群馬県伊勢崎市に本社を置くまるか食品カップ焼きそばペヤングが,生産が追いつかないほど売れている. 異物混入問題で2014年12月11日に操業を停止していたが,対策を終え,2015年5月19日から生産を再開したばかりだ.
▼販売再開をしたまるか食品カップ焼きそばペヤング.
20150610_まるか食品_カップ焼きそばペヤング_72020150610_まるか食品_カップ焼きそばペヤング_732
まずは関東圏にエリア限定して6月8日から店頭に並べた. 約半年ぶりの販売だった. 用意していた 400万食が,わずか2日で完売となる. 予想を超える注文が入って生産が追いつかず,関東圏以外のエリアの販売を3週ほど遅らせるほどだった.
20150609_まるか食品_カップ焼きそばペヤング_復活_1933_DSC0848820150609_まるか食品_カップ焼きそばペヤング_復活_1933_DSC08490
業界初の四角い容器のカップめんペヤングソースやきそばを発売したのは1975年3月だった. 操業を停止前は,1日40万食を生産していたが,初動対応のまずさから,全ての生産を中止せざるを得ない状況となってしまった. 食品への異物混入を,完全にゼロにすることはまず不可能だ.
20150609_まるか食品_カップ焼きそばペヤング_復活_1933_DSC0848720150609_まるか食品_カップ焼きそばペヤング_復活_1933_DSC08491T
カップ焼きそばペヤングには,ペヤンガーと呼ばれる熱烈なファンがいる. 今回虫が入っているとツイッターで写真を投稿したのも,熱烈なペヤンガーだった. 2014年12月02日 午後10時のことであった...続きを読む