東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

ドトール・日レスホールディングス

変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)

静かな喫茶店で,くつろぎながら飲むコーヒー(カフェ)の味は格別だ. そのコーヒーが日本に初めて輸入されたのは1877年(明治10年)とされる. その後,1888年(明治21年)には,コーヒーを飲ませる日本初の喫茶店が東京上野(現,台東区上野1)ににオープンする. 当時は,ビリヤードなどの遊戯具も備えた社交場のひとつだった.
東京都台東区上野1丁目の日本最初の喫茶店(喫茶店発祥の地).
20120125_上野_日本最初の喫茶店_喫茶店発祥の地_1712_DSC0083620120125_上野_日本最初の喫茶店_喫茶店発祥の地_1712_DSC00835
喫茶店カフェ店の事業所数(総務省統計局調査)は,1981年(昭和56年)に15万4630事業所もあった. 当時は個人経営の喫茶店が多く,法人経営のチェーン店はそれほど多くなかった. この年をピークに事業所数は減り続け,2014年(平成26年)は 6万9983事業所と,33年間で 54.7% も減ってしまった.
喫茶店営業施設数の推移(左). 個人経営と法人経営別喫茶店の割合(右).
20170501_厚生労働省東経情報部_2014年喫茶店営業施設数の推移_11220170501_2014年経営組織別喫茶店の割合_122
喫茶店営業施設数(厚生省統計情報部調査)で見ると,2006年(平成18年)が 29万3402施設であったが,2014年(平成26年)には 22万8720施設と 22.0% 減っている. 従業員数も,2014年に 57.6万人だったが,2014年(平成26年)には 33.9万人へと 41.1% も減少している. 減少した店舗のほとんどが,個人経営となる.
市川市八幡2丁目にあった「喫茶ルノアール本八幡」.
20090419_市川市八幡2_喫茶ルノアール本八幡_1019_DSC0320220090419_市川市八幡2_喫茶ルノアール本八幡_1019_DSC03200
総務省統計局では,「喫茶店」を「主としてコーヒー,紅茶,清涼飲料などの飲料や簡易な食事などをその場所で飲食させる事業所」と定義している. 喫茶店個人経営法人経営(チェーン店など)の割合(2014年)は,個人経営は約 5万3000事業所(75.8%),法人経営は約 1万7000事業所(24.0%)となっている.
20090419_市川市八幡2_喫茶ルノアール本八幡_1020_DSC0320320090419_市川市八幡2_喫茶ルノアール本八幡_1020_DSC03204
スターバックスコーヒー」(1334店)や「ドトールコーヒーショップ」(1124店)など,大手チェーン店のセルフサービス型喫茶店が増えている一方で,昭和からのフルサービス型喫茶店は横ばいとなっている. 関東圏のフルサービス型喫茶店のチェーン店といえば「喫茶室ルノアール≪TYO.9853≫」だろうか. 高級ソファを設置し,客1人あたりのスペースが広い. セルフサービス型喫茶店のアイスティー1杯が300円台に対して,ルノアールは1杯500円台後半と割高となっている.
20081113_東京_喫茶ルノアール本八幡_1212_DSC0001620121129_喫茶室ルノアール_1822_DSC03660
ルノアール」は,もともとはせんべい屋の喫茶部問が独立したもので,1964年(昭和39年)に日本橋に第1号店を開店したのが始まりだ. 1983年(昭和58年)には,いち早く100店舗を達成し,1989年(平成元年)には喫茶店業界で初めて株式店頭公開を行った.
20081113_東京_喫茶ルノアール本八幡_1528_DSC00072
しかし,セルフサービス型喫茶店に押され,総店舗数120店舗から,現在は 87店舗へと減らしている. 2000年(平成12年)には,そば事業に進出するも失敗,2004年(平成16年)には撤退と瞑想する. 市川市の「ルノアール本八幡店」も,2012年10月に完全閉店している.
船橋市高瀬町の京浜食品コンビナート内「キーコーヒー関東工場」.
20100403_船橋市高瀬_キーコーヒー_1233_DSC0965320040616_船橋市_京浜食品コンビナート_キーコーヒー_DSC02919
2013年には,船橋市高瀬町に「関東工場」がある「キーコーヒー」が筆頭株主(発行済株式の約21%,約6億円)となり,実質上「キーコーヒー」の傘下となっている. 近年,フルサービス型喫茶店が見直され,ルノアールの業績は向上している.
ららぽーとTOKYO-BAYハーバー通りの「スターバックスコーヒー」の店舗.
20111223_ららぽーと_スターバックスコーヒー_1543_DSC0617120111223_ららぽーと_スターバックスコーヒー_1544_DSC06173
逆に,セルフサービス型喫茶店の「スターバックスコーヒー(通称:スタバ)」の顧客満足度が深刻な低下となっている. スタバは,「うるさい」,「客がうっとうしい」,「(客層の)品が良くない」,「落ち着けない」,「背の高い椅子は尻が痛い」,「セルフの割には高い」といった声が多数出ている.
習志野市津田沼4丁目の「コメダ珈琲店津田沼店」.
20140329_習志野市津田沼4_コメダ珈琲店津田沼店_1336_DSC0107320140329_習志野市津田沼4_コメダ珈琲店津田沼店_1336_DSC01077
フルサービス型喫茶店で拡大展開しているのが都市部郊外型店舗の「コメダ珈琲店」だ. あの喫茶店激戦地区の名古屋で鍛えられたサービスが,東京近郊でも人気を博している. 船橋市近郊だけでも,コメダ珈琲店津田沼店(習志野市津田沼4丁目),船橋日大前店(船橋市坪井東2丁目),船橋芝山店(船橋市芝山4丁目),新松戸駅前店(松戸市新松戸2丁目)と,つぎつぎに出店している.
船橋市習志野台4丁目の「星乃珈琲店習志野台店」.
20170507_高級喫茶店_星乃珈琲店_習志野台店_1213_DSC00571T20170507_高級喫茶店_星乃珈琲店_習志野台店_1213_DSC00567R
これに続けとばかりに拡大しているのが,同じ都市部郊外型(住宅地型)の「星乃珈琲店」だ. 星乃珈琲店」は,2011年3月に埼玉県の蕨市(わらびし)に1号店をオープンさせ,その後つぎつぎに店舗展開している. 船橋市近郊だけでも,東武船橋店(船橋市本町7丁目,2018年2月末閉店予定),船橋咲が丘店(船橋市咲が丘3丁目),幕張店(千葉市美浜区幕張西2丁目),八千代台店(八千代市八千代台南1丁目)と,こちらもつぎつぎに出店している.
20170507_高級喫茶店_星乃珈琲店_習志野台店_1213_DSC00569T20170507_高級喫茶店_星乃珈琲店_習志野台店_0934_DSC00311T
成田街道(国道296号)ぞいの「星乃珈琲店習志野台店」(船橋市習志野台4丁目)も,2012年12月にオープンさせた. 同じ場所には,お箸で食べるスパゲッティー「洋麺屋五右衛門習志野台店」も同日オープンしている. 外食産業全体の業績がよくないなか,郊外型珈琲店の業績は絶好調となっている.
20170507_高級喫茶店_星乃珈琲店_習志野台店_0934_DSC00313T20170507_高級喫茶店_星乃珈琲店_習志野台店_0934_DSC00314R
星乃珈琲店」,「洋麺屋五右衛門」,どちらも最強の外食チェーンといわれている「日本レストランシステム(通称:日レス)」が運営する店舗ブランドだ. ららぽーとTOKYO-BAY にも複数の飲食店を出店している. 日本レストランシステムとドトールコーヒーは,持株会社「(株)ドトール・日レスホールディングス」を設立し,株式移転方式により資本業務提携した.
船橋市高瀬町の京浜食品コンビナート内「ドトールコーヒー関東工場
20100403_船橋市高瀬_ドトールコーヒー_1311_DSC0983220100403_船橋市高瀬_ドトールコーヒー_1312_DSC09833
星乃珈琲店」の経営は日レス側だが,ドトールの支援を受けて開発された店舗ブランドとなる. 星乃珈琲店」の名は,ドトールの代表取締役社長「星野正則」の苗字をとって店ブランド名にしている. ルノアールは,郊外型店舗として「ミヤマ珈琲」を展開(千葉県は出店なし)している.
船橋市習志野台4丁目の「星乃珈琲店習志野台店」.
20170508_高級喫茶店_星乃珈琲店_17220170508_高級喫茶店_星乃珈琲店_162
星乃珈琲店」は,「蔵(くら)」をイメージした作りになっている...続きを読む

