JR東日本(東日本旅客鉄道)は,2020年3月14日に開業したばかりの「高輪ゲートウェイ駅」と「新宿駅新南改札」にて,読み取り部分を内側に50度ななめに傾けた「新型自動改札機」を期間限定で設置した。
▼JR東日本が新宿駅に設置した「新型自動改札機」。
20200206_1622_JR東日本_新型改札機_新宿駅_DSC02744W
期間限定なのは,2021年に予定している「自動改札機」模導入のための実用試験(フィールド試験)のためだ。実用試験では,客に実際に使ってもらい使いやすさや読み取りエラー率などを検証する。JR東日本の「自動改札機」は老朽化対応のため10年から13年ごとに新しい「自動改札機」に切り換えをおこなっている。
▼JR東日本が2001年から導入した「非接触ICカード式自動改札機」。
20071015_JR東日本_非接触ICカード式自動改札機_2152_DSC09171W
JR東日本としては,1991年から首都圏の在来線にてはじめて「磁気式自動改札機」を導入した。約10年後の2001年からは,「非接触ICカード式自動改札機」が導入される。さらに,10年後の2011年には,本体をスリム化した「自動改札機」が導入している。
▼JR東日本が2011年から導入したスリム化した「自動改札機」。
20140515_2014_JR東京駅_京葉線_南船橋駅_改札機_DSC00459W
そして2019年に,2-3年後をめどに「タッチレス改札機」を導入すると予告していた。女性にとっては,suica(スイカ)カードやsuica対応スマホを入れるポケットを持たない服装が多いため,ショルダバックに入れたまま通過できる「改札機」が望まれていた。また,車イス利用者にも使いやすくなる。
▼JR東日本が2021年から導入すると考えられる「新型自動改札機」。
20200206_1622_JR東日本_新型改札機_新宿駅_DSC02745W
日本で初めて自動改札機を導入したのは,1927年に開業した「東京地下鉄道(現,東京メトロ銀座線)」であった。ニューヨーク市地下鉄で利用していた「ターンスタイル木製改札機」を導入した。当時としては最新の方式だった。
▼1930年(昭和5年)に東京地下鉄道の開業と同時に導入されたターンスタイルの「木製改札機」。
1930年(昭和5年)_東京地下鉄道_ターンスタイル_122W
10銭硬貨を入れると,木の棒が回転して1人だけ通れるという単純な仕組みであった。だが,路線内均一運賃でないと利用できないなどから,この仕組みは広がらなかった。
1930年(昭和5年)_東京地下鉄道_ターンスタイル_112W
日本では,長年「駅務員」が「改札ボックス」に入り,1枚ずつ切符を確認して「改札ばさみ(改札パンチ)」で切符切りをしてきた。「改札ばさみ」は,駅によって切り込みの形が異なり,不正乗車ができないようになっていた。
▼1960年(昭和35年)ごろの東西線日本橋駅の改札と駅務員。
1960年_昭和35年_日本橋駅_改札口_駅務員_東西線_112W_
通勤通学時間帯には,「切符切り改札」で人の流れが停滞し,改札前には長蛇の列ができることもあった。客が少ない時間帯では,客を待つ間「改札ばさみ」を軽快にカチカチとリズムを刻む「駅務員」もいた。
1969年_駅務員_改札ばさみ_改札パンチ_切符切り_114W
日本で,本格的な「自動改札機」が導入されたのは,1967年(昭和42年)に「京阪神急行電鉄(現,阪急電鉄)」の北千里駅に設置されたのが始まりとなる。
▼1967年(昭和42年)阪急北千里駅に導入された世界初の「自動改札機」。
1967年_昭和42年_阪急北千里駅_世界初の自動改札機_オムロン_114W
この「自動改札機」は世界初で,定期券に複数の穴を開け,その穴のパターンを光センサーで読み取る方式だった。食堂の券売機などを製造販売していた「立石電機(現,オムロン)」が開発をおこなった。
1967年_昭和42年_阪急北千里駅_世界初の自動改札機_オムロン_164W
磁気式プリペイド乗車カード「PiTaPa(ピタパ)」やJR東日本の「イオカード」,民営鉄道の共通ICカード「ICOCA(イコカ)」,「PASMO(パスモ)」,「Suica」がまだない時代であった。
1967年_昭和42年_阪急北千里駅_世界初の自動改札機_オムロン_172W
日本国有鉄道(国鉄)は,「駅務員による切符切り業務をなんとかしたい」と基礎研究を始めていた。
▼1970年(昭和45年)ごろの「柏駅」西口駅前広場。
1970年_昭和45年_柏駅_西口駅前広場_112W
1970年から柏駅や武蔵小金井駅などどで,長期実用試験を始める。
▼「柏駅」に試験導入されたもの同じ型の「磁気式自動改札機」。
1972年_昭和47年_磁気式自動改札機_鉄道技術研究所_112W
だが,当時の国鉄の労組(国労,鉄労)は大変強く,「改札の自動化」は人員整理につながるとして猛反対。1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化まで,「自動改札機」の導入が進むことはなかった。
1978年_鉄道労働組合_労働同盟_112W
1991年(平成3年)に,JR東日本と営団地下鉄(現,東京メトロ)が相ついで「磁気式自動改札機」が本格導入される。
長らくおこなってきた有人「切符切り改札」が置きかわることになる。関西圏の鉄道会社から約20年遅れていた。
1959年_昭和34年_都営浅草線_三越前_改札パンチ_駅務員_112W
