少子化や核家族化,都市化などによって,子どもたちの生活や意識は大きく変わってきている. 小学校から中学校,中学校から高校,さらに就職時にと,新しい集団活動に適用できないといったことが起きている. 昔であれば,それぞれの地域の日常生活の中で自然に体験できたことが,今日ではできなくなってきている. その結果,社会性,人間関係,連帯感の不足となり,うまく社会に適用できない人々が多くなっている.
▼千葉県千葉市美浜区イオンモール幕張新都心.
20151220_千葉市美浜区_イオンモール幕張新都心_1330_DSC0372120151220_千葉市美浜区_イオンモール幕張新都心_1331_DSC03722
文部科学省では,学校教育のひとつとして,近くの事業所などの職場で働くことを通じて,職業や仕事を実際に体験し,働く人々と接したりする学習活動を進めている. それが,職場体験だ. 小学校では,街探検や職場見学,中学校では職場体験学習,高校ではインターンシップへと,体験活動を進めていて,特に中学校の職場体験学習を重要視している.
20151220_千葉市美浜区_イオンモール幕張新都心_1335_DSC0373720151220_千葉市美浜区_イオンモール幕張新都心_1336_DSC03751
公立中学校における職場体験学習の実施状況は,9706校中 9569校(98.6%)となっている. おおむね2日-3日の実施という中学校が多い. 5日の実施校で見ると 9569校中 1315校(13.7%), 6日以上の実施校が 63校で(0.7%)となっている. 都道府県別の5日以上実施率では,滋賀県や兵庫県,富山県がほぼ 100%の実施率であるのに対して,関東圏の群馬県が 37.5%,栃木県 39.3%,東京都 29.5%で,千葉県においては 1.2% でしかない.
20151220_植草学園大学附属高校_吹奏楽部_1341_DSC0376820151220_植草学園大学附属高校_吹奏楽部_1341_DSC03769
職場体験学習を,各学年ごとにおこなっている中学校もあるが,船橋市のように中学2年の生徒のみを対象としているところも多い. 文部科学省は,「連続した5日間の職場体験」を事例として挙げているものの,5日以上でないといけないとしているわけではない. 重要性を認識しつつも,実施率が上がらないのは,職業体験学習の受け入れ側の態勢が整備されていないことが,原因の一つとなっている. そもそも,受け入れ側が,パートやアルバイトばかりといったところもある.
20151220_植草学園大学附属高校_吹奏楽部_1412_C000401020151220_植草学園大学附属高校_吹奏楽部_1437_C0008010
受け入れ先としては,図書館や千葉港湾事務所などの公共施設や,今後成長業界として人材不足が懸念されているデイサービスや老人ホーム,ドラックストアなどが地域貢献活動の一環として手を挙げている. このような社会状況から,エンターテイメント性を高めた民間の職業体験テーマパークが事業化している. その代表的なものが,東京都江東区アーバンドックららぽーと豊洲のキッザニア東京と千葉県千葉市美浜区イオンモール幕張新都心のカンドゥーだ.
20151220_植草学園大学附属高校_吹奏楽部_1440_C000902020151220_植草学園大学附属高校_吹奏楽部_1440_C0009040
キッザニア東京では,就学前の3歳から小学生(15歳まで)程度の児童を対象としていて,パイロットや消防士,獣医師,ファッションモデルなど約80職種の職業を楽しみながら模擬体験することができる. カンドゥーもほぼ同じコンセプトだが,保護者同伴ができるかどうかが大きく異なる. また,キッザニアの飛行機は ANA だが,カンドゥーの飛行機は JAL となっている.
20151220_植草学園大学附属高校_吹奏楽部_1359_DSC0377320151220_植草学園大学附属高校_吹奏楽部_1359_DSC03774
そのカンドゥーで,クリスマスハンドベルコンサートが2015年12月20日(日)と12月23日(水祝)に開催された. ハンドベルコンサートは,カンドゥー前エントランスとカンドゥー内シアターで4ステージおこなわれ,植草学園大学附属高校吹奏楽部が演奏をおこなった...続きを読む