東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

モリシア

ドルチアの工場直販ロールケーキのアウトレットセール@JR津田沼駅南口公園前

世界の人口は,72億7500万人(2014年)を超え,21世紀終わりごろには100億人に達すると推計されている. 世界の国別人口ランキングを見ると,
1位:中華人民共和国 13億6782万人(1人当たりGDP76位),
2位:インド 12億5970万人(1人当たりGDP 144位),
3位:アメリカ合衆国 3億1905万人(1人当たりGDP 6 位),
20160528_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1039_DSC03169T20160528_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1052_DSC03195
4位:インドネシア 2億5149万人(1人当たりGDP 119位),
5位:ブラジル 2億0277万人(1人当たりGDP 74位),
6位:パキスタン 1億8629万人(1人当たりGDP 146位),
7位:ナイジェリア 1億7394万人(1人当たりGDP 130位),
8位:バングラデシュ 1億5822万人(1人当たりGDP154位),
9位:ロシア 1億4370万人(1人当たりGDP 69位),
10位:日本 1億2706万人(1人当たりGDP 26位)
---となっている.
20160320_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1244_DSC0913120160320_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1244_DSC09132T
人口の多い国は発展途上国が多く,貧困層も多い. 現在でも,世界の9人に1人(約8億人)が飢餓に苦しんでいる(国連食糧農業機関報告). 今後,発展途上国の経済発展にともない1人当たり消費カロリー増加が見込まれているが,今までのように先進国が金の力で食糧を調達することは難しくなる. 日本の食料自給率はカロリーベースで 39% で,先進国中最低水準となっている.
20160320_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1606_DSC09202T20160528_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1054_DSC03196
日本には,昔から「もったいない」と思う心があり,今でもその考え方が養われている. 日本が世界に誇れるもののひとつだ. 食い倒れの大阪では,食材を無駄なく使いきる「しまつ」という言葉もある. 食べ残しなどありえなかった. 一方で,中国式のマナーでは「満腹であることを示すために宴会などの場で料理を残す」ことは珍しくない. 文化の違いとはいえ,本来食べられるはずの食品が廃棄されてしまうのはもったいない.
20160528_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1116_DSC0320820160320_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1605_DSC09201
時代は変わり,大阪の中学校の生徒の約7割が給食を食べ残し,捨てられている. 全国の小中学校平均食べ残しの4倍にもなる. 大阪のアンケートでは,「量が多すぎ」,「味が薄い」,「まずい」,「冷たい」,「太りたくない」などといった理由があがっている. 「味が薄い」については,児童(10歳-11歳),生徒(12歳-14歳)の食塩(ナトリウム)で 3g未満とされているため,一般的な食堂の味付けよりもかなり薄味になっている. 大阪は薄味とよく言うが,むしろ関西の方が濃い味が好まれている. 関西主流の薄口しょうゆは,関東の濃口しょうゆよりも塩分濃度は高い. 大阪の食べ残しが多いのは,家庭や街の飲食店の味付けが濃いために,学校給食の味が薄く感じることにあるようだ.
20160528_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1633_DSC0336420160528_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1633_DSC03368
2016年5月行われた,G7環境相会合でも,「2030年までに世界全体の1人あたりの食品廃棄量を半減することを目指し,各国が協調して取り組む」ことで一致している. 一般家庭の食事の1日/1人当たりの食品使用量は 1116gで,これに対する食品ロス量は 41.0g(食品ロス率約 3.7%),そのうちの約半分(20.2g)が野菜,そのほかに果実類(6.4g),調理加工食品(4.6g)となっている. 人数が多い家族ほど食品ロスは少なく,独身者の方が食品ロスは大きい. 国民1人1日当たりの総食品ロス量は約 136g(茶碗約1杯のご飯の量に相当)もあり,家庭の食品ロスよりも,生産者(農家など)や食品企業(加工や流通など)から出る食品ロスの方が大きい. 飲食店においては,食堂やレストランと比較して,宴会や結婚披露宴では約5倍,宿泊施設では約7倍もの食べ残しが発生している.
20160528_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1634_DSC0337020160528_ドルチア_工場直販_ロールケーキ_1634_DSC03374
ケーキ工場のロールケーキも,ロールの両端はすれられるか家畜のエサとなることが多い. 味は,店頭に並ぶものとのぼ変わらない. このような食品ロスになるようなものを集めてて低価格で販売するケーキなどが人気だ. 市川市本八幡に本店をおき,千葉県などの7店舗を展開する洋菓子の(株)ドルチア(Dolcia)が,JR津田沼駅南口津田沼公園のイベント(ほぼ月1回)などでロールケーキアウトレットセールしている. 価格は300円ほどになる. 形は崩れているものも多いが,家庭で食べるには十分な品質となっている. 市川市本八幡のケーキ屋といえば必ずドルチアの名前が出るほどの有名な洋菓子店だが,製造工場は千葉県東金市のテクノグリーンパーク内にある. 大型ショッピングセンターモリシア(旧,サンペデック)内のテナントとして,ドルチアモリシア津田沼店が出店している. ドルチアは,独特な形のモンブランが有名だ.また,スイス仕込みのチョコレートはJAL国際線ファーストクラス,ビジネスクラスと政府専用機内で提供している.
.
人気ブログランキングへ

