ビビット2020-2014

Vivit 2020-2019-2018-2017-2015-2014

今、南船橋駅前再開発

■船橋漁協直営の水産物直売所「三番瀬みなとや」が大変身

東京駅からから電車で25分,駅から徒歩20分ほどの場所に「船橋漁港」がある。都心から一番近い活気がある「漁港」だ。
20200428_1227_船橋漁港_京葉港_千葉港_DSC00784W
この「船橋漁港」の船橋市漁業協同組合(漁協)が中心となって,『地元で採れたものを食べよう』という地産地消(地域生産地域消費)の考え方で,「船橋漁港の朝市」を原則毎月1回がおこなっている。
20200428_1251_船橋漁港_京葉港_千葉港_DSC00802W
2010年8月からの第1回目から毎月第3土曜日午前中に開催してきたが,「コロナ禍」のなか,人の「密」をさけることから現在は開催を見合わせている。
▼船橋漁港内の「三番瀬みなとや」オープン式。
20130805_船橋市_船橋漁港内_三番瀬みなとや_954505-1-W
さらに,常設の水産物直売所「三番瀬みなとや」を2013年(平成25年)8月4日にオープンさせた。この直売所は,船橋漁協直営となる。直売所「三番瀬みなとや」の店舗は約60m2ほどだが,もともとは船員の休憩所だった建物を改装した。
20130815_船橋市_船橋漁港内_三番瀬みなとや_1433_DSC05878W
その直売所ができる前から,一部の民間水産会社が小売りを行っていたが,店舗形態とはなっていなかったため,一般市民が購入できるような状況ではなかった。
20130815_船橋市_船橋漁港内_三番瀬みなとや_1433_DSC05883W
2020年(令和2年)3月,この「三番瀬みなとや」が大変身をした。
20200405_1545_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_DSC00766W
船橋市宮本の船橋大神宮近くになある「ふなばし美術学院」の生徒が,「三番瀬みなとや」建屋とコンテナ型倉庫に絵を描いたのだ。ふなばし美術学院」は東京芸術大学や美術大学の美術予備校となる。
20200405_1546_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_DSC00779W
海産物直売所「三番瀬みなとや」では,三番瀬で養殖された海苔,アサリ(500g=500円)をはじめ,近年では外来種のホンビノス(700g=500円)を販売する。
20200914_2304_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_362W
鮮魚は季節によって水揚げが変わるが,夏はスズキや珍しいホウボウが捕れることもある。ただし,11月から4月の間のスズキは資源を保護のため禁漁となる。

▼出世魚3年目の「スズキ」。
20200822_スズキ_出世魚_112W
船橋のスズキの漁獲量は全国1位で,「江戸前船橋の瞬〆(締め)スズキ」としてブランド化している。頭と尾に包丁を入れ,血抜きを施したあと,尾から背骨に向けてエアガンで一気に神経を抜き取る。
20200914_2303_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_392W
神経締めを行うと「活け」の状態から死後硬直の状態までの時間を伸ばす事ができる。料理をする時点で死後硬直状態でないと,包丁が入れにくくなり,おいしく魚をさばけない。
20200914_2305_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_212W
生物は死ぬと,乳酸などの疲労物質が増え,筋肉を伸縮させるタンパク質であるアクチン(Actin)とミオシン(Myosin)が結合して筋肉が収縮する。これを,死後硬直状態という。
20200914_2304_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_472W
マダイやヒラメ,ブリなどの魚では,0度近い氷水で冷やすと死後硬直状態が早く終わってしまう。単に冷やせば新鮮ということでもないのだ。
20200914_2304_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_272W
船橋市は都心に近い立地要件から,運搬で生じるロスが最低限ですむ。地方の漁港から魚を運ぶよりも鮮度の点で優位に立つことができ,「江戸前船橋の瞬〆(締め)スズキ」は高級魚として2割ほど高く売れる。
20200914_2308_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_332W
船橋の「三番瀬みなとや」は,都市型直売所としてどのような需要あるのかやどのような販売方があるのかを見極めるアンテナショップ的役割がある。
20200405_1546_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_DSC00777W
客からの声で,青空のもとで漁港を見ながら軽食が食べられるオープンスペースを開設し,ホンビノス貝などを食べられるようにした。
20200405_1546_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_DSC00778W
では,今後はどのような計画(案)があるのだろうか。
20200405_1546_三番瀬みなとや_船橋漁協直売所_DSC00772W続きを読む

■南船橋地区にスケートリンク復活

かつて,南船橋地区に温泉を主とした総合レジャー施設があった。それが,船橋ヘルスセンターだ。首都圏には,箱根や熱海,草津などの有名温泉地が多数あるが,日帰りできる手軽な温泉地として,戦後間もない1955年(昭和30年)11月3日に誕生した。
▼1965年(昭和40年)ごろの船橋ヘルスセンター
1965年_昭和40年ころ_船橋市_船橋ヘルスセンター_遊園地_DSC08512W

