2015年6月25日,京成八幡駅(千葉県市川市八幡3丁目)近くの広場に規制線が張られ,パトカー7台と救急車2台,消防車2台が止まっている. JR本八幡駅の北側となり,近年本八幡駅北口地区市街地再開発事業で,国道14号線をはさんで 60m 以上の超高層のマンションが建っている場所になる.
20150625_京成八幡駅前_高層マンション_子供_転落死_01020150625_京成八幡駅前_高層マンション_子供_転落死_022
市川市は,東京都に近接し,JR総武本線快速が停車,京成本線や東京メトロ千代田線の3路線が乗り入れていて,東京中心部まで約20分程度で行けることなどから住居地として人気のエリアとなっているい. 高層マンションの平均坪単価が 250万円と高額でありながら即日完売している.
20150625_京成八幡駅前_高層マンション_子供_転落死_12220150625_京成八幡駅前_高層マンション_子供_転落死_132
何が起きたのかと,人が集まっている...続きを読む