2011年3月11日(金) 14:46,三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起きた.
▼宮城県南三陸町の海岸線から出る日の出.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0611_2801020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0613_54010
地震の規模を示すモーメントマグニチュードは 9.0. 日本国内観測史上最大,1900年からの観測の中で世界第4位の巨大地震だった. この地震による死者行方不明者数 1万8517人(2014年3月10日時点),建築物の全壊半壊は 40万0151戸にもなった. その東日本大震災から4年となった. 日を数えると,1461日が過ぎたことになる.
▼2011年3月11日(金) の朝は曇りで,日の出は見られなかったが,微風でおだやかな志津川湾だった.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0612_1801020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0616_00010
東北地方太平洋沖地震が引き起こした大津波は,岩手県宮古市田老(たろう)地区では,津波は高さ 37.9m のところまでまで駆け上がった. また,宮城県南三陸町にも津波は襲いかかり,町の3つの川を逆流(遡上),内陸深く進入して被害を大きくした. 町の建物の,ほぼ7割弱が壊滅した.
▼2011年3月11日(金) の朝,おだやかな志津川湾を眺めて,14:46 に大地震が起きるなどとは誰も思わなかっただろう.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0614_3401020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0630_45020
この宮城県南三陸町にある南三陸ホテル観洋では,震災を風化させないためにと,ホテルスタッフなどが被災した南三陸町を案内する語り部バスツアーを運行している.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0830_1902020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0833_08020
語り部バスツアーは,朝 8:45 にホテルを出発し,標準コースは=>戸倉地区=>高野会館前=>南三陸町防災対策庁舎=>9:45 ごろホテル戻って(所要時間約60分)くる. ツアー料金は,大人 500円,子供 250円となっている.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0844_4001020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0853_10010
南三陸町には,チリのイースター島から贈られた本物のモアイ像がある. サンゴで作られた目があるモアイ像は世界でも2体しかないものだ. なぜ南三陸にモアイ像があるのか. 事の始まりは1960年(昭和35年)までさかのぼる.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0844_4007020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0844_40080
1960年,約 1万7000km も離れた地球の反対側で,チリ地震が起きた. そのチリ地震により,三陸湾岸に大津波がおしよせ,旧志津川町(現,南三陸町)内だけでも,死者 41名,建築物の流失が 312戸,倒壊 653戸,半壊 364戸,浸水 566戸の大きな被害が出た.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0902_5003020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0902_50010
その津波がきっかけとなり,チリ共和国南三陸町は友好関係を深め,チリ津波から30 年後の1990 年には,国鳥コンドルの碑がチリから贈られた. 1991 年には当時の竹下登首相が発案したふるさと創生事業を使って,チリ本土の石でモアイ像を作って志津川地区の松原公園(チリプラザ)に設置された.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0916_2508020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0916_25100
今回の大津波モアイ像が流されたことを知り,イースター島の石材を切り出し,本物のモアイ像を制作して日本に贈られたのだ.
20150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0916_2506020150228_東日本大震災_宮城県_仙台市_南三陸町_0916_25020
南三陸町の震災としてテレビなどで取り上げられるのが,南三陸町防災対策庁舎の悲劇だ. 最後まで「避難してください」とアナウンスし続けながら波にさらわれてしまった職員の悲劇のことだ...続きを読む