船橋ヘルスセンターは,天然ガス(炭化水素ガス)の掘削時に,ガスとともに出てきた温泉を活用した。約1000mからくみ上げた温泉は,29℃だった(現在の温泉の定義では,温度が25度以上ないといけない)。「日本一大きい,日本一面白い,日本一安い,温泉と海と娯楽の大デパート」をテーマに,温泉施設のみならず遊園地も併設されていた。
▼1973年(昭和48年)ごろの船橋ヘルスセンター
1973年_昭和48年_ヘルスセンター_全景_020W
現在の健康ランドやスーパー銭湯に近いが,それをはるかに超える規模の施設だった。1966年開業の常磐ハワイアンセンター(現,スパリゾートハワイアンズ)は,この船橋ヘルスセンターを参考にしたといわれる。
▼1974年(昭和44年)ごろの船橋ヘルスセンター
1974年_昭和44年_船橋市_船橋ヘルスセンター_112W
船橋ヘルスセンターは,朝日土地興業の丹沢善利が開発運営した。丹沢は山梨県(甲州)出身実業家で,日蘭貿易会社を設立し,鉄くずの南洋貿易で成功した。千葉日報社長も務めたことがあるが,のちに朝日土地興業三井不動産に吸収合併される。
船橋ヘルスセンター内の遊覧飛行用のセスナ機。
20050329_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1702_DSC07614W
船橋ヘルスセンター内には,遊覧飛行用の滑走路(船橋飛行場)もあった。滑走路は,現在の「イケア船橋」とマンションの「ワンダーベイシティサザン」,「グランドホライゾン・トーキョーベイ」の場所となる。
20070218_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1716_DSC09305W
その後滑走路は,1965年7月1日に開設された船橋サーキット場となる。多摩川スピードウェイ,鈴鹿サーキットにつぐ3番目のサーキット場だったが,わずか2年で閉鎖に追い込まれる。その跡地の一部に船橋競馬場から船橋オートレースが移転し,専用のオートレース場となる。
▼1974年(昭和44年)ごろの船橋ヘルスセンター
1974年_昭和44年_船橋市_船橋ヘルスセンター_122W
船橋ヘルスセンターには,温泉施設以外にも,劇場やボウリング場,人工ビーチ,ローラースケート場,そしてアイススケート場もあった。
▼船橋ヘルスセンターアイススケート場
20070218_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1716_DSC09308W
船橋オートレースの北側には,人工ビーチのゴールデン・ビーチがあった。当初は東京湾に接続する海水浴場だったが,王子製紙(現,王子マテリア)江戸川工場などからの排水によって水質が悪化し,海水浴場から閉鎖型プールに変更せざるを得ないことになる。千葉県の許可なく工事をしたことから問題となり,土地交換という方法で正式に朝日土地興業の土地にした経緯がある。
▼1965年(昭和40年)ごろの船橋サーキットゴールデン・ビーチ
1965年_昭和40年7月~昭和42年7月船橋サーキット_DSC07582W
だが,1960年後半になると,地盤沈下が深刻化する。場所によっては120cm も沈下していた。そして,1971年(昭和46年)9月29日船橋市から「地盤沈下非常事態宣言」が発令されて地下水のくみ上げができなくなってしまう。船橋ヘルスセンターは,天然温泉の名が使えなくなってしまった。また,クルマの普及によりレジャーが多様化し,来場者数が減少。ついに,1977年5月5日で21年半の歴史に幕を閉じた。
▼船橋ショッピングセンター(現,ららぽーとTOKYO-BAY)の全景。
1986年_ららぽーと3南_船橋そごう_DSC08611W
その船橋ヘルスセンター跡地にできたのが,日本初のショッピングモールの船橋ショッピングセンター(現,ららぽーとTOKYO-BAY)だ。船橋ショッピングセンターは,ハワイのショッピングセンター「‎アラモアナセンター」をモデルとした。
続きを読む

■JR京葉線南船橋駅の南口の市有地開発スタート

JR京葉線「南船橋駅」の南口の,広大な船橋市市有地(4.5ha)の開発が始まる。首都圏の駅前で,未開発の貴重な土地となる。
▼現在のJR京葉線「南船橋駅」南口。
20200823_1308_JR南船橋駅南口市有地活用_DSC00299W
かつてここには,船橋市立若松小学校と若松中学校があったが,京葉線と国道357号,東関東自動車道(E51)の建設のために,さらに埋め立てられた東京湾側へ移転させられた。
▼1969年(昭和44年)ごろの前の船橋市立若松中学校
20081206_船橋市若松_若松中学校_1134_DSC03150W
その後,千葉県水道局船橋水道事務所が利用していたが,こちらも京葉食品コンビナート地域へ移転した。
▼1992年(平成4年)ごろの現在の船橋市立若松中学校(右)と船橋市立若松小学校(左)。
20081206_船橋市若松_若松中学校_1140_DSC03189W
長らく放置されていた広大な空き地だったが,ようやく千葉県企業庁がUR賃貸住宅若松団地(一部分譲住宅あり)の再構築と合わせて大規模開発の調整を始めていた。しかしながら,まとめ上げる前に千葉県企業庁は解体されることになる。
20200328_2000_JR南船橋駅南口市有地活用_114W
広大な空き地は,千葉県企業庁からへインフラ整備などを船橋市がおこなうことを条件に,2013年10月に船橋市へ無償譲渡されていた。この市有地の開発はプロポーザル方式で公募され,三井不動産グループの提案が 898点で選定され,2位のグループの 657点を大きく引き離して採用された。
続きを読む
重要な情報
ic_sun.gif2015年になりました. 今年も,引き続きよろしくお願いします.

ic_sun.gif以前の東京ベイ船橋ビビット2013-2012コチラです.
お知らせ
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットはスマートフォン,ケータイ電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットRSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif誤字や誤り,サイトへの批判などのコメントは,非表示にしています.
ic_sun.gifEnglish homepage is here.
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
人気ブログランキングへ
サイトへの連絡
vivit_funabashi@gmail.com
(迷惑メール防止のため,アンダーバー[_]をピリオド[.]入れ代えてください)
記事検索
カスタム検索
広告1
広告2
QRコード
QRコード
プロフィール

vivit

タグクラウド
ギャラリー
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」
  • ■コロナ禍の中の「秋の花粉症」