千葉県船橋市や市川市沖の干潟三番瀬は,豊富な栄養と潮の干満により江戸時代から豊じょうの海といわれ,魚や貝,ノリの良い漁場となっている.
20150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1009_DSC0488420150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1009_DSC04890
首都東京から30分ほどの場所でありながら,船橋市の船橋漁港スズキの水揚げ量日本一を誇る.
20150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1009_DSC0489220150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1009_DSC04891
自然豊かな三番瀬の漁場を背景に,スズキ以外にもアジやサバ,イワシなどの鮮魚,ホンビノス(外来種),アサリやバカガイ(アオヤギ)などの貝類などの水産物が水揚げされている. また,ノリ養殖もおこなわれている.
20150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1010_DSC0489320150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1010_DSC04894
その船橋漁港では,原則毎月第3土曜日(冬期中止)の 9:00-11:00に,船橋漁港朝市をおこなっている. 2015年5月16日(土)にも,朝市が開催された.
20150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1010_DSC0489720150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1010_DSC04898
鮮魚や貝類だけでなく,船橋産の農作物や加工品の販売や,地元船橋の店が出店される.
20150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1011_DSC0490420150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1010_DSC04899
特に,北米原産のホンビノス貝は比較的大型でありながらハマグリのように美味しい. 別名白ハマグリとも言われる. 若干,ハマグリとは歯ごたえが異なる. 北米でクラムチャウダーといえば,ほとんどこのホンビノス貝が使われている.
20150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1011_DSC0490720150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1011_DSC04906
東京湾最奥部では,年に数回台風や集中豪雨の後などに青潮が大発生するが,ホンビノス貝青潮に強いという特徴がある.
20150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1011_DSC0490320150516_船橋市湊町3_船橋漁港_朝市_ダイサン_1011_DSC04908

人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2015年04月29日)春の風@イケア船橋前のツツジ(13)
(2015年04月22日)春の風@船橋天沼弁天沼池公園の緑りと花のジャンボ市(12)
(2015年04月21日)春の風@船橋漁港の朝市(11)
(2015年04月19日)春の風@千葉県ラーメン博IN東京ドイツ村(10)
(2015年04月18日)春の風@東京ドイツ村のシバザクラ(9)
(2015年04月16日)春の風@東京ドイツ村のシバザクラ(8)
(2015年04月16日)春の風@東京ドイツ村のシバザクラ(7)
(2015年04月15日)春の風@船橋海老川長寿の橋のサクラ(6)
(2015年04月14日)春の風@船橋大神宮のサクラ(5)
(2015年04月10日)春の風@松戸市新京成八柱駅前の八柱さくらまつり(4)