千葉県第2次5カ年計画において,千葉海浜ニュータウン構想が立案されたのは,1966年(昭和42年)だった. その構想をもとに,海浜ニュータウン幕張地区の埋め立てが1973年から始まった.
20140805_千葉市_海浜幕張公園バーベキューガーデン_1154_DSC0385720140805_千葉市_海浜幕張公園バーベキューガーデン_1151_DSC03832
その後,1975年に幕張新都心基本計画が発表され,522.2ha(中心地区 437.7ha+拡大地区 84.5ha)にもなる土地開発のマスタープラン(幕張新都心基本計画)が固まった.
20140805_千葉市_海浜幕張公園バーベキューガーデン_1151_DSC0382620140805_千葉市_海浜幕張公園バーベキューガーデン_1150_DSC03825
そのマスタープランでは,成田国際空港と首都東京の中間点の立地を生かし,幕張メッセを核とした[職]-[住]-[学]-[遊]の複合機能が集積した国際業務都市が描かれていた.そのひとつとしてできたのが,. 1981年(昭和56年)11月20日の都市計画で71.9haにもなる千葉県立海浜幕張公園が設定された.
20140805_千葉市_海浜幕張公園バーベキューガーデン_1151_DSC0382720140805_千葉市_海浜幕張公園バーベキューガーデン_1151_DSC03828
JR海浜幕張駅前のタウンセンター地区(商業ホテル),業務研究地区(ビジネス街)と居住地区である幕張ベイタウンとの間に A-B-Cブロックが設置され,QVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)を含む東京湾沿いのE-E-F-Gブロックで構成されている. A-B-Cブロックは,指定管理者制度により,民間に管理を委託している. 地域の防災拠点としての機能も持ち,ニューヨークのマンハッタンにある都市公園のセントラルパークをモデルにしたといわれている.
20140805_千葉市_海浜幕張公園バーベキューガーデン_1151_DSC0383320140805_千葉市_海浜幕張公園バーベキューガーデン_1151_DSC03840
海浜幕張公園では,花火やバーベキューなどの火を使うような利用は原則できない. 市民からは,葛西臨海公園ではバーベキュー(BBQ)ができるのに,海浜幕張公園ではなぜバーベキューができないのかという声が出ていた...続きを読む