東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

共働き

ニチレイフーズ船橋工場に巨大な施設を建設@船橋市日の出2丁目

サラリーマンの平均小遣い額は,1991年に月額7万6000円(昼食代も含む)だったものが,2005年には約 4万円となり,2013年には 3万8457円と,1991年のほぼ半分となっている. また,子どものいる家庭では,「夫がフルタイム,妻がパートタイム」の夫婦が多いが,特に若年層においては共働き率が上昇し続けている. 最近においては,「妻がパートタイム,夫もパートタイム」といった夫婦も増えている.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1443_DSC0417220150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1443_DSC04175
益ます生活が苦しくなるばかりだが,時間がない共働き家庭にとって,手間がかからず長期間保存できる冷凍食品は今や無くてはならない存在となっている. 電子レンジで解凍するだけで食べられる冷凍食品は,忙しい家庭には魅力的だ. 生鮮野菜などの買い物ができる時間に帰宅できない場合もあるため,ネットスーパーや生協での食品購入も増えている.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1443_DSC0418720150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1443_DSC04189
冷凍食品メーカーのシェアランキングを見ると,1位:ニチレイ(日本冷蔵),2位:マルハニチロHD,3位:テーブルマーク,4位:味の素冷凍食品,5位:日本水産となっている. その冷凍食品大手のニチレイ≪2871.T1≫の冷凍食品部門が,千葉県船橋市のニチレイフーズ船橋工場(船橋市日の出2丁目と船橋市高瀬町)だ.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1445_DSC0421420150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1445_DSC04215
ニチレイフーズは,1961年(昭和36年)に設立され,日本冷蔵(株)船橋食品工場として魚肉ハム,ソーセージなど非冷凍食品の生産から始まった. 1972年から本格的な冷凍食品工場としてシュウマイやギョウザの生産を開始. 1988年には工場を増設し米飯類の生産を開始する. 現在船橋第1工場は,米飯(チャーハンなど) 6ライン,焼きおにぎり 1ライン,船橋第2工場(2014年稼働)は,ハンバーグ 1ライン,フライ 1ライン,シュウマイ 1ラインとなり,年間 5万3000t もの冷凍食品を生産する工場となっている.
20150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1444_DSC0420620150814_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_1445_DSC04209
このように,冷凍食品の売り上げが増加する中,ニチレイグループは冷凍食品事業に積極的な投資を続けている. 米飯ラインの増設に29億円を投資,千葉県船橋市高瀬町の食品コンビナート内の船橋第2工場の新設に 62億円を投資した.
20150524_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_01220150524_船橋市日の出2_ニチレイフーズ工場_船橋工場_020
さらに,船橋第1工場内に巨大な施設を建設している...続きを読む

ニチレイフーズの冷凍食品工場@船橋市高瀬町京葉食品コンビナート

日本の,少子化高齢化が止まらない.
20080725_ふなばし市民まつり_めいどいんふなばし_1330_DSC0212520080725_ふなばし市民まつり_めいどいんふなばし_1330_DSC02124
15歳未満の子どもの総人口に占める割合は,2000年で 14.6% だったものが,東京オリンピックの 2020年の推定人口割合は 11.7% まで低下する. また,65歳以上の高齢者の総人口に占める割合は,2000年で 17.5% だったものが 2020年で 29.1% となる.
20120721_船橋市_ふなばし市民まつり_1039_DSC0355520120721_船橋市_ふなばし市民まつり_1039_DSC03552
このような少子化の流れの中,子育て世代の家庭にはなくてはならなくなったものが冷凍食品だ. 冷凍食品市場のうち約3割が弁当関連が占める.
20081016_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1918_DSC0544220081016_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1918_DSC05443
また,冷凍食品になかなか手を出さなかった高齢世代(シニア世代)においても,電子レンジだけで調理できる手軽さから消費が増えている. 2人または1人分のおかずをつくると,どうても栄養がかたよってしまう. 少量でも多品種作れる冷凍食品は,栄養バランスの点でも優れている.
20120721_船橋市高瀬町_京葉食品区品コンビナート_1036_DSC03529E20060722_船橋市民まつり_船橋会場メイドイン船橋_1047_DSC01318T
その冷凍食品を作っている事業所が船橋にある. 船橋市日の出2丁目ニチレイフーズ船橋工場(日本冷蔵)だ. 船橋工場は,1961年(昭和36年)に創業し 50年以上の歴史を持つ.
20060722_船橋市民まつり_船橋会場メイドイン船橋_1047_DSC0132520060722_船橋市民まつり_船橋会場メイドイン船橋_1056_DSC01384F
国内最大級の京葉食品コンビナートには,コンビニ弁当,惣菜加工,食品加工,食肉加工,外食用食材,コーヒー,ビール,など 30社ほどが工場を構える. 京葉食品コンビナート全体では,日中 5000人,夜間 1000人を超える就労人口を抱える. 船橋市内で働く就労者の4割弱が食品関係の事業所で働いている.
20140613_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1030_DSC0502820140613_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_0907_DSC04832
ニチレイフーズ船橋工場では,主にえびピラフや本格炒め炒飯,焼きおにぎりなど,米を使った製品を生産している. 年間約 1.5万トンも作っており,ピラフ,炒飯類では全国 13% のシェアをもっている. ニチレイフーズ船橋工場には,常時 460名ほどが働いている.
20140605_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_0749_DSC0375420140613_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1033_DSC05035
子育て世代高齢者世代(シニア世代)の需要増を踏まえ,ニチレイフーズは家庭用冷凍食品の国内生産体制の強化する.
20081018_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1340_DSC05654T20081018_船橋市日の出_ニチレイフーズ_冷凍食品工場_1338_DSC05645
そのひとつが,船橋市高瀬町に立ち上げたニチレイフーズ船橋第二工場だ...続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit_funabashi

タグクラウド
ギャラリー
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)