長崎料理専門店ばってん山内オープン@ららぽーとTOKYO-BAY北館ハーバーグリル(41)

船橋ららぽーとTOKYO-BAY北館のハーバーグリル 2F に,長崎料理専門店ばってん山内が2014年7月15日(火)にオープンした.
20140812_ららぽーとTOKYO-BAY_ばってん山内_1111_DSC0046820140812_ららぽーとTOKYO-BAY_ばってん山内_1112_DSC00472
ばってん山内は,日本レストランシステム(NRS)が展開するレストランだ. 全国に40ブランド450店舗を出店している. ららぽーとTOKYO-BAYには,にんにく屋五右衛門,キッチン卵,地鶏やを出店している.
20140812_ららぽーとTOKYO-BAY_ばってん山内_1112_DSC0048020140812_ららぽーとTOKYO-BAY_ばってん山内_1112_DSC00473
ばってん山内の場所は,同じ日本レストランシステムの自然食さんるーむがあった場所となる.
20140812_ららぽーとTOKYO-BAY_ばってん山内_1112_DSC0047620140812_ららぽーとTOKYO-BAY_ばってん山内_1112_DSC00477
日本レストランシステム(株)(株)ドトールコーヒーは経営統合してドトール・日レスホールディングスを設立した. その傘下として,日本レストランシステムが経営している.
20140812_ららぽーとTOKYO-BAY_ばってん山内_1112_DSC0047820140812_ららぽーとTOKYO-BAY_ばってん山内_1112_DSC00474
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2014年07月05日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@トレンドスクエアオープン編(40)
(2014年06月19日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@ケンズテニスクラブららぽーとの解体編(39)
(2014年05月23日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@松戸富田製麺オープンその後編(38)
(2014年05月18日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@回転すしチェーン無添くら寿司のビッくらポン!の確率編(37)
(2014年05月17日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@回転すしチェーンの無添くら寿司2014年5月12日オープン編(36)
(2014年04月21日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@西館の謎の自販機編(35)
(2014年03月16日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@巨大ピカチュウふわふわ編(34)
(2014年03月16日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@回転すしチェーンの無添くら寿司2014年5月14日オープン編(33)
(2014年03月16日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@88ユイットユイットオープン編(32)
(2014年03月15日)ららぽーとTOKYO-BAYは大改装@博多一風堂オープン編(31)
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
タグクラウド
ギャラリー
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)