音楽とともに@津田沼駅開業120周年イベント<習志野市立第五中学校吹奏楽部>(81)

1872年(明治5年)に,日本で初めて新橋駅-横浜駅(現,桜木町駅)間の新橋横浜間鉄道(東海道本線)が開通した後,1894年(明治27年)7月に市川駅佐倉駅間が開業,1894年12月に本所駅(現,錦糸町駅)が開業,1897年(明治30年)5月に成東駅,1897年6月に銚子駅が開業し,全線が開通した.
20150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_0952_DSC0978520150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_0957_DSC09795
その総武本線津田沼駅の,開業120周年を祝い,JR津田沼駅やモリシヤ前公園で,2015年9月21日(月/祝)に記念イベントがおこなわれた.
20150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_0959_DSC0980620150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_0957_DSC09801
モリシア前公園広場やモリシア館内では,記念セレモニーがおこなわれ,イベントとして子ども用駅長制服での記念撮影,駅業務体験,クラフト教室,習志野市の物産展,鉄道グッズの販売,開業120周年記念弁当の販売などのイベントがおこなわれた.
20150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_1012_DSC0982620150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_1003_DSC09812
その他にも,習志野市立第五中学校(通称,ゴチュウ)吹奏楽部のミニコンサートもおこなわれた.
20150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_1039_C000203)20150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_1034_C000103)
千葉県習志野市藤崎2丁目の第五中学校は,JR津田沼駅,京成津田沼駅,新京成津田沼駅から徒歩10分ほどの場所に位置する. 駅前の急激な人口増加によって,第一中学校と第二中学校から分離して1978年(昭和53年)に創立された.
20150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_1048_DSC003243T20150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_1049_DSC003246
創立当時の生徒数は 257名(6学級)だったが,1989年(平成元年)の生徒数は 1033名(26学級)となり,2013年(平成25年)は 729名(21学級)となっている.
20150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_1054_DSC0987120150921_習志野市立第五中学校_吹奏楽部_津田沼駅_1053_DSC09863続きを読む

鉄道のミライ@総総武線津田沼駅開業120周年記念イベント(25)

1872年(明治5年)に,日本で初めて新橋駅-横浜駅(現,桜木町駅)間の新橋横浜間鉄道(東海道本線)が開通し,営業的に大成功を収めたことから,全国に鉄道が建設されていく.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_0956_DSC0979320150921_津田沼駅開業120周年_イベント_0956_DSC09794
明治初期の物流は,海運(舟運)が主流で,千葉県においても水上交通が発達していた. 鉄道によるり,海運業が衰退することをおそれ海運業者らからが圧力をかけ,鉄道建設の認可が他県よりも遅れることになる.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1007_DSC0981820150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1012_DSC09823
既存の海運業との競合を避けるのと,陸軍の支持が得られることから,国府台(陸軍教導団)-谷津(習志野原演習場)-佐倉(歩兵第2連隊営所)などの軍地を通るルートで申請し,ようやく認可がおりる.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_0958_DSC0980220150921_津田沼駅開業120周年_イベント_0959_DSC09804
上総国(かずさのくに),下総国(しもうさのくに),武蔵国を結ぶことから(私鉄)総武鉄道と命名された.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_0957_DSC0979620150921_津田沼駅開業120周年_イベント_0954_DSC09788
1894年(明治27年)7月に市川駅佐倉駅間が開業し,1894年12月に本所駅(現,錦糸町駅)が開業,1897年(明治30年)5月に成東駅,1897年6月に銚子駅が開業し全線が開通した.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1042_C000301)20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1030_DSC003239
1907年(明治40年)に鉄道国有法により国有化され,国鉄総武本線となった.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1042_C000302)20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1043_DSC09831
その総武本線津田沼駅の開業120周年を祝い,記念イベントが津田沼駅やモリシヤ前公園で,2015年9月21日(月/祝)におこなわれた.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1043_DSC0983220150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1045_C000402)
モリシア前公園広場やモリシア館内では,記念セレモニーがおこなわれ,イベントとして子ども用駅長制服での記念撮影,駅業務体験,クラフト教室などのイベントがおこなわれた.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1314_DSC0324020150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1314_DSC03239
その他にも,習志野市の物産展や鉄道グッズの販売,開業120周年記念弁当の販売,地元習志野市立第五中学校吹奏楽部のコンサートなどがおこなわれた.
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1051_DSC0984020150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1051_DSC09843

20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_0949_DSC0976620150921_津田沼駅開業120周年_イベント_0949_DSC09764
20150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1116_DSC0114620150921_津田沼駅開業120周年_イベント_1115_DSC09938続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit_funabashi

タグクラウド
ギャラリー
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)