東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

初詣

船橋大神宮授与所のリニューアル@船橋市宮本

千葉県船橋市宮本5丁目の船橋大神宮(正式名:意富比神社)は,船橋市内でもっとも初詣の人出の多い神社だ.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1053_DSC01431T20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1054_DSC01443
船橋大神宮初詣として参拝する人は,元日だけで 6万人,初詣の累計参拝者数は約 18万人にもなる. 最寄駅である京成大神宮下駅から徒歩3分と交通が便利なため,近年初詣数が増え,行列は長くなるばかりだ.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1054_DSC0144620151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1054_DSC01445
初詣では,多くの市民が「今年もいい年になりますように」と,健康・交通安全,商売繁盛,受験必勝などを願う. お参り後は,お神札(ふだ)やお守り,絵馬,破魔矢などの縁起物を授与所で購入するのが定番となっている.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_授与所_1055_DSC0145220151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_授与所_1055_DSC01448
だが,お参りの回転数と縁起物購入の回転数に大きな差があるため,絶えず授与所前には長い列ができ大混乱となっていた. 2016年の初詣お参りをした方は,気がつていただろうか. 今年は,状況が大きく異なった. それはなぜか...続きを読む

千葉神社の初詣2016@千葉市中央区院内

千葉県という県名は,1873年(明治6年)に千葉県南部の木更津県(県庁は現在の木更津市)と千葉県北西部と茨城県南西部の印旛県(県庁は現在の流山市)が合併し,千葉郡千葉町に県庁が置かれたことに始まる.
千葉市中央区院内1丁目の千葉神社(千葉妙見宮).
20160103_千葉市中央区院内1_千葉神社_初詣_0907_C000502220160103_千葉市中央区院内1_千葉神社_初詣_0906_C0004012
奈良時代,行基(ぎょうき/行基菩薩)と弟子たち(行基集団)は,日本全国を行脚していた. 現在の千葉市に咲いていたハス(蓮)の花を見つけ「千葉(せんよう)のハスの花に天女が舞い降りた」として,観音を彫って安置したのが「千葉」の地名の始まりとされる説がある.
奈良時代に日本中を行脚した行基.
20160331_奈良時代_行基_ぎょうき_行基菩薩_文殊菩薩_01220160331_奈良時代_行基図_ぎょうきず_行基菩薩_古式の日本地図_016
仏教は,ハスとともに,中国から朝鮮半島を経由して日本に伝達されたとされる. 東京大学検見川総合運動場の縄文遺跡の落合遺跡からハスの実(大賀ハス)が発掘されたことから,仏教の伝達よりも前から千葉の地に生息していた. 当時,行基が見つけたハスの花は,今の千葉神社あたりではなかったかと思われる.
2016年1月3日(日) 9:30 ごろの千葉神社(千葉妙見宮).
20160103_千葉市中央区院内1_千葉神社_初詣_0930_DSC0234720160103_千葉市中央区院内1_千葉神社_初詣_0942_C0020042
千葉神社で,最も大きなお祭りは夏の例祭妙見大祭(みょうけんたいさい)となる. 妙見大祭は,1127年から始まり以来一度も途切れることなく続けられてきた歴史ある祭りで,2016年には第890回目を迎える.
20160103_千葉市中央区院内1_千葉神社_初詣_0942_C002001220160103_千葉市中央区院内1_千葉神社_初詣_0942_C0020022
妙見大祭は,妙見菩薩(みょうけんぼさつ/妙見様)の祭りで,仏教のキャラクターのひとりだ. 神社なのに,なぜ仏教のキャラクターなのか...続きを読む