だが,次世代の「非接触ICカード乗車券による自動改札機」の研究開発ではJR東日本が先行していた。すでに,1枚の「ICカード乗車券」で電車の乗車と駅コンビニエンスストアで品物を買うといった「電子マネー機能」を融合した構想を描いていた。
JR東日本_磁気式自動改札機_114W
1994年からの第一次実用試験と1995年からの第二次実用試験がおこなわれた。当時のICカードは電池内蔵型で,3カ月ほど使うと動作不安定になるという問題があった。また,1枚1万円のコストの問題も解決していなかった。そして1997年,ソニー製の電池なしの「非接触ICカード(FeliCa)」を使って第三次実用試験がおこなわれ,ほぼ実用に耐えられることが確認できた。その「非接触ICカード」が,「Suica(スイカ)」となる。
東京圏_磁気式自動改札機_112W
当初は,「かざす」を目標としていたが,読み取りミスを防ぐことから「ふれる」へ変更された。Suica」導入当初のキャッチコピーでは「タッチ・アンド・ゴー(Touch-and-go)」となった。もともと「タッチ・アンド・ゴー」は,航空機の滑走路上での操作行動の1つの名前だ。
20061221_JR東日本_東京駅_新橋駅_Suica_改札_2303_DSC09128W
かずかずの問題を乗り越え2001年11月18日から「ICカード式自動改札機」が東京圏の424駅で一斉に始まった。
▼JR東日本が2001年から導入した「非接触ICカード式自動改札機」のオープニングセレモニー。
2001年11月18日_JR東日本_ICカード式自動改札機_セレモニー_112W
設備更新費用約330億円,ICカードシステム関係費用130億円,総額約460億円の投資であった。投資額から推測して,当時の「自動改札機」1台 1000万円ほどだったと思われる。
20070529_JR京葉線_JR南船橋駅_自動改札_2154_DSC07114W
そして,2021年から導入見込みの「新型自動改札機」では,当初の仕様であった「かざす」ができるようになる。ただ,「タッチレス改札」という言葉は使わないようだ。
20200206_1622_JR東日本_新型改札機_新宿駅_DSC02745W
もうひとつの新しい機能が,自動車部品メーカーであるデンソーが開発をした「QRコード(2次元バーコード)」の採用だ。
20200206_1622_JR東日本_新型改札機_新宿駅_DSC02745X
QRコード」をキップとして活用したのは,2009年の東武鉄道「TJライナー」の整理券が初となる。2014年から「ゆいレール(沖縄都市モノレール)」でも「QRキップ」が利用されている。
▼「ゆいレール」では「セキュアQRコード」というものを使っている。「QRコード」の上に黒い帯状の印刷がしてあり,街のコピー機や携帯の写真機能でのコピーができないようになっている。
20200830_2000_ゆいレール_沖縄都市モノレール_QRキップ_412
せっかく「非接触ICカードsuica」が導入したにもかかわらず,なぜICカードと比較してセキュリティが弱い「QRコード」を採用するのだろうか。
20200830_2000_ゆいレール_沖縄都市モノレール_QRキップ_462W
理由は,「紙キップ」のコストダウンと,「自動改札機」のコストダウンにある。現在の「紙キップ」の裏は黒いが,ここには磁気塗料が塗られていて,入出に関係する情報が書かれている。この情報を「QRコード」に置き換えられれば,高価な磁気塗料がやめられる。
20200830_2000_ゆいレール_沖縄都市モノレール_QRキップ_252W
また,「自動改札機」でもっとも高額なのが「キップの読み取り装置」となる。読み取りの前に,タテヨコの判別や裏表の判別,2枚同時挿入の判別などを一瞬におこなっている。
20060311_1553_船橋競馬場前駅_京成本線_自動改札機_DSC00990W
自動改札機」の「キップの読み取り装置」はメカニカル(メカ)的な部分であり,維持するため保守費用も高額となっている。QRコード」の導入により,メカレスになれば大幅なコストダウンができる。
▼メカレスの「ICカード専用改札機」。
20140515_2013_JR東京駅_京葉線_南船橋駅_改札機_DSC00451
インバウンド(訪日外国人数)限定の「特別企画乗車券」にも柔軟に対応できる。外国人旅行客にとって,首都圏の複雑な路線のキップ購入は敷居が高く,旅行期間中乗り放題の「乗車券」は大変使いやすい。
▼JR東日本の旧型の自動券売機(QRコード非対応)。
20201004_0843_自動券売機_南船橋駅_JR東日本_DSC00096W
実は,最新の「自動券売機」では,すでに「QRコード」に対応している。だが,JR東日本で「QRコード」が使えるのは,「週末パス」や「大人の休日倶楽部パス」などの一部のキップのみとなっている。
▼JR東日本のQRコード対応の「自動券売機」。
20201004_0843_自動券売機_南船橋駅_JR東日本_DSC00092W
すでにJR西日本では、コンビニなどで決済した「QRコード」と電話番号で切符を発券するサービスを行っている。
20201004_0844_自動券売機_南船橋駅_JR東日本_DSC00109W
JR東日本も,2021年から,「自動券売機」で「QRコード」を使ったキップなどが買えるサービスをスタートする予定になっている。通常の近距離用「自動券売機」でも,「QRコード」が印刷された「紙キップ」が発券されるようになると思われる。