かつて,南船橋地区に温泉を主とした総合レジャー施設があった。それが,船橋ヘルスセンターだ。首都圏には,箱根や熱海,草津などの有名温泉地が多数あるが,日帰りできる手軽な温泉地として,戦後間もない1955年(昭和30年)11月3日に誕生した。
▼1965年(昭和40年)ごろの船橋ヘルスセンター
1965年_昭和40年ころ_船橋市_船橋ヘルスセンター_遊園地_DSC08512W

船橋ヘルスセンターは,天然ガス(炭化水素ガス)の掘削時に,ガスとともに出てきた温泉を活用した。約1000mからくみ上げた温泉は,29℃だった(現在の温泉の定義では,温度が25度以上ないといけない)。「日本一大きい,日本一面白い,日本一安い,温泉と海と娯楽の大デパート」をテーマに,温泉施設のみならず遊園地も併設されていた。
▼1973年(昭和48年)ごろの船橋ヘルスセンター
1973年_昭和48年_ヘルスセンター_全景_020W
現在の健康ランドやスーパー銭湯に近いが,それをはるかに超える規模の施設だった。1966年開業の常磐ハワイアンセンター(現,スパリゾートハワイアンズ)は,この船橋ヘルスセンターを参考にしたといわれる。
▼1974年(昭和44年)ごろの船橋ヘルスセンター
1974年_昭和44年_船橋市_船橋ヘルスセンター_112W
船橋ヘルスセンターは,朝日土地興業の丹沢善利が開発運営した。丹沢は山梨県(甲州)出身実業家で,日蘭貿易会社を設立し,鉄くずの南洋貿易で成功した。千葉日報社長も務めたことがあるが,のちに朝日土地興業三井不動産に吸収合併される。
船橋ヘルスセンター内の遊覧飛行用のセスナ機。
20050329_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1702_DSC07614W
船橋ヘルスセンター内には,遊覧飛行用の滑走路(船橋飛行場)もあった。滑走路は,現在の「イケア船橋」とマンションの「ワンダーベイシティサザン」,「グランドホライゾン・トーキョーベイ」の場所となる。
20070218_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1716_DSC09305W
その後滑走路は,1965年7月1日に開設された船橋サーキット場となる。多摩川スピードウェイ,鈴鹿サーキットにつぐ3番目のサーキット場だったが,わずか2年で閉鎖に追い込まれる。その跡地の一部に船橋競馬場から船橋オートレースが移転し,専用のオートレース場となる。
▼1974年(昭和44年)ごろの船橋ヘルスセンター
1974年_昭和44年_船橋市_船橋ヘルスセンター_122W
船橋ヘルスセンターには,温泉施設以外にも,劇場やボウリング場,人工ビーチ,ローラースケート場,そしてアイススケート場もあった。
▼船橋ヘルスセンターアイススケート場
20070218_船橋市浜町2_船橋ヘルスセンター_1716_DSC09308W
船橋オートレースの北側には,人工ビーチのゴールデン・ビーチがあった。当初は東京湾に接続する海水浴場だったが,王子製紙(現,王子マテリア)江戸川工場などからの排水によって水質が悪化し,海水浴場から閉鎖型プールに変更せざるを得ないことになる。千葉県の許可なく工事をしたことから問題となり,土地交換という方法で正式に朝日土地興業の土地にした経緯がある。
▼1965年(昭和40年)ごろの船橋サーキットゴールデン・ビーチ
1965年_昭和40年7月~昭和42年7月船橋サーキット_DSC07582W
だが,1960年後半になると,地盤沈下が深刻化する。場所によっては120cm も沈下していた。そして,1971年(昭和46年)9月29日船橋市から「地盤沈下非常事態宣言」が発令されて地下水のくみ上げができなくなってしまう。船橋ヘルスセンターは,天然温泉の名が使えなくなってしまった。また,クルマの普及によりレジャーが多様化し,来場者数が減少。ついに,1977年5月5日で21年半の歴史に幕を閉じた。
▼船橋ショッピングセンター(現,ららぽーとTOKYO-BAY)の全景。
1986年_ららぽーと3南_船橋そごう_DSC08611W
その船橋ヘルスセンター跡地にできたのが,日本初のショッピングモールの船橋ショッピングセンター(現,ららぽーとTOKYO-BAY)だ。船橋ショッピングセンターは,ハワイのショッピングセンター「‎アラモアナセンター」をモデルとした。
この船橋ショッピングセンターにも,アイス屋外アイススケート場があった時期がある。現在のハーバー通りの「時計の広場(現在の波乗りピカチュウ)」あたりとなる。
