東京ベイ船橋ビビット2017-2016-2015-2014

Tokyo-Bay Funabashi-Vivid 2017-2016-2015-2014

オブジェ

ナシの二十世紀の発祥の地@松戸市

千葉県は,温暖な気象条件や土壌条件に恵まれ,ナシ(梨)の栽培に適している. 栽培面積,収穫量,産出額とも日本一を誇る. 江戸時代の1783年(天明3年)の浅間山大噴火によって,千葉県成田で数10cm以上の火山灰が降り積もったという記録がある. この火山灰によって.排水性の良い土壌となり,ナシの栽培に向いている.
千葉県道51号市川柏線.
20150419_松戸市千駄堀_二十世紀梨発祥の地_11220150419_松戸市千駄堀_二十世紀梨発祥の地_120
都道府県別ナシ(和梨)生産量(2014年)は,1位;千葉県(3万3500t,12.4%),2位;茨城県(2万7100t),3位;栃木県(2万1700t),4位;福島県(1万9600t),5位;鳥取県(1万8500t)となっている. 千葉県の栽培面積は 1650ha にもなる.
千葉県道51号市川柏線ぞいの二十世紀のオブジェ.
20150419_松戸市千駄堀_二十世紀梨発祥の地_1248_DSC01653T20150419_松戸市千駄堀_二十世紀梨発祥の地_1248_DSC01654T
千葉県内の市町村別の果樹面積でみると,1位;白井市(304ha),2位;市川市(272ha),3位;鎌ケ谷市(228ha),4位;船橋市(181ha),5位;市原市(75ha),6位;松戸市(66ha)となっている. 船橋市市非公認ゆるキャラ「ふなっしー」はナシの妖精だが,この「ふなっしー」によって,船橋ナシのブランド力は高まった. だが,白井市の生産量の半分程度でしかない.
20150419_松戸市千駄堀_二十世紀梨発祥の地_1248_DSC0058820150419_松戸市千駄堀_二十世紀梨発祥の地_1248_DSC00589
千葉県におけるナシの栽培は江戸時代にまでさかのぼる. 千葉県のナシの栽培は八幡地方(現在の市川市八幡地区)からで,川上善六が1769年に取り組んだのが最初と言われている. 徳川幕府末期には,関東圏最大のナシ産地になっていた. 当時のナシの品種は太白赤龍(早生赤),明月(中国ナシ系)だったと思われる. 日本のナシに革命を起こしたのが,松戸市発祥の二十世紀だ.
20150420_二十世紀梨発祥の地_松戸覚之助_12220150420_二十世紀梨発祥の地_松戸覚之助_142
その二十世紀を発見したのが松戸覚之助(まつどかくのすけ)だった. 覚之助の父は,1886年(明治19年)から上総(かずさ)大橋村(後に八柱村となり現在の松戸市となる)で錦果園という果樹園でブドウを栽培していた. 覚之助が11歳の時に父が新たにナシの栽培を始める. 覚之助が高等小学校高等科2年(現在の中学1年相当)の時に,親戚の家のゴミ捨場でナシの木を偶然見つける. 食べたナシの食べかすから自生したと思われる. それが,のちの二十世紀(当初品種名は新太白)となる.
20150420_二十世紀梨発祥の地_松戸覚之助_22020150420_二十世紀梨発祥の地_松戸覚之助_230
父(伊左衛門)が経営する錦果園に移植して育てるが,なかなか満足するような果実を付けることはできなかった. 実を付け始めると,すぐに黒斑病(こくはんびょう)になってしまうからだ. ようやく,実を付けたのは10年後の1898年,覚之助が23歳の時だった. 現代でも二十世紀は,袋掛け農薬を使わないと果実は育たない. その後,1904年に鳥取県に導入され,鳥取県産ナシの8割(国内生産量の49.7%)を二十世紀が占める.
二十世紀(新太白)(左). 幸水豊水(右).
20150420_二十世紀梨_新太白_松戸覚之助_12020150420_幸水梨_豊水梨_110
現在の千葉県では,二十世紀はほとんど生産されておらず,二十世紀の子孫となる1941年生まれの幸水や,1954年生まれの豊水などの赤系の品種が主流となっている. かつて,鳥取県のナシ生産量は1位となっていたが,二十世紀にこだわり,三水(幸水,豊水,南水)の生産に乗り遅れ,現在は5位の生産量となってしまった.
.

街で見つけた変なもの@習志野市藤崎の廃品を使ったオブジェ(360)

船橋市船橋大神宮前を起点として,習志野市藤崎,大久保新田,実籾を通り,東金市にいたる約37km の道が,東金街道(御成街道)だ. 東金街道は,江戸時代(徳川家康)に3日で造ったといわれ,ほぼ直線の道路となっている.
習志野市藤崎6丁目の大作造園道路わき
20150912_習志野市藤崎6_大作造園_空き缶_0858_DSC0724520150912_習志野市藤崎6_大作造園_空き缶_0858_DSC07248
この東金街道の習志野市藤崎6丁目に,大作造園がある. この造園会社の道路脇には,空き缶などの廃品を利用したオブジェが飾られている. そのオブジェの完成度が高く,そこを通る通勤通学する市民からも,絶賛の声が聞かれる.
20151129_習志野市藤崎6_大作造園_空き缶_1558_DSC0042320151129_習志野市藤崎6_大作造園_空き缶_1600_DSC00444
オブジェは,季節ごとに定期的に変わっているようだ. ビールの空き缶などを,カッターで切り裂いて作っている.
20151129_習志野市藤崎6_大作造園_空き缶_1559_DSC0044320151129_習志野市藤崎6_大作造園_空き缶_1600_DSC00445続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
Vivit掲示板
sidebody_icon掲示板はコチラ
sidebody_icon2ch 風掲示板はコチラ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
千葉県の天気
東京都の天気
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit_funabashi

タグクラウド
ギャラリー
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)
  • 変わる外食産業@昔ながらのフルサービス型店の喫茶店が復活(24)