花と緑の東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)は,四季折々の花々が咲き誇る自然体験型のテーマパークだ. 1999年に着工し,2001年3月に開園した. 場所は,千葉房総半島のド真ん中の袖ケ浦市にある. 近くには,三井アウトレットパーク木更津マザー牧場などがある.
20150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1449_DSC0927020150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1450_DSC09272
クルマの場合,道路の混雑状況にもよるが,川崎から東京湾アクアライン(うみほたる)経由で50分ほどでいける. また,南船橋地区ならば,京葉道路花輪ICから館山自動車道姉崎袖ヶ浦IC経由で50分ほどになる.
20150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1450_DSC0927720150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1450_DSC09275
電車とバスであれば,JR千葉駅から房総半島縦断高速バスカピーナ号(鴨川亀田病院行)で東京ドイツ村前バス停で下車する. 時間は 40分ほどになる.
20150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1451_DSC0928620150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1451_DSC09282
東京ドイツ村の敷地面積は 89万m2(27万坪)もあり,東京ドーム換算で約27倍にもなる.
20150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1301_DSC0910020150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1303_DSC09106
「自然と人が共に過ごせる」を基本コンセプトとして,芝生の丘を中心にボート池や,子供動物園,アミューズメントエリア,フラワーガーデンなどのエリアがある. 観覧車やキッズコースター,108ホールもある本格的なパターゴルフコースなどと子どもから大人まで楽しめる施設となっている.
20150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1310_DSC0911920150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1310_DSC09123
東京ドイツ村といっても,ドイツっぽいものは多くない. 食べ物であれば,ドイツ風ソーセージやジャーマンポテトくらいだろうか. ドイツに期待しすぎるとギャップがある. チバ自然村程度の感覚で行くのがよいかもしれない.
20150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1308_DSC0911720150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1308_DSC09116
東京ドイツ村といえば,冬期間のウインターイルミネーションが有名だが,春はシバザクラ(芝桜)の花が咲き,大勢の観光客が押し寄せる. 5万m2 に 25万株のシバザクラの花が咲く.
20150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1308_DSC0911820150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1456_DSC09306
シバザクラは,年ねん拡大し,首都圏としては富士山麓の山梨県南都留郡富士河口湖町の富士本栖リゾート芝桜(約80万株), 埼玉県秩父市羊山公園の芝桜(約40万株)につぐ規模となった.
20150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1455_DSC0929720150412_千葉県袖ケ浦永吉_東京ドイツ村_1455_DSC09299
シバザクラ(芝桜)は,4月中旬-4月下旬が見ごろで,最も早く見ごろを迎える...続きを読む