常盤神社の建て替え完了@船橋大神宮

戦国時代の後,徳川家康が最終的に天下を取り,1603年江戸に幕府を開いた. その後江戸幕府は,第15代将軍徳川慶喜(-1868年)まで265年間続く.
新しい常盤神社.
20160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_0840_DSC0219120160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_0840_DSC02193
世界史上まれにみる戦争のない平和な時代が続き,経済,文化,学問,芸術などさまざまな分野の活動が活発化し,江戸は100万都市にまでに発展する. 初代将軍徳川家康と2代目将軍秀忠,3代将軍家光は,鷹狩りが大好きだった. 当時,鷹狩りは最高権力者の象徴とされていた.
20160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_0840_DSC0219620160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_0840_DSC02197
江戸初期のころの鷹場は,現千葉県の東金,現埼玉県の越谷,忍,鴻巣,現静岡県の相良,中泉などに散在していた. 鷹狩りは武士の娯楽のひとつで,今で言うところのゴルフコンペのようなものであった. また,下総,上総を含む関東圏の主要部を支配していた後北条氏系の土豪(土地の小豪族)に対する軍事的抑止効果もあった.
古い常盤神社.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_1107_DSC01473T20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_1107_DSC01472T
江戸から上総東金までの道のりは,小岩(東京都)-市川-八幡(市川市)-中山-船橋までは千葉街道を使い. 船橋からは,藤崎(習志野市)-大久保新田-実籾(みもみ)を通り,犢橋(こてはし/千葉市花見川区)-金親(かねおや/千葉市若葉区)-小間子牧(おまごまき/八街市)を経て東金求名(ぐみょう)までの東金御成街道(とうがねおなりかいどう)を使った.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_1056_DSC0145620151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_1056_DSC01460
東金御成街道は,鷹狩りのために造られた道路で,家康の命を受けた老中佐倉藩主土井利勝が,沿道 97カ村の農民を総動員し,三日三晩の突貫工事で造ったといわれ,一夜街道ともいわれる. 実際には,1613年の年末から15日ほどかかっている.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_常盤神社_1058_DSC0147020160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0833_C0038014
江戸から東金までの道のりで,ちょうど船橋あたりが宿泊地となり,家康の休憩宿泊施設としての船橋御殿(その後日本一小さな東照宮)も建造された. 1615年には徳川家康秀忠親子が宿泊している. 家康は1616年に亡くなるが,家康がこの御成街道を通って鷹狩りをしたのは,1614年と1615年の2回だけであった.
20160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0834_C004202420160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0835_C0043014
1670年,船橋御殿は廃止となり船橋大神宮の宮司に与えられ,その跡地に船橋東照宮を建立した. それが,常盤神社(ときわじんじゃ)で,日本一小さい東照宮といわれる. 東照宮は,徳川家を御祭神として祀っている神社となる. 一時は,全国に700ヵ所以上あったとされている.
20160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0835_C004403420160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0834_C0040014
常盤神社は,現在千葉県船橋市宮本5丁目の船橋大神宮(正式名は意富比神社/おおひじんじゃ)の境内社として移されている. 船橋大神宮の境内にある常盤神社には,家康の歯を納めた家康木造(木造徳川家康像)が安置されている. この常盤神社の建物が古くなり,「徳川家康公400年祭記念事業」として建替えをおこなった.
20160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0836_C004504420160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0836_C0045054
建替工事は2015年10月で完了し,2015年11月4日(水)には,遷座祭(せんざさい/神体を移す祭儀),11月5日(木)には奉祝祭(ほうしゅくさい/大切な節目におくなう神事)をそれぞれ行った. 一般市民への公開は,2015年12月11日(金)からお披露目となっている.

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2016年01月02日)船橋大神宮の初詣2016
(2015年01月03日)冬の風@船橋大神宮の初詣<正月3日>(8)
(2014年12月31日)冬の風@年越しの船橋大神宮(6)
(2014年12月31日)冬の風@ケーヨーD2東船橋店前の正月飾り販売(5)

船橋大神宮の初詣2016@千葉県船橋市宮本

千葉県船橋市宮本5丁目船橋大神宮(意富比神社)は,千葉県船橋市三山5丁目の二宮神社(三山明神)と並んで,船橋市内でもっとも初詣の人出の多い神社だ.
2015年12月29日(大晦日) 午前 10:00 ごろの船橋大神宮(意富比神社).
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1051_DSC0142120151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1052_DSC01424
2015年12月31日(木)は,年越しの大秡式(おおはらえしき)と,大晦日からの初詣の準備で忙しい.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1053_DSC0143020151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1053_DSC01432
年越の大秡式は,16:00 からはがおこなわれる. 大秡式は,新年を迎えるにあたり半年の間に身についた罪やけがれをはらい清める神事となっている.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1054_DSC0143820151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1054_DSC01440
船橋大神宮には元日だけで 6万人,初詣の参拝者総数は約 18万人にもなる..最寄駅の京成大神宮下駅から徒歩3分と,交通が便利なため,近年初詣数が増えている.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1053_DSC0143320151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1053_DSC01434
二宮神社は,8万人の人出となってきている.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1110_DSC0148120151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1110_DSC01483
隣りの市川市の仏教系日蓮宗大本山中山法華経寺初詣の参拝者総数は約 45万人となっている.
20151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1055_DSC0145120151229_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1109_DSC01479
船橋大神宮の初詣の参拝のため,道路まで長い列ができる.
2016年1月1日(元日) 午前 8:22 ごろの船橋大神宮(意富比神社)の初詣.
20160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0822_DSC0218620160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0822_DSC02185W
20160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0827_DSC0052220160101_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_0826_C0033044続きを読む

