東京メトロ東西線原木中山駅から15分ほどの江戸川放水路の近くの千葉県市川市高谷に,千葉県立市川南高校はある. 通称,市南(イチナン)と呼ばれている. 1981年(昭和56年)4月に開校し,本年(2015年)で創立34年目を迎えた.
▼千葉県市川市高谷の千葉県立市川南高校.
20150822_市川市高谷_千葉県立市川南高校_1322_DSC0498020150822_市川市高谷_千葉県立市川南高校_1616_DSC05061
市川南高校は,全日制普通科の高校で,学年あたり8クラス,全24クラス,956名が在籍する高校となっている. 千葉県では,小中高連携事業を進めているが,隣の市川市立高谷中学校と,理科(化学)の実験や芸術(書道)の実技を一緒におこなう授業をしている. 「千葉県で一番元気な高校」をキャッチフレーズに部活も活発で,学校評価も上がってきている.
20150822_市川市高谷_千葉県立市川南高校_1616_DSC05061T20150822_市川市高谷_千葉県立市川南高校_1616_DSC05063
特に,吹奏楽部は活発で,「地域に根差した活動」,「愛される市南吹部」をモットーに学校外部での活動も頻繁におこなっている. 2011年東関東吹奏楽コンクール銅賞,2012年東関東吹奏楽コンクール金賞,2013年東関東吹奏楽コンクール金賞,2014年東関東吹奏楽コンクール金賞と,4年連続受賞している.
20150802_市川市妙典5_イオン市川妙典店_1256_DSC0255120150802_市川市妙典5_イオン市川妙典店_1442_DSC02623
特に,2012年東日本学校吹奏楽大会では銅賞を受賞している. 西日本学校吹奏楽大会はないので,実質上の全日本大会となっている(他に全日本吹奏楽コンクールがあるが,千葉県や栃木県では,地区大会がおこなわれていない). 市川南高校吹奏楽部は,今や千葉県を代表する強豪吹奏楽のひとつとなっているが,かつては部員9名ほどの廃部寸前の部活だった.
20150802_千葉県立市川南高校_吹奏楽部_サマコン_1302_C000101220150802_千葉県立市川南高校_吹奏楽部_サマコン_1331_C0006022
その部活をあっと言う間に東関東大会に出場するまで育てあげたのが,元顧問の緑川教諭だった. 柏市立柏高校(通称,イチカシ)の講師として吹奏楽部顧問をしていた. 市立柏高校でマーチングを全く知らない1年生に,半年で全国大会の金賞を取らせた実績がある. 吹奏楽は,指導者の力で多くく育つ.
20150802_千葉県立市川南高校_吹奏楽部_サマコン_1316_C000402220150802_千葉県立市川南高校_吹奏楽部_サマコン_1316_C0004052
2009年に正式に教員免許を得て,市川南高校の音楽教師として赴任し,吹奏楽顧問となった. 市川南高校吹奏楽も,歌ありダンスありの市立柏高校風のノリの良さがある.
20150802_千葉県立市川南高校_吹奏楽部_サマコン_1459_DSC0263520150802_千葉県立市川南高校_吹奏楽部_サマコン_1459_DSC02638
その後,緑川教諭は2014年に市立柏にもどり,その後の吹奏楽部顧問を引き継いだのが,2013年(平成25年)4月に正式に千葉県新規採用職員になったばかりの森教諭だ. 市川市立第六中学校(千葉県市川市鬼高3丁目)出身でもある.
20150802_千葉県立市川南高校_吹奏楽部_サマコン_1510_5601220150802_千葉県立市川南高校_吹奏楽部_サマコン_1510_56032
その市川南高校吹奏楽部のサマーコンサートがイオン市川妙典店(千葉県市川市妙典5丁目)で,2015年8月2日(日)に開催された. 積極的におこなっている外部演奏のひとつとなっている..続きを読む