▼船橋ショッピングセンターの屋外アイススケート場
20060108_2335_ららぽーと_アイススケート場_112W
その後,船橋オートレース場にも大きな変化があった。船橋オートレース場の収益金は,船橋市の財政に貢献したが,オートレース全体の売り上げが伸びない中,ナイトレース開催や電動バイクによる復活も検討されたが実現できなかった。ついに,船橋オートレース場は,2016年3月31日をもって完全廃止された。土地は三井不動産からの賃貸だったため,現状復帰されて返還された。
船橋オートレース場屋内スキー場ザウス(SSAWS)。
1999年_平成11年_船橋市_DSC0844620W
その船橋オートレース場ららぽーとTOKYO-BAY駐車場(P10)を使って,都市型物流施設「MFLP船橋(3棟)」が建設されている。
▼すでに稼働している「MFLP船橋Ⅰ」。
20200825_1556_ロジスティクスパーク_三井不動産_DSC00579W
すでに,1棟(床面積198,000m2)と2棟(床面積224,800m2)が稼働していて,現在3棟目(MFLP船橋III/8階建て/床面積268,400m2)を建設している。MFLP船橋」全体の総敷地面積は,三井不動産物流施設最大の約18万4000m2にもなる。建物の建設は大林組がおこなっている。
▼奥が君説中の「MFLP船橋III」。
20200825_1556_ロジスティクスパーク_三井不動産_DSC00572W
その3棟目とともの造られるのが,「働く人,住む人両方にとって魅力のある施設にする」と発表されていた約20,000m2の緑地だ。
20200825_1551_ロジスティクスパーク_三井不動産_DSC00526W
緑地は,市民の憩いの場や災害時の避難場所となる。また,その緑地内にフィギュア公式大会にも使えるアイススケートリンク施設が設置される。
20191105_1000_緑地空間_アイススケートリンク_三井不動産より_211W
三井不動産アイスパーク船橋((仮)南船橋アイスアリーナ)」の施設の企画,設計,運営管理会社は「株式会社パティネレジャー」になり,2020年12月オープンとなる(2020年8月28日にパティネレジャーのプレスリリースより)。総合フィギュアスケートアカデミーも開校予定で,南船橋駅より徒歩約12分と立地もよい。
▼当初計画時の緑地イメージ。「(仮)南船橋アイスアリーナ」がない。
20191105_1000_緑地空間_アイススケートリンク_三井不動産より_216W
パティネレジャー」は,千葉県市の「アクアリンクちば」や,埼玉県上尾市の「埼玉アイスアリーナ」の運営もおこなっている。また,平昌冬季五輪のスケートリンクを裏方として支えたのも「パティネレジャー」だった。
▼最新の緑地イメージ。「(仮)南船橋アイスアリーナ」が桜の木の奥に見える。▼建物は,東西に40m,南北に100mくらいだろうか。▼観客席のスペースはなさそうだ。▼公園のデザインも変わっている。
20191105_1000_緑地空間_アイススケートリンク_三井不動産より_212W
スケートリンクは,国際スケート連盟基準準拠の 60m×30m(=1,800m2) のAリンクと,練習専用の 24mx38m(=912m2) Bリンクの2面のリンクとなる。
20191105_1000_緑地空間_アイススケートリンク_三井不動産より_217W
冷媒には,フロンガス全廃の方針のため,1次冷媒にアンモニア(NH3)を使用して,2次冷媒に二酸化炭素(CO2)高圧ガスを使う。
▼三井不動産が運営する「アイスリンク仙台」。
20171201_アイスリンク仙台_アイスリンク_三井不動産より_030W
アンモニアでいったん二酸化炭素を液化させ,その気化熱を利用して冷却をするしくみだ。液化二酸化炭素を利用することで,より安全で電力使用量を削減することができる。リンクの設備工事は,寛冷工がおこなっている。
20191105_1200_ロジスティクスパーク_Googleより_032W
平昌冬季五輪のフィギュアで金メダルを取った羽生結弦を生んだ「アイスリンク仙台」は,現在は三井不動産が所有していて,スケート界への貢献度は高い。このような関係から,今回スケートリンク施設導入となったものと思われる。
20191105_1200_ロジスティクスパーク_Googleより_022W
今後,この「三井不動産アイスパーク船橋((仮)南船橋アイスアリーナ)」施設から,第二の羽生結弦荒川静香が生まれるかもしれない。
20200828_仮称_南船橋アイスアリーナ_パティネレジャーより_112W