていたのは権力だけだった. この日本独自の幕藩体制(封建制に近い)が,265年間も続く世界でも稀に見る政府となる.
江戸時代の日本橋魚河岸(左). 江戸時代の東海道品川宿(右).
20160829_江戸時代_繁栄_魚河岸_日本橋_魚河岸_11220160829_江戸時代_東海道_品川宿_御殿山_青物横丁_112
当時,全国に200あまりの大名(藩主)がいたが,武家を統制するために武家諸法度(1615年)を発し,新規築城の禁止(一国一城),藩同士の政略結婚の禁止,参勤交代の実施(3代将軍家光から)などをおこなって武家を厳しく統制したものの,かなりの権限は各藩などにゆだれられていた. 戦乱に明け暮れていた時代から平和な世の中になり,膨大な戦費を水利事業などの土木作業に振り向けられるようになり,農業生産性も向上していく.
江戸時代の永代橋の風景(左). 江戸時代の下絵国府ノ台(右).
20160829_江戸時代_江戸名所之内_永代橋の風景_佃島_隅田川_11220160829_江戸時代_下絵国府ノ台_利根川_江戸川_市川市_112
江戸幕府の財政を支えたのは,各藩から年貢として徴収されるだ. その輸送のために,水道路が整備されていく. 江戸時代初期におこなわれたのが,隅田川から中川を結ぶ運河(水路)の開削で,行徳の浜でできた塩を安全に江戸まで運ぶためのものであった. さらに,東北の各藩からからの米や薪(マキ)や炭の原料となる木材などを積んだ船は,石巻(宮城県)で積み替えして外洋船で太平洋を南下し,房総半島を大廻りして江戸へ入るルートとなる. だが,より安全な銚子から利根川を上流に上り,ふたたび江戸川を下るルートが多用されるようになる.
江戸時代の東北地方(仙台や三陸沖など)からの航路.
20160829_江戸時代_江戸幕府_航路_利根川_年貢_118
利根川の浅瀬を通過するため,船体は小さく底が平たい高瀬舟に積み替えをおこなうことになる. 舟運の中継地となる船着場(河岸)が,潮来(いたこ,茨城県)や佐原(千葉県)であった. 現在の印西市立木下小学校近隣にあった木下河岸(きおろしがし)でも,東北産米や材木やたきぎなどの津出し(陸揚げ)をおこなっていた. また,銚子に水揚げされた魚貝類もここで津出しされていた.
市川の高台からみた江戸川(利根川)の高瀬舟(左). 江戸川の高瀬舟(左).
20160829_利根川_高瀬舟_1反帆_2反帆_市川_鴻之臺公園_江戸川_13220160829_利根川_利根川_高瀬舟_1反帆_2反帆_市川_歸帆_122
江戸時代前期の利根川は,東京湾(江戸の内海)へ流れていた. 徳川家康が江戸に入り関東地域の開発を行うことから,利根川の流れを銚子の太平洋側に流れるように付け替えるという構想をたてる. これを,利根川東遷(とねがわとうせん)という. 測量の技術も乏しいかったことから何度も失敗し,さらに大災害にも見舞われ,プロジェクトがスタートしてから60年後の1654年(承応3年),利根川常陸川(ひたちがわ)を結ぶ赤堀川(あかぼりがわ)の開削をもって今日の利根川の原型が完成する.
利根川の高瀬舟.
20160829_利根川_利根川_高瀬舟_1反帆_2反帆_潮來の歸帆_11220160829_利根川_高瀬舟_1反帆_2反帆_積荷_積み替え_110
利根川を太平洋側に引き込むための赤堀川の川幅は,当初7間(12.6m)しかなかった. これからもわかるように,江戸を水害から守るにはほとんど役に立たず,東北(伊達藩)と江戸を結ぶ舟運の開発のためであった. 1809年(文化6年)に赤堀川を40間(約72m)に拡幅させ,利根川洪水を常陸川に流すことができるようになった.
20160827_千葉県印西市施行20周年記念花火大会_11220160827_千葉県印西市施行20周年記念花火大会_122
利根川東遷が完成する前から,銚子と江戸の間の物流はは,舟運陸運を組み合わせてつながっていた. 江戸中期になると,江戸の人口は100万人を超え,江戸前と言われた東京湾(江戸の内海)の魚貝類だけでは供給が間に合わなくなっていて,銚子沖で獲れた大型の魚が求められた. 銚子沖は,親潮と黒潮が接触するので魚が集まり,日本の四大漁場のひとつになっている.
20090320_関東平野_印西市_15220090320_印西市_142
銚子に水揚げされた魚は,腐らないように血抜きや内臓が取り除かれ,塩や笹の葉に挟むなど防腐処置されて,その日の夕方には銚子を出発. 船は高瀬舟と呼ばれ,4人-6人が乗りこんだ. 利根川約80kmを遡上し,中流の現印西市の木下河岸(きおろしがし)で津出し(陸揚げ)をし,木下街道(きおろしかいどう,現千葉県道59号市川印西線)を使って,印西大森宿-白井宿-鎌ケ谷宿-船橋馬込沢-法典-市川鬼越-八幡宿を経由して旧江戸川ぞいの本行徳河岸までの約9里(約36km)の道のりを馬で陸送する. 1時間あたり 4km で計算すると,約9時間ほど陸送にかかっていたものと思われる.
20160828_木下街道_千葉県道59号_市川印西線_52220160828_木下街道_千葉県道59号_市川印西線_532
さらに,本行徳河岸からふたたび船に乗せ,旧江戸川から中川結ぶ新川運河-中川から隅田川を結ぶ小名木川運河を経由して,日本橋小網町の魚河岸(うおがし)の魚市場まで運んでいた. 積み出してから夜通しで運んで3日目の早朝の朝市で,魚は販売された. 現代の物流システムに似たしくみが,すでに江戸時代にできあがっていた. 木下街道(きおろしかいどう)は,生鮮食品を運んだ道ということから,別名「下総鮮魚街道」,「なま道」などと言われた.
20160829_日本橋_魚河岸_21220160829_日本橋_魚河岸_222
その印西市木下河岸(きおろしがし)近くの利根川河川敷で,印西市主催の花火大会が2016年8月27日夜に開催された. いや,開催される予定だったが,中止となった. 印西市市制施行20周年記念の花火大会のはずだった. 印西市は,この花火大会のために4000万円を事業費を投じ,8800発を打ち上げ,約6万人の動員を見込んでいた. だが,この花火大会の中止をめぐって,委託先に事業者ともめにもめている...続きを読む