冬の風@千葉市検見川神社の初詣<正月3日>(9)

2015年となり,千葉市花見川区検見川町1丁目の検見川神社(神祇三社検見川大明神)には,大晦日から正月にかけて多くの市民が初詣に訪れる.
正月3日の 16:15 ごろの検見川神社.
20150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1613_DSC0441620150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1613_DSC04417
京成本線検見川駅から 約2分,JR総武線新検見川駅(西口)から約 7分の場所になる.
20150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1613_DSC0441820150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1614_43010
この地に始めて検見川神社ができたのは,西暦869年(平安時代/貞観11年)ごろと伝えられている. この年の7月9日には,貞観地震(じょうがんじしん)が発生し,地震の規模は少なくともマグニチュード8.3 以上であったとされる. 震源地は,2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(Mw9.0,Mj8.4)とほぼ同じ場所で,太平洋プレートの動きによって起きた. 検見川の遠浅の浜(検見川浦)にも,2m 程度の津波が押し寄せたものと思われる.
20150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1627_1601020150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1625_46020
その貞観地震の5年前の864年には富士山が噴火,その9年後の878年には相模武蔵地震(元慶地震/M 7.4以上)が発生し多くの死者が出ている. 東北地方太平洋沖地震後に,比較的大きな地震が続き,火山が活発化していていることによく似ている.
20150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1615_2601020150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1615_26040
貞観地震の数年前ごろから,全国で疫病が蔓延していた. 細菌性赤痢の重症型である疫痢(えきり)か,「はやりかぜ」と呼ばれていたインフルエンザではなかったかといわれている.
20150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1616_DSC0442820150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1616_DSC04425
このような不安な時代に,疫病災害をおさえるということから検見川神社が作られたのだった.
20150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1616_DSC0442720150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1622_DSC04437
京成本線の高さより,さらに10mほどの台地(花輪台)に検見川神社は建てられているが,津波などによって流されないような位置として建立したのかもしれない.
20150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1626_1002020150103_千葉市花見川区_検見川神社_初詣_1617_DSC04430続きを読む

冬の風@船橋大神宮の初詣<正月3日>(8)

2015年となり,千葉県船橋市宮本5丁目船橋大神宮(意富比神社)には,大晦日から正月にかけて多くの市民が初詣に来ている.
正月3日の 15:30 ごろの船橋大神宮.
20150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1534_DSC0438020150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1535_09020
正月3日にもかかわらず,初詣の参拝のために道路まで長い列ができる.
20150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1544_DSC0439620150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1544_DSC04394
20150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1544_DSC0439520150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1546_DSC04399
20150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1542_0802020150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1541_DSC04389
20150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1539_1105020150103_船橋市宮本5_船橋大神宮_意富比神社_初詣_1539_11020続きを読む

冬の風@年越しの船橋大神宮(6)

12月31日は,1年の終わりの大晦日(おおみそか)だ. 年越しの夜のことを除夜(じょや)とも言う.
2014年12月30日の船橋大神宮. 夜間照明用の提灯が下がっている.
20141230_船橋大神宮_意富比神社_大晦日_初詣_0925_DSC0386720141230_船橋大神宮_意富比神社_大晦日_初詣_0925_DSC03871
千葉県船橋市宮本5丁目船橋大神宮(意富比神社)も,年越しの大秡式(おおはらえしき)と,大晦日からの初詣の準備をしている.
2014年12月31日 17:15 ごろの船橋大神宮.
20141231_船橋大神宮_意富比神社_大晦日_初詣_1714_DSC0426220141231_船橋大神宮_意富比神社_大晦日_初詣_1724_DSC04269
2014年12月31日(月) 16:00 からは,年越の大秡式がおこなわれる. 年越しの大秡式は,新年を迎えるにあたり半年の間に身についた罪やけがれをはらい清める神事となっている.
20141231_船橋大神宮_意富比神社_大晦日_初詣_1724_DSC0426620141231_船橋大神宮_意富比神社_大晦日_初詣_1723_DSC04264続きを読む

冬の風2013-2014@船橋大神宮の正月13日目の初詣編(53)

千葉県船橋市宮本5丁目船橋大神宮(意富比神社)には,多くの市民が初詣に来ている.
20140113_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1154_DSC01199T20140113_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1154_DSC01200
正月13日目の2014年1月13日(祝)ではあるが,船橋大神宮には長い列ができている.
20140113_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1152_DSC0119720140113_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1146_DSC01172
20140113_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1145_DSC0116920140113_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1145_DSC01170
20140113_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1147_DSC0117920140113_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1147_DSC01177続きを読む

