全ての生物は,共通の祖先から長い時間をかけて自然選択がおこなわれて進化した. イギリスの自然科学者チャールズロバートダーウィン進化論だ.
東武百貨店船橋店でおこなわれた船橋洋ラン展.
20140113_船橋東武_船橋洋ラン展_船橋蘭友会_1034_DSC0097620140113_船橋東武_船橋洋ラン展_船橋蘭友会_1034_DSC00977T
進化論のヒントのひとつとなったと言われているのが,野生のラン(欄)だった. ハチドリ(のちにキサントパンスズメガと判明)は蜜を吸う花の形に合わせてくちばしの形を変え,花と一緒に少しずつ進化して行ったとしている.
20140113_船橋東武_船橋洋ラン展_船橋蘭友会_1034_DSC0097920140113_船橋東武_船橋洋ラン展_船橋蘭友会_1035_DSC00983
多くのランの花には,花粉が集まった花粉塊(かふんかい)がある. ひとつの花に数個の花粉塊しかない. ラン花粉塊を昆虫に運ばせるためにさまざまな進化をしてきた.
20140113_船橋東武_船橋洋ラン展_船橋蘭友会_1034_DSC0098120140113_船橋東武_船橋洋ラン展_船橋蘭友会_1034_DSC00982
メスのフェロモンや腐った食べ物の臭いを発したり,花の一部を虫のメスに似せたり,蜜で誘うなどで昆虫を誘う.
20140113_船橋東武_船橋洋ラン展_船橋蘭友会_1035_DSC0098720140113_船橋東武_船橋洋ラン展_船橋蘭友会_1035_DSC00984
野生のランは,熱帯地方を中心に広く分布し,世界各国で品種改良がおこなわれた. とくに洋ランの花は美しく,多くの人々に愛されている...続きを読む