今,各地のご当地キャラ(ゆるキャラ)が人気だ. 地域活性化を目的として活躍しているご当地キャラローカルヒーローたちだが,最近はテレビや雑誌などへの露出も多くなり,一部のご当地キャラにおいてはアイドルなみの人気となっている.
習志野市菊田公園でおこなわれたきくたこどもまつり.
20140705_習志野市_菊田公園_きくたこどもまつり_1431_DSC0954720140705_習志野市_菊田公園_きくたこどもまつり_1430_DSC09541
今,ご当地キャラの人気の頂点を極めているのが,船橋市非公認ご当地キャラふなっしーだ. 他のご当地キャラの追従をゆるさないほど人気となり,船橋の地名を全国に周知させた.
20140705_習志野市_菊田公園_きくたこどもまつり_1433_DSC0169320140705_習志野市_菊田公園_きくたこどもまつり_1434_DSC01694
そのご当地キャラの人気に,習志野市も新たなご当地キャラが誕生させた. 習志野市制施行60周年記念として,2013年7月15日(月)8月19日(月)にかけてご当地キャラのデザインと愛称を募集し,約700人から 853作品の応募があった.
20140705_習志野市_菊田公園_きくたこどもまつり_1435_DSC0169620140705_習志野市_菊田公園_きくたこどもまつり_1435_DSC01695
選考の結果,デザインは習志野市在住のHさん,愛称はYさんの作品が採用された. 音楽が盛んな土地柄と谷津干潟の野鳥をモデルにしたご当地キャラナラシドが誕生(8月1日生まれ)した.続きを読む