新年を迎え,2014年になった. かつての日本のお正月の楽しみといえば,少し早起きをして今年一年がよい年であるよう初日の出に祈る. そして,こたつに入りながらお雑煮やおせちを食べ,子どもと一緒に凧揚げや羽根つきで遊ぶ. 家族一緒に初詣に行くというのが定番だった.
20140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0701_DSC0822420140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0701_DSC08223T
少なくても1月1日だけは,一般事務社員も,工場に勤める社員,流通業にたずさわる社員,個人商店も同じだった. 従業員の帰郷などを考慮し,初あきないは4日からというデパートも多かった.
20140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0704_531020140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0702_DSC08233
だが,最近のお正月は変わってしまった. それは,コンビニエンスストアやイオンなどの流通業界などが,容赦なく1月1日から営業を始めるようになったからかもしれない.
20140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0705_251020140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0704_DSC08236
今や,お正月の最初の楽しみといえば,初売り福袋だ. 初売り初あきないは流通側の言い方だが,客側からみれば初買いとなる.
20140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0705_DSC0824120140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0705_DSC08242
ららぽーとTOKYO-BAYも,10年ほど前は1月1日は休みだったが,イオンなどの営業に合わせ,1月1日が初売りとなっている.
20140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0706_DSC0824920140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0706_DSC08247
ららぽーとTOKYO-BAY初売り は 9:00 開店だが,このためにまだ暗い時間から列を作る. 毛布を持ち込んで,徹夜で並ぶつわもの(兵)もいる. 駐車場にクルマを置き,交代で並んでいるようだ. 今年(2014年)は,風もなかく晴天となったが,その分夜間は放射冷却により気温が氷点下まで下がった.
20140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0708_DSC0825320140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0708_DSC08252T
1万,2万の福袋が多いが,3万円の福袋も飛ぶように売れる.
20140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0709_DSC0825520140101_ららぽーとTOKYO-BAY_初売り_0710_4010T
ららぽーとTOKYO-BAY初売りには,毎年15万人以上の客がやってくる. 昨年年末に,イオンモール幕張市都心がオープンしたが,その影響で客の減少が心配されたが,影響はほとんどなかったようだ...続きを読む