第1回先進国首脳会議が開催されたのは,1975年11月フランスのランブイエ・サミットが始まりとなる. 当時の出席国は,フランス(デスタン),アメリカ合衆国(フォード),イギリス(ウィルソン),西ドイツ(シュミット),イタリア(モロ),そして日本(三木武夫)の6カ国(G6)だった.
20160526_第42回先進国首脳会議_伊勢志摩サミット_G7_08220160526_第42回先進国首脳会議_伊勢志摩サミット_G7_092
その後,持ち回りで毎年おこなわれ,2016年は日本が幹事国となる. 今回の第42回先進国首脳会議(G7)は,三重県志摩市でおこなわれた. 伊勢志摩サミットという愛称となる.
20160526_志摩観光ホテル_ザクラシッ_会議場_G7_11220160526_志摩観光ホテル_ザベイスイ_各国首脳宿泊所_G7_122
当初,東日本大震災地である宮城県仙台市での開催も検討されたが,近年テロ事件が頻発していることと,伊勢神宮(三重県伊勢市)を訪問地に入れたかったことから,四方を海に囲まれた伊勢志摩サミットとなった. 仙台は,財務大臣会合の開催場所となった.
20160526_第42回先進国首脳会議_伊勢志摩サミット_G7_11220160526_第42回先進国首脳会議_伊勢志摩サミット_G7_132
今回参加した先進7か国メンバーは,日本(安倍晋三),フランス(フランソワ・オランド),アメリカ合衆国(バラク・オバマ),イギリス(デーヴィッド・キャメロン),ドイツ(アンゲラ・メルケル),イタリア(マッテオ・レンツィ),カナダ(ジャスティン・トルドー),欧州連合(ジャン=クロード・ユンケル委員長とドナルド・トゥスク理事会議長)となっている.
20160526_第42回先進国首脳会議_伊勢志摩サミット_G7_14220160526_第42回先進国首脳会議_伊勢志摩サミット_G7_152
幹事国日本が(安倍首相が),今回の会議の「G7伊勢志摩首脳宣言」にどうしても入れたかったのが,「北朝鮮による核実験と弾道ミサイル発射への非難」と「世界経済の見通しに対するリスクの高まり」だった. 北朝鮮問題については異論がないところだが,世界経済の見通しについては合意ができたとは言い難い...続きを読む