冬の風2013-2014@東船橋茂呂浅間神社の正月3日目の初詣編(41)

成田街道わきの船橋市東船橋7丁目に,茂呂神社(もろじんじゃ)がある. 茂侶浅間神社ともいう. ここにも,毎年地元市民が初詣に来る.
20140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1546_DSC0900120140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1547_DSC09005
参道入口から100mほどの道を歩くと,境内入口の鳥居が見えてくる.
20140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1547_DSC0900620140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1547_DSC09007
20140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1550_DSC0903020140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1547_DSC09009
20140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1550_DSC0902820140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1549_DSC09026
20140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1549_DSC0901520140103_船橋市東船橋7_茂呂浅間神社_初詣_1549_DSC09018
続きを読む

冬の風2013-2014@船橋前原御嶽神社正月3日目の初詣編(40)

成田街道わきの船橋市前原東5丁目に,前原御嶽神社(まえはらおたけじんじゃ)がある. ここにも,毎年大勢の地元市民が初詣に来る. 鳥居から拝殿までの参道は160mもある.
20140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1518_DSC0894020140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1523_DSC08973
前原御嶽神社の歴史は古く,1676年(延宝4年)の創建といわれている. 以前は蔵王権現(ざおうごんげん)と呼ばれていたが,明治初期の神道国教化政策(神道活動を支援)にともない神教と仏教が完全に分離され,現在の御嶽神社の社名となった.
20140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1522_DSC08971T20140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1522_DSC08972
千葉県船橋市前原の地は,江戸時代に開拓された. 当時は非常に苦しい生活の時代であったが,開拓地の村人たちの精神的シンボルとして蔵王権現は根付いていた.
20140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1521_DSC0896720140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1521_DSC08969
ここの木造蔵王権現三尊立像は,平安時代後期から鎌倉時代前期に制作されたとされている. 何度かの大火により社殿は焼失したが,像は村人たちが守り続けた.
20140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1519_DSC0894320140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1519_DSC08945
千葉県と船橋市の有形文化財として1958年(昭和33年)に指定された,
20140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1519_DSC0894720140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1520_DSC08962
20140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1520_DSC0895920140103_船橋市前原東5_御嶽神社_初詣_1520_DSC08960続きを読む

冬の風2013-2014@谷津丹生神社正月3日目の初詣編(39)

習志野市谷津1丁目谷津丹生神社(やつにぶじんじゃ)には,毎年大勢の市民が初詣に来る.
20140103_習志野市谷津1_谷津丹生神社_初詣_1330_DSC0859620140103_習志野市谷津1_谷津丹生神社_初詣_1330_DSC08598
谷津丹生神社は,江戸時代に和歌山県伊都郡かつらぎ町の丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ)の御祭神が分霊され,谷津の守護神として伝えられている.
20140103_習志野市谷津1_谷津丹生神社_初詣_1330_DSC0860120140103_習志野市谷津1_谷津丹生神社_初詣_1325_DSC08576
20140103_習志野市谷津1_谷津丹生神社_初詣_1325_DSC0857720140103_習志野市谷津1_谷津丹生神社_初詣_1325_DSC08578T
20140103_習志野市谷津1_谷津丹生神社_初詣_1326_DSC0858020140103_習志野市谷津1_谷津丹生神社_初詣_1326_DSC08579続きを読む

冬の風2013-2014@津田沼菊田神社正月3日目の初詣編(38)

習志野市津田沼3丁目菊田神社(久久田大明神/大杉神社)は,習志野市を代表する神社のひとつだ. 菊田神社には,毎年大勢の市民が初詣に来る.
20140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1349_DSC0865720140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1349_DSC08659
菊田神社の隣には,大きな池がある菊田水鳥公園がある.
20140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1349_DSC0866120140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1350_DSC08663
2015年11月におこなわれる,三山七年祭りの一社でもある.
20140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1351_DSC0866920140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1351_DSC08671
20140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1352_DSC0867520140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1350_DSC08665
20140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1352_DSC0867620140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1350_DSC08668T
20140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1350_DSC0866620140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1352_DSC08674T
20140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1352_DSC0867220140103_習志野市津田沼3_菊田神社_初詣_1350_DSC08664
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年01月03日)冬の風2013-2014@船橋二宮神社のボックス編(37)
(2014年01月03日)冬の風2013-2014@船橋二宮神社正月3日目の初詣編(36)
(2014年01月03日)冬の風2013-2014@船橋大神宮の灯明台一般公開編(35)
(2014年01月03日)冬の風2013-2014@船橋大神宮正月3日目の初詣編(34)
(2014年01月02日)冬の風2013-2014@船橋ららぽーとTOKYO-BAYの初売り編(33)
(2014年01月01日)冬の風2013-2014@船橋ららぽーとTOKYO-BAYの初売り編(32)
(2014年01月01日)冬の風2013-2014@千葉県船橋市の初日の出編(32)
(2013年12月31日)冬の風2013-2014@市川市葛飾八幡宮の茅の輪くぐり編(31)
(2013年12月31日)冬の風2013-2014@市川市中山法華経寺の除夜の鐘編(30)
(2013年12月31日)冬の風2013-2014@船橋大神宮の大祓式編(29)

