2月14日は,セントバレンタインデー(St. Valentine's day)だ. バレンタインデーといえばチョコレートのプレゼントだ. 街角には臨時のチョコレート販売コーナーが半月以上も前からできている.
20150201_船橋市本町_バレンタイン_チョコレート販売_1742_DSC0722220150201_船橋市本町_バレンタイン_チョコレート販売_1742_DSC07221
そのチョコレートだが,千葉県船橋市高瀬町の京葉食品コンビナートで作られている. メリーチョコレートカムパニー 船橋工場モロゾフ船橋工場などだ.
20150201_船橋市本町_バレンタイン_チョコレート販売_1742_DSC0722020150201_船橋市本町_バレンタイン_チョコレート販売_1741_DSC07216
セントバレンタインデーチョコレートを結びつけたのは日本でチョコレートを販売し始めたモロゾフだった. 1936年のことだった. そもそも,バレンタインデーが生まれた西欧では,お互いに愛を祝う日とされ,両親や友だち,仲間にカードを渡して祝うもので,チョコレートでないといけないとしているのは日本と韓国くらいとなっている.
20150201_船橋市本町_バレンタイン_チョコレート販売_1742_DSC0722320150201_船橋市本町_バレンタイン_チョコレート販売_1741_DSC07214
だが,このセントバレンタインデーチョコレート販売額は,2012年の1400億円弱をピークに急激に降下している. 2015年の販売額は1000億円をきったものと推測される.
20150208_バレンタイン_チョコレート販売_販売推移_014
それは,どうしてなのか...続きを読む