冬の風2013-2014@船橋二宮神社のボックス編(37)

船橋市三山5丁目二宮神社(寒川神社)は,船橋を代表する神社のひとつだ. 二宮神社には,毎年大勢の市民が初詣に来る.
20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1427_DSC0877720140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1440_DSC08823
船橋市宮本5丁目の船橋大神宮には毎年約6万人の参拝者が訪れるが,二宮神社には約8万人が訪れる. JR津田沼駅から習志野新京成バス二宮神社前行き(休日は1時間2本)に乗って約20分の場所となる.
20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1435_DSC08810T20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1424_DSC08768
ジャニーズ嵐の二宮和也の実家(幕張チャイナハウス桂花楼)と二宮神社が 3.6km(徒歩45分) と近いことと二宮つながりから,ファンの巡礼の地にもなっている.
20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1427_DSC08783T20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1427_DSC08781T
この二宮神社に中身が見えるボックスが置かれている. これは,何なのだろうか...続きを読む

冬の風2013-2014@船橋二宮神社正月3日目の初詣編(36)

船橋市三山5丁目二宮神社(寒川神社)は,船橋を代表する神社のひとつだ. 二宮神社には,毎年大勢の市民が初詣に来る.
20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1422_DSC08764T20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1423_DSC08765
船橋市宮本5丁目の船橋大神宮には毎年約6万人の参拝者が訪れるが,二宮神社には毎年約8万人が訪れる.
20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1425_DSC0877420140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1425_DSC08775T
二宮神社では、丑(うし)と未(ひつじ)年の11月に七年祭が行われる. 数え7年目(実質6年)ごとに開催されるため七年祭りという名がつけられ,正式には三山の七年祭りという. 毎回,約12万人もの見物人が集まる大きな祭りとなっている.
20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1424_DSC0877020140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1423_DSC08767
直近では,2003年(未/平成15年),2009年(丑/平成21年)におこなわれ,次回は2015年(未/平成27年)に行われる.
20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1428_DSC0879220140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1427_DSC08776
船橋市の神社だけでなく習志野市や千葉市などの神社からも神輿などが参加する.
20140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1429_DSC0880420140103_船橋市三山5_二宮神社_初詣_1428_DSC08794
畑の子安神社(千葉市花見川区畑町),馬加の子守神社(千葉市花見川区幕張町),武石の三代王神社(千葉市花見川区武石町),久々田の菊田神社(習志野市津田沼),藤崎の子安神社(習志野市藤崎),実籾の大原大宮神社(習志野市実籾),大和田の時平神社(ときひらじんじゃ/八千代市萱田町),高津の高津比咩神社(たかつひめじんじゃ/八千代市高津),古和釜の八王子神社(船橋市古和釜)などだ...続きを読む

冬の風2013-2014@船橋大神宮の正月3日目の初詣編(34)

千葉県船橋市宮本5丁目船橋大神宮(意富比神社)には,多くの市民が初詣に来ている.
20140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1557_DSC0903520140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1557_DSC09037
正月3日目ではあるが,船橋大神宮には道路まで長い列ができている.
20140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1240_DSC0846120140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1240_DSC08460
20140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1257_DSC0851020140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1257_DSC08508
20140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1243_DSC0846620140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1608_DSC09079
20140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1242_DSC0846320140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1608_DSC09076
20140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1243_DSC0847020140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1243_DSC08471
20140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1245_DSC0847920140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1245_DSC08480
20140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1245_DSC0847620140103_船橋市宮本5_船橋大神宮_初詣_1245_DSC08477
続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
タグクラウド
ギャラリー
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい
  • 葛飾湧水群とは@